いだてん感想あらすじ

『いだてん』感想あらすじ視聴率 第13回「復活」

更新日:

生きる辛さを受け止めて

金栗は、ストックホルムを走ります。

死ぬことよりも、生きることの方が辛いかもしれない。
それでも走り続けると、金栗は誓います。

そんな金栗に、三島は水を差し出すのでした。こうして苦い経験を味わい、彼らは帰国するのです。

「我々は、またオリンピックに帰ってくる」

閉会式前に、この地を出立すると語る嘉納治五郎。まぁ、お金もないですしね。

しかし、大森夫妻は違います。
安仁子は、夫と選手たちの面会を拒むのです。

「ノー! 察してください」
「では、また日本で」

そう語る金栗に対して、大森がベッドで指を鳴らします。

また日本で――その日は来ません。

大森夫妻はアニーの故郷に渡り、翌年1月、他界したのです。
享年37。

再会を誓った相手と、それが叶わない人。
そんな運命がいくつも交錯してゆきます。

安仁子は、金栗と三島に部屋の窓から声をかけます。

「大和魂、忘れないで!」

これも、よい場面のようで、怖い伏線でもあります。

日露戦争の後、日本は世界から何か神秘的なものがあるという目を向けられます。

「武士道」とは、「大和魂」とは、それに対する答えでした。

新渡戸稲造72年の生涯をスッキリ解説!『武士道』以外の功績は?(実は国際結婚)

これは、よいことだったのかどうか。

日露戦争は、ギリギリの勝利であったと見直すべきではなかったのか?

夏目漱石のような人物は、このまま慢心すると日本は滅びると警鐘を鳴らしていました。

日露戦争は勝利に非ず!? ゴールデンカムイの帰還兵たちが翳を背負っているのはナゼなのか

このあと、日本には偉大なアスリートが登場します。
一度目の五輪で世界的スターとなったあと、二度目の五輪ではメダルを逃しました。

冷静に考えれば、この結果でも納得している。アスリートとして冷静にそう分析しコメントしたところ、彼は猛烈なバッシングに巻き込まれてしまうのです。

そして、硫黄島で戦死――。

大和魂がアスリートを励ますどころか、追い詰めて殺す。
そんな時代が、近づいています。

西竹一(バロン西)42年の生涯を解説!世界のセレブに愛された貴公子の凄絶な最期

 

ミッシング・ジャパニーズと小汚ねえ落語家伝説

金栗は、救助してくれた郊外の家へ礼を言いに来ました。
几帳面ですね。

ミッシング・ジャパニーズ。
金栗は消えた日本人伝説になったのです。

マラソン競技中に失踪した金栗四三、ペトレ家に救助され都市伝説となる

一方で東京の美濃部は?

質に入れてしまたものの出してきた着物を、清に返します。
俺にはもったいねえよ、って。

あの破天荒な初高座の結果はどうなったのでしょうか。

「しくじったのかい?」
「首にならずにすんでんだよな」

どうせまた曲げる(※質に入れる)からと、着物の受け取りを渋る美濃部です。
いい奴なんだか、カスなんだか。わからんなぁ。

いや、多分、何も考えていないのかもしれない。
天然ですっとぼけた、周囲からすると意味不明なことをやらかすタイプと見た。

実際、そう言う逸話が多いですしね。

古今亭志ん生(ここんていしんしょう/美濃部孝蔵)83年のパンクな生涯

狙ってすっとぼけているわけではない。
ありのままに生きて行動すると、なんか常識からずれる。
こいつは、そういう奴だぁ!

美濃部は、清から質入れ、出すのを繰り返せばいいと言われて、ばさっと羽織ります。

見ました? このバサッ!
本当に粋です。
和服をこう言うふうに、構造を理解して綺麗にささっと扱うこと。

それは、近年ダメになりつつある所作なのです。

和服の構造を理解しないまま、適当な動きをしているとしか思えない。そういう所作をよく見かけるようになりました。
それはそれで、仕方のないことではあるのです。

役者さんのせいではありません。
指導の問題です。
このあいだ終わったばかりの朝ドラにも、後半、和服を着ている若手女優がおりました。この所作が、本当に残念でした。

森山未來さんの身体能力の高さは、存じております。
そんな本来の力をはるかに超えてきた。迫力すら感じる。まるで魔法がかかっているみたいです。

高座でもそうでした。
本職ではない役者さんが落語を演じる。これだけで、難易度が高いものです。

よくやれるなぁ。
それをこなす森山さん、本当にあなたは一体、何者ですか?

