歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

絵・霜月けい

花燃ゆレビュー

【花燃ゆ視聴率速報】第7話は2週ぶり3度目の最低を更新1.7ポイントダウンの11.6%

更新日:

2015年2月15日(日)に放送されたNHKの大河ドラマ「花燃ゆ」の第7話「放たれる寅」の視聴率は11.6%でした。 前半の準主役とも言うべき寅次郎(吉田松陰)が獄から解き放たれるという前半戦のクライマックスの一つのはずですが、寅次郎が「あんまり居心地がいい牢屋なので出たくない」(超訳)というなんともまか不思議なキャラ設定のためでしょうか、過去最低を更新してしまいました。

戦国時代ものでは記録的な低視聴率と言われた昨年の軍師官兵衛も、11%台はありませんでした。
その前の「八重の桜」は11%台になったのは14回目。
過去最低視聴率におわった「平清盛」は、13回目です。

ネットでは、「1けたはいつか」ということが話題となっている始末です。

なお、八重の桜での1ケタは1度もなく(最低が44回の10.0%)。平清盛は31回以降に9回ありました(最低は45回の7.3%)。

てこ入れするにも、サブタイトルが「幕末男子の育て方」ですから、離れた歴史ファンを引き戻すのは容易ではないでしょう。山口県選出の安倍首相に施政方針演説で「全国民よ!花燃ゆを見よ!」とかバックアップしてもらうしかないのでしょうか。

官兵衛最終回 17.6%
花燃ゆ1話 16.7%
2話 13.3%
3話 15.8%
4話 14.4%
5話 12.8%
6話 13.3%
7話 11.6%
平均視聴率 14.1%
官兵衛平均 15.8%



スポンサーリンク


「「花燃ゆ」感想マンガ第7話「放たれる寅」居心地のいい牢獄ホームを出たがらない吉田松陰って…



-花燃ゆレビュー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.