日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

花燃ゆレビュー

【花燃ゆ感想マンガ】大河でやるな!W不倫!第23回「夫の告白」

更新日:

こんにちは、武者です。

今週は先週から引き続き、キラキラ女子の土木工事から始まります。着物に泥がついていないのは、クリーニング代節約のためでしょうか。

一方京都では、反省という概念を知らない夫の久坂玄瑞が「もっと攘夷を!」と朝廷工作続行中。しかし薩摩藩や会津藩が過激な攘夷をする長州藩を封じ込めようとしていると説明が入ります。当然のことながら、なぜ薩摩が長州に怒っているのかとか、会津が京都にいるのかとか、そういう説明はありません。ビギナー切り捨て仕様のビギナー向け大河って斬新だなあ。

浮気を通じて見る幕末

ついでに功績を小田村伊之助に吸収されまくっている桂小五郎が久々に出てきました。桂の出番は一瞬で終わり、勤王芸者の辰路が久坂に接近する場面が出てきます。この辰路、どうやら薩摩藩士の命令を受けて久坂をスパイしているようです。

どうやらこの激動の京都を、久坂の浮気を通じて描くのが本作のコンセプト。久坂が時代の大きなうねりに巻き込まれるとシャアが語りますが、その大きなうねりとやらを描かないと駄目でしょう。そこを飛ばすと久坂がただの浮気性のクズに見えてしまいますよ。もう手遅れですけれども。

ここでOP。

本編は先週の予告通り、文の弟の杉敏三郎が奇兵隊に入ろうとするのを家族が止めるパートがだらだら入るようです。以前敏三郎がこういうことを言い出したのは、松陰先生の頭に血が上ってテロリストを探していた時でしたっけ。この時は他人なら平気でテロリストにすると鼻息荒くしていた松陰が「かわいい弟をテロリストになんかできないよ」と言い、それをほっこり美談にしていました。他人が死んでもいいけど、身内には甘い松陰先生がクズに見えた、ひどい創作でした。

あれで懲りず、また同じことをするわけですか。耳の聞こえない敏三郎は当時活躍の場がないわけです。いくら本人が一生懸命でもそこは変えられません。史実でもひっそりと一生を終えているわけです。何度ドラマ内で何かしようと言い出しても、見ている側としては、敏三郎は結局何もできないというオチがわかっているわけです。それなのに何度も何度も同じパターンで、家族愛を描くというこの愚かさ。時間つぶしにしか思えません。敏三郎は本来ここまで重要な扱いをされる人物ではありませんよね。それを何度もしつこく出すというのは、障害のある人物を感動のダシにしているように思えて不愉快です。大河ドラマは、チャリティ24時間テレビじゃないんですよ。

うんざりする敏三郎パートのあとは、さらにうんざりする伊之助無双。そしてそのあとは久坂の浮気パートに繋ぎます。どんなにくだらない大河ドラマでも、毎回に一度はそれなりに見られる場面があったと思いますが、今年はなあ。どの場面に切り替わっても無駄しかありません。

hanamoyu20150607

スポンサーリンク

ダブル不倫のどろどろで盛り上がるよね~昼ドラなら

それにしても久坂が辰路とイチャイチャしても、まったく腹が立たないのは何故でしょう。一昨年の山本覚馬浮気発覚の時は、怒り狂っている女性視聴者がいました。覚馬は頼りになるいい人だと思っていたし、浮気される側の妻に何の落ち度もありませんでしたからね。感情移入できる理想のカップルが無残な終わり方をしたら、そりゃ感情のうねりが生じますよね。

ところが今年の場合、久坂はテロリストでクズ。文も義兄と二人きりでイチャイチャする浮気性のクズ。感情移入するどころか、近寄りたくないタイプ。そういう人たちがくっついたの別れたのしたところで、あっそ、で終わります。本作における久坂の印象なんて、既にどん底だから下がりようありませんしね。

どうでもよくない場面がやっとここで入ります。京都で久坂ら長州藩士が薩摩によって御所から追い払われます。だからそこに至る経緯を何故描かないんですか。これではまるで長州藩がテロリズムに狂う危険集団だから追い払われたようにしか見えない!……ああ、本作はその理解で合っているのか。いやあ、薩摩や会津に感情移入しますよ。こんな奴らが京都をうろうろしていたらたまったものじゃありませんからね。

こういうことにならないよう、長州藩士たちの思想や教養を前半部できっちり描いておくべきだったのです。現代人から見てドン引きせざるをえない攘夷の志も、彼らの高い教養や意識を知れば国を憂うゆえの暴走だったのだと割引いて見ることができます。ところが本作では、その大事な部分をばっさりカットしてスイーツやフグ談義、女とのイチャイチャ、おにぎりマネージャーへのフェティシズムを描くことに費やしてきたわけです。ここまで長州藩士が愚劣に描かれるのって本当に斬新ですよね。

スポンサーリンク

もしかして伊之助って現代からやってきた医者じゃね?