ストックホルムで、金栗は三島にカメラを返そうとしています。

しかし、三島はあげると言うのです。
実は新品を買ったんだそうで。気前がいいなぁ〜! 三島って、本当にジェントルボンボンですよね。

ここで、ダニエルのボタンホールに花をさしてあげる金栗です。
本当に性格が優しい。

こうして、一行は48日の滞在を終え、水の都に別れを告げたのでした。

いざ、ベルリンへ――。
しかし、その先にある歴史は、暗いものでした。

 

MVP:ラザロ

やっぱり今週は、ラザロ回で良いでしょう。

ラザロ自身が息をひきとる姿すら、ない。
これはなかなか、画期的なこと。すごいことだと思うのです。

昨年の『西郷どん』が顕著でしたが、それまでの過程をすっ飛ばしておきながら、西郷の弟が死ぬ場面はこれ見よがしに入れてきたものです。
しかも、史実と異なり、西郷自身も居合わせた。

それと比較すると、本作がいかに挑戦的であるか、よくわかります。

総評前に、禁止事項を提案したく思います

実は、私が大嫌いな言葉に「ナレ(なんとか)」があります。『真田丸』で使われていた頃は、まぁそんなものかと思っていました。

それが一転したのは『半分、青い。』の「ナレ離婚」バッシングから。

あの作品を叩く意見が全て悪いわけじゃない。理由があればよい。そうじゃないでしょ。

この風潮が続いたら、ドラマは堕落します。

◆律が“ナレ離婚”!?「半分、青い。」が週明け早々大波乱で困惑と不満の声 | アサ芸プラス

「離婚は盛り上がるはずだよね! それを飛ばすなんて酷いよ」

そんなこと、作る側は知ったことではありません。

何が重要であるか、その順位を決めるのは誰ですか?
視聴者ではない。創作側です。

『真田丸』のナレ関ヶ原。あれは叩く要素が実はありません。

真田家にとっての重要性は、第二次上田合戦が圧倒的にあります。東西という広義ならまだしも、狭義の関ヶ原には、そもそも真田家は参戦すらしていません。

『半分、青い。』の離婚にせよ、あのドラマの優先順位では上位ではない。
だからああなった。それだけのことです。視聴者が盛り上がるのはここだからやれ――とグダグダ言うのは、筋違い。

焼肉店に入っておきながら「魚介類がないとは、なめとんのか!」と言い出したら?

「出て行ってください。寿司屋はあちらです」
それで終わります。

本作における時系列シャッフルについてもそうです。
先週の時点で、ペトレ家の場面がカットであるという叩きがありました。

時系列がそのまま進まないフィクションなんて、よくあることです。

主人公が誰であるか。
その人物にとって優先順位はどうなるのか。そこをきっちりと組み立てて、時系列やシーンのカットをすること。

これは、創作の基本です。

できない作品はどうなるのか?
ちょっと考えてみましょう。

・赤ちゃんや子役、動物に頼りきり、やたらと映しこむ
→『おんな城主 直虎』の場合は、よい例外です。井伊家と猫には縁がありますからね。『西郷どん』とは違うのです。

・セクシーシーンやエロスに頼った場面を入れてくる
→『西郷どん』は褌と初夜が大好きだったな……。

・少女漫画の壁ドン、雑なBL描写を打ち込む
→『花燃ゆ』の壁ドンもどき、『西郷どん』の酔っ払いと主人公の水飲ませシーン……。

・主人公にとって重要なイベントをすっ飛ばし、知名度が高いものを無理矢理ぶち込んでくる
→来年の明智光秀大河における「本能寺の変」クローズアップは適切です。ただし、『天地人』や『江 姫たちの戦国』は災厄でしかありませんでした。

