いだてん感想あらすじ

『いだてん』感想あらすじ視聴率 第42回「東京流れ者」

投稿日:

いだてん42話 感想あらすじ~視聴率は6.3%でした
いだてん全視聴率
いだてん感想あらすじ

2020年大河麒麟がくるキャスト
主役:明智光秀

高度経済成長期を、お粗末なPSレベルのVFXで表す。

好景気を不景気で描くと悲惨だという、そんなしょうもねえ実験に挑む本作。

車内、おっさんのアップで「うんざりなんですよ、渋滞!」

渋滞じゃなくて、本作そのものにうんざりです。

それにしても……なんだろう……本当につまらない……。

 

なんだその虐待論は

東京五輪誘致の舞台裏を描くって、誰の要望ですかね。
こんなもん、飲み屋で高度経済成長期をドヤ顔トークしている上司レベルのくだらなさ。

ここから名前を言ってはいけないあの芸人さんが出てきます。

虐待だなんだの言いますが。
もう、本作に出演することそのものが虐待っすわ。

役者殺すにゃ刃物はいらぬ。駄作大河があればいい、ってか。

関西弁……なんなんですかね。京都出身か。なんだろう。発声指導そのものが悪いのか?
『スカーレット』に全部引っこ抜かれたのか。発声がうーん……。

あとインスタントラーメン作りの横で踊っていそうな、福ちゃん……でしたっけ。

「親の了承を得たから虐待じゃない」
って、もう無茶苦茶です。どんな理屈よ。親の虐待が問題視されてるのに何なの?

それとも昭和の人権意識がダメだったと言いたいのでしょうか?
いずれにせよ、虐待そのものを理解していない、する気がない回顧層アピールがたまらないですね。

本作ってとにかく無茶苦茶です。

スポーツする女子へのセクハラ云々で、「斬新だ!」とそういう意識が高い系の引き合いに出されるんですけどね。

この虐待関連。

そもそも金栗はその盗撮犯・美川とお友達。

金栗は何かあるとすぐに女性相手にハグをする、無神経さ。

まーちゃんは「ババア!」だのなんだの女性を侮辱して笑いを取りに行く。

回顧層も意識高い層も取り込みたい。わけのわからん目論見が、低迷視聴率に直結しているんでしょう。

おもしろくないもんなあ。
純粋に、こんなにおもしろくないドラマは人生初だとしみじみ思えます。

 

サブリミナル効果ってあるじゃんねー

はい、OP終わりまして。
クソレビュアーは、スポーツに関心がないとは言われる。そらそうよ。

それでも割と当時の世相は調べたし、作品も触れてきてはいる。
そういう時代背景と考えると、こんなに薄っぺらくてつまらないフィクションは、そうそうないと自信を持って言えます。

だって、顔芸しながら暑苦しくシャウトするだけじゃないですか。

太平洋戦争前後ならまだしも……。あの頃でも相当つまらなかったけれども、今は何も見所がない。

レビューだの投稿見ても、役者がイケメンだの、女優のブルマにエロスを感じただの、しょうもねえ視覚情報ではしゃぐものばっかりっすよ。

それにしても、なんのドラマでしょう。
ずーっとオリンピックがらみで、特定政党の政治家がニタニタする、名前が呼ばれる場面ばっかりですが。

サブリミナル効果ってご存知ですかね。

 

こんな特定政治勢力の名前を連呼していて、何の効果もないとお思いですか?
本当に?

いくらあくどい描き方をされると言っても、そんなもん言い訳に過ぎないでしょうよ。

そもそも受信料ってどうして徴収するんでしたっけ?
こういう不公平なことをしていいんですか?

はいはい、クソレビュアーは好き嫌いだの思想云々以前に中身見ろってか。

これだけは言える。
BBCならば、絶対にこんなドラマは作らない。

 

いだてん教団は肖像画と会話する

ゲンナリしていると、まーちゃんが嘉納治五郎の肖像画と会話している。

しかもやたらと長い。

コスパいいじゃんねー。
肖像画を映して、喋らせたら予算削減できるもんねー。

って、本当にどういうことなの?
なんなのこれ?