この報を聞いた高杉はブチギレて、「これで国をあげての攘夷ができない!」と叫んでいます。先週のあの無残な結末を見ると、それでむしろ正解だと思えてしまうのでした。

「待て!」

はい、ここで伊之助無双開始です。

伊之助はタイムスリップした現代人のような態度で、頭を冷やして落ち着けと説得します。えらそうなことを言っていますが、こいつは先週攘夷の失敗を開き直っていたっけ。史実の功績を様々な人物から吸収し、現代人思考で論評を加える伊之助という男。どこまでうっとうしくなるのでしょうか。

さて京都では、長州派の公卿までも失脚し流されてしまいました。ここで山下真司さんの来島又兵衛が登場。大物役者が出ると普通はうれしいものですが、このドラマの場合資源の無駄使いとしか思えないのでがっかりします。

久坂は失策を落ち込み出します。ここで再起をはかるとか、政治工作をしようとはならず、落ち込んだところを女につけこまれて浮気をする原因にするのが本作クオリティ。落ち込む久坂のもとに、薩摩藩士からお役御免された辰路がとらえられ連行されます。このあたりの恋愛パートもまったくおもしろくない。辰路の身の上話やら、唐突に思い出した久坂のおみくじネタに尺を使うくらいなら、もっと京都の幕末醸成を描くべきところですが、そんなこと本作がするわけありませんよね。知ってた。

浮気激白!視聴者シーン…

萩には京都を追われた長州藩士が戻って来ます。ここで文が受け取った久坂からの手紙には、伊之助と寿の子で文にとっては甥にあたる粂次郎を養子に迎えないかとの提案。そして久坂本人も文のもとに帰ってきます。夫のあやまちも知らずに迎える健気な文をご覧くださいとも言わんばかりに、深刻な演出をされています。大河の視聴者が見たいのはそういう修羅場じゃなくて、京都での政治が絡んだ修羅場なんですけどね。

そしてここで久坂、京都で浮気したと宣言。

どうでもいいわ。本当に心の底からどうでもいいわ。

なんなんだろう、このファミレスでカップルが揉めている場面の横に座ってしまったような気持ちは。席を替わりたいけど満員だしなあと思いつつ、気まずいままカレーを口に運んでいる、みたいな。

それにしても、八月十八日の政変も、七卿落ちも、主人公夫妻の三角関係における背景だなんて。紀行や公式サイトで説明しているなんて逃げないでください。幕末長州大河とは名ばかりではありませんか。劇中でちゃんと描きましょう。歴史が描けないなら大河なんてやろうと思わないでください。

そして来週の予告には沖田総司らしき人物登場。会津藩がなぜ京都にいるかすら、まともに描かないくせに、幕末女子人気鉄板キャラの沖田にはイケメンを出さなきゃね!という無駄な義務感ですかね。

ここで武者が予告しておきますが、一週間後の今頃新選組ファンは激怒していることでしょう!新選組ファンの皆様、くれぐれも来週日曜八時は何か予定でも入れるか裏番組にチャンネルをあわせてください。皆様の分までこの武者めが見届け、怒り狂います。

今週の大河報道まとめ 「花燃ゆ」実はまだ離陸していなかった!

さて今週の大河報道は。

・『花燃ゆ』の舞台に衝撃 「高杉晋作の生家」にニセモノ疑惑│NEWSポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20150601_325974.html

次から次へとよくもまあ。呪われているかのようです。

 

・「花燃ゆ」苦戦も…井上真央「命懸けでこの作品に取り組まないと」 http://news.livedoor.com/article/detail/10189688/

こんなドラマに命をかけなくてもいいんですよ!

・NHK会長 「花燃ゆ」テイクオフまだ/芸能/デイリースポーツ online http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/06/04/0008092033.shtml

そろそろ折り返し地点なのに離陸すらしていないということは、もう飛ばないということでは。

・井上真央、『花燃ゆ』後半戦は女性多くて「楽しい」 | ORICON STYLE http://www.oricon.co.jp/news/2053740/full/

 

・『花燃ゆ』、「大奥編」スタート&どぶろっく出演に失笑の嵐! テコ入れまで“迷走”か?|サイゾーウーマン http://www.cyzowoman.com/2015/06/post_16214.html

早くも大奥編に駄目出しが。

 

・大野拓朗、一人二役に挑戦 『天才てれびくん』×『花燃ゆ』がコラボ | ORICON STYLE http://www.oricon.co.jp/news/2053670/full/

またよくわからないテコ入れを。

・大河ドラマ花燃ゆ公式キャラクター「もゆるん」のプリントロールケーキ http://priroll.jp/hanamoyu/

一体こんなもん誰が買うんだ。

これにせよLINEスタンプにせよ、このドラマのグッズは完全受注品や課金アイテムなわけで、売れ残りが出ないものばかりなあたり、作る側の事情が察せられますね。

・「花燃ゆ」大物歌手&世界遺産とのコラボで逆転狙う? 厳しい指摘も http://news.livedoor.com/article/detail/10200081/

若年層だけではなくて老年層にもアピールですか。黒歴史が着々と生産されているようですね。

武者震之助・記

スポンサーリンク

霜月けい・絵





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-花燃ゆレビュー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.