そこを踏まえますと、ラザロの最期は描かずに、紀行まで含めた追悼する人々の姿で描き切った本作には、魂があると思います。

 

総評

今日は、とてもつらい回でした。

汽車の中で悔しがる金栗。
ラザロの死と追悼。
こういうストレートにぐっさりと刺さる描写も、しんどい。

美川が黒歴史になりそうな恋愛小説を書いていることも、まぁ、ある意味辛かった……。

美濃部孝蔵の初高座も、厳しいものがあります。
トラウマをグサグサえぐる辛さがありました。

感情移入しすぎるタイプにとっては、本当につらい作品です。

看病される夫。する妻。
そんな大森夫妻も見ていて辛い。
安仁子は、これから会えなくなる夫の思い出を、筆にこめて残そうとしていうんだな、って。

こういう消える相手を前にして生きている彼女の姿が、本当に悲しくてなりませんでした。

そして最も辛いのはーー。

「次はベルリンだ!」
そう誓い合う選手たちのこと。
彼らの中で、オリンピックに参加どころか、この世界から消えてしまう人もいたかもしれない。

ヨーロッパの選手ならば、そうなっていても不思議ではありません。

 

ラザロは、残念ながら最後の犠牲者ではありません。
彼のようにスポーツに生きたかったのに、そうできない選手が出てきます。

金栗が育て、応援してきた教え子にも、そんな選手が含まれていることでしょう。

そして、嘉納の遥かなる夢。

「極東でオリンピックをやりましょう!」

この夢に、彼は突き進み、叶ったかのように思えます。
しかし、戦争がその夢を消してしまう。

そんな歴史の暗い影は、落語にも及びます。
古今亭志ん生が満州でウォッカを一気飲みしたのは、飲兵衛だったから?

そうではありません。
彼をしても、死ぬしかねえと思い込んでしまったのです。

本作の神がかったところは、明るい第1部ですら、戦争の影を入れ込んでいるところです。

大きな音に弱い古今亭志ん生。

五りんの持っている満州からの絵葉書。

植民地のメダルは宗主国のものという説明。

古今亭志ん生の場面はじめ、昭和パートも不思議な特徴があります。

かつてあった江戸の雰囲気は、どこに消えたのか?
消える過程から、本作は逃げないでしょう。そう信じています。

今日のラザロを教訓にすること。
大森のスポーツ理論を褒める嘉納治五郎にも、伏線があります。彼らは、理論できっちりとスポーツを発展させたいと願いました。

しかし、時代はそれとは逆の方向へ突き進みます。

「大和魂!」

肯定的なニュアンスで使われているこの言葉。日露戦争の勝利による高揚感。
これが、破滅へと突き進む要因となるのです。

神風。
武士道。
玉砕。
日本人の精神性を称揚するあまり、物資や理論が軽視されるようになります。その果てにあること。それが、幻の東京五輪なのです。

本作は、実に挑戦的です。
五輪やスポーツ称揚どころか、五輪の悲劇や暗黒面に切り込む。そんな姿勢が感じられます。

この作品は、唯一無二、大河ドラマでも画期的なことを描いています。

無知。
根性論。
慢心。
己の弱さを認められないこと。

こういうことが、いかにして日本人を殺していったのか。
そこを、逃げずに描く。そういう画期的な作品になり得る。そんな可能性があります。

大河ドラマの原作者定番といえば、司馬遼太郎氏でした。

彼は、
「日露戦争までの日本の歴史は、よかったのではないだろうか」
という視点から、歴史作家を目指したわけです。

戦争という暗い時代をくぐり抜け、高度経済成長を生きていた日本人にとって、ああいう世界観はぴったりでした。

一国一城の主になる。誇りある歴史。
そういうドラマが見たかったわけです。

しかし、今はもう、そんな時代ではありません。
司馬氏というレジェンドにも、こういう批判は出ています。

「いや、幕末の時点で問題あったよね、そうじゃないよね……」

幕末史実をキッチリ確認したいなら『司馬遼太郎が描かなかった幕末』を読もう

綺麗で、クリーンアップされていて、誇りになる歴史。
高度経済成長期に生きてきた方には、心地よいコンテンツであったわけです。

しかし、そんな時代を見てこなった年齢層は、辛い歴史に翻弄される人物の方が、共感を持って受け止められるようになって来ました。

2011年『平清盛
2013年『八重の桜
2016年『真田丸』
2017年『おんな城主 直虎』

こうした作品は、評価が割れました。
言いがかりのような、ひどいバッシングもあったものです。

「日本はもっと綺麗であったはずだ! 武士が汚らしいとはけしからん!」(『平清盛』)
→源平時代に清潔感を求めてどうするのよ。

「負けた側の話なんて見たくない!」(『八重の桜』)
→じゃあ勝利した側はおもしろかったの? 『花燃ゆ』と『西郷どん』が面白かったって?

「俺の知っている歴史となんだか違うぞ!」
「負けた武家の女は自害しろ!(※それは幕末の話っしょ……)」(『真田丸』)
→あの考証担当者チームに挑むって、何の罰ゲームですか?

「女が城主! ウギギギギギギ!」(『おんな城主 直虎』)
→女が上に立つからってバグを起こしなさんな。

まぁ、要するに、大河のオールド視聴者層の中には(あるいは大半?)って、歴史ものを見たいわけじゃないんだな。

・時代劇のコスチュームを着ている
・女は良妻賢母のみ、女城主は許さない
・ラストは一国一城の主になってスッキリしたい

要するに、高度経済成長期サラリーマンが没入できる、コスプレだったわけです。

そんなものはいらない。
日曜8時にまで、上司接待飲み会ノリなんてうんざりだ。

そういう視聴者が主流となれば、もう大河は終わりです。
そんな上司接待に疲れ果てた世代は、むしろ『いだてん』の暗い世相に向かい、翻弄される姿がグッとくるはずです。

そう割り切れるか?

ただ、そうなるとこうなる可能性はあります。

「田畑パートいらね。昭和ノスタルジーとか見たくないから」

まぁ、そこは危険だと思いますね。
政治工作の裏側でも描くのであれば、マシでしょうけれども、しかし、そうすると伏線回収できないんですよね。それは困る。

どうか、クドカン氏はじめとする本作チームが、この道を走り続けられますように。
スッスッハッハッ!

 

今週の「是非もなし」タイム

◆瀧容疑者出演作の自粛撤回を要望 市民団体、NHKや松竹などに | 2019/3/26 - 共同通信

◆ピエール瀧さんを私がバッシングしない理由 深澤真紀さん、松本俊彦さん薬物報道を斬る(1) 

◆1999年がターニングポイント? 時代と共に変わる意識 深澤真紀さん、松本俊彦さん薬物報道を斬る(2) 

適正な流れだと思います。
薬物使用者は二度と立ち上がれないわけではなく、更生の余地があります。

こういうのは本当にうんざりですよ。
石野さんは悪くないんだから。

◆ピエール瀧逮捕で石野卓球にワイドショーが「謝れ」攻撃! 同調圧力、連帯責任…日本の異常性を突いた卓球のツイートは間違ってない

◆ピエール瀧報道で『バイキング』坂上忍「ドミューン知らない」だけが問題じゃない! 自分を棚に上げ逸脱を許さない道徳ファシズム

「刑罰から治療へ」が世界的な潮流になっているのは、薬物防止に効果があることが客観的に明らかになっているからだ。にもかかわらずこの連中は一切聞く耳を持たず、「ルールを破ったんだから罰を受けろ」などと、中世的な価値観丸出しで叫んでいるのである。この思考停止と前時代性には辟易とするしかない。

もうこの番組の姿勢は、ただのイジメみたいなものです。

「麻薬は許せない!」

本当ですか?
違いますよね。
正義なんてどうでもエエ、サンドバッグを見つけてはしゃいでいるんでしょう。

抵抗できない相手を殴って楽しんでいる、ただのくだらないストレス解消ではありませんか。

そして、これこそがテレビを含めたメディアの自殺でもあるのです。

◆ピエール瀧薬物依存報道を伝えるメディアはインターネット依存症 - 勝手にメディア社会論 - Yahoo!ブログ 

気に入らないものを潰したい。
声が大きいだけのアンチ意見を取り上げていると、どんどん客を減らすだけです。

焼畑農業はストップしないと、もう焼くところがなくなりますよ。

それに、このあたりもダブルスタンダードなんです。

つい先日惜しまれつつ亡くなられた某俳優二名には、過去に逮捕歴があります。
薬物使用で逮捕された大物俳優だって、過去にはいたものです。

しかし、そのことを訃報では言わない。

ナゼか?
テレビが、高齢者向けコンテンツになってしまったからでしょう。

自分たちにとっての往年のヒーローは、絶対に叩かない。
確かに、薬物使用による謝罪会見のシーンを流す番組もありましたが、当の本人はどちらかというとふてぶてしい物言いであり、いかにも”キャラクター”なんです。

しかし、これが自分たちにとって馴染みのない、理解できないジャンルや若者の文化は、イジメのようにバッシングして、溜飲を下げるものです。

「今の若いものは、これだからけしからん!」
と、言いたいだけ。そういうニーズを満たすためだけのものとなってしまいました。

私が再三主張している【大河が終わる理由】を証明してくださる、そんなメディアの一連の報道を見てみましょう。

◆生田斗真“いだてん”覚醒 脱イケメン俳優で大河主演見えた

その日は来ないでしょう。
彼のせいではありません。大河枠そのものが消え去るからです。

この手垢のついた論調が……何様のつもりだ、と突っ込みたくなる。

・女子供を喜ばせるイケメンが主演では、俺たち真の大河主張者である男性様は喜ばないぞ!

・イケメンでないところを証明できたからこそ、主演をやらせてやる

・女は良妻賢母以外認めないぞ!

こういう視点からすると、『おんな城主 直虎』は【失敗作】。
『西郷どん』は【期待作】でした。

◆プラス材料がズラリ NHK大河「西郷どん」期待大のワケ

この勝負結果は繰り返したくもない。
明治維新150周年、維新三傑主役で、主人公知名度で有利であったにもかかわらず、評価・視聴率・観光実績で完敗しております。

ナゼ、私ですらできる予想が、こうしたメディアではできないのか?

バイアスを入れてしまうから。

「俺たち視聴者を喜ばせろ!」
「大河こそ、唯一の日本発時代劇なんだ! 唯一無二なんだ」

ところがそうではない。
動画配信サービス(VOD)がある。

その一発目が『MAGI』でした。

次も必ずあります。

◆アップル、定額制動画配信サービスを発表-ネットフリックスに対抗

『いだてん』苦戦も、こういうバイアスが背景にあります。

・戦国幕末ではない

・難易度が高い

・一国一城の主になる成功パターンではない

こういう大河定番を外すことこそ面白いと考える層がいる。

一方で、古いメディアのような見方ですと、
「俺ら大河ファンを喜ばせないのか!」
とお怒りになる。

どちらのニーズも満たすことは、できません。
これが大河滅亡の決定打です。

・若者層、意欲的な歴史ドラマを望む層→VOD

・「俺たちこそが大河視聴者だ!」層→再放送枠でエエよ

視聴率が低かろうが、努力をした人には、次の道があります。

ノリと迎合だけで泳ぎ回っていた場合は?

◆勝海麻衣が猫将軍をパクった件:才能無きワナビーは地獄に堕ちる - INSIGHT NOW!プロフェッショナル 

是非もなし――。

※『いだてん』も『八重の桜』もU-NEXTならネット(スマホ)で見れる!

※他にも多数の朝ドラ・大河作品も視聴できます(時期によって対象番組が異なりますのでご注意を)。

文:武者震之助
絵:小久ヒロ

【参考】
いだてん(→link

 



-いだてん感想あらすじ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.