こんな駄作に受信料を使うぐらいなら朝ドラに回そうということかな。
『スカーレット』の料理とか。100作目の『なつぞら』に続き、101作目でも潤沢な資金の香りがするんですが。

朝ドラ自体が頑張っていることは喜ばしいことですが、大河が寒すぎて。

水泳メダリストが両親の幽霊と会話するあたりで、ゲンナリしたもんですが。最近のNHKでは駄作はオカルトにするっていうルールでも定めたんですかね?

『花燃ゆ』はドーピング文ちゃんおにぎりシステムだし。

西郷どん』でも、ケン・ワタナベだっけ。前藩主の幽霊が出てきたし。

朝ドラ『わろてんか』は、仏壇前セーブポイントでアイテムを使うと幽霊が出てくる。

朝ドラ『まんぷく』では、死んだはずのヒロイン姉によるお告げがポイント。

いやあ、並べて書いてきてもう涙出てきた。

本作教団員は「神回!」と何かあると叫び踊り始めますが、どういう神なんですかね。
邪神……?
『ゲーム・オブ・スローンズ』でスタニスが頼っていたような?

来月の『月刊ムー』は【霊界・嘉納治五郎ブロマイド】が付録でいいと思います。

はい、そして何かとあらば記録映像を入れてくる。
もうそれだけでいいじゃんねー。コスパ最高じゃんねー。

合間に入る小学生のイメージ映像も、声も、心の底からどうでもええ。

五りんも見なくてええ。
ばばばばうるさい二階堂盛義顔もさ……。

こういう小学生が育ち、どういう日本を作り、そして2020年の東京五輪に向き合っているのかと思うと、腹の底から爆笑が湧いてきて辛いのなんのって。

当時の小学生だった人らのノスタルジーに迎合した結果が、この大河枠ごと破壊する駄作ですよ。
彼らの責任じゃないけどさ。

古今亭志ん生と五りんの交流も、何がしたかったんでしょうか。

これ、本当に落語好きなんですかね。
ビートたけしさんが古今亭志ん生って、もうジョークみたいだし。

コスプレじみた古今亭志ん生と、ゲイリー・スーじみた弟子の交流?
何がしたいんだか。

落語パートも、もうただ焦点がずれるだけの蛇足になってしまいました。
まあ、どのパートも時間潰し&受信料浪費&大河フィナーレへの疾走ですけどね。

まーちゃんが飲んだくれるだけの場面なんて、
【このあとスタッフがおいしくいただきました】
と言うのかな?ぐらいの感想しか湧いてこない。

もう一度戸惑う。
何が楽しいんだろう? このドラマ。

もしかして「神回」コールをするためですかね。

◆大河ドラマ史上最低視聴率の『いだてん』39話こそ”神回”だ!

39話も神回だったようです。
本当に好きだよなw
ハデスという意味では、確かに神が背後にいるドラマだとは思う。

※あるいはヘラかもね

 

MVP:名前を出してはいけないあの方

「あれがどれだけ編集で切られるんだ?」

そんな視聴率への貢献をしているんですから、紛れもなくMVPでしょう。

 

総評

サブリミナル効果の一点で、お蔵入り決定だと思う。

そんなどうしようもない作品じゃんねー。

 

「サクラさんのブルマを見る会」でもあるのか?

はい、憂鬱なニュース観察日記。
本編より面白いからさ。

◆‪チュート徳井がやらかしても『いだてん』でカットされない「安藤サクラのブルマ姿」に熱視線

例えば、前出のしごきのシーンでは、安藤サクラの”緑ブルマ”が秀逸だった。

「徳井さんとの絡みで、切ろうと思えば切れたと思いますが、NHK的に『ここは残したい』となったはずです。安藤さんは今年33歳で一児の母でもある。そんな彼女がピチピチの緑色のブルマを履いて、床を転げながらボールに食らいつくんですから(笑)。何とも言えないエロスを感じました」(前出の関係者)

安藤は昨年の「第71回カンヌ国際映画祭」で最高賞のパルムドールを受賞した是枝裕和監督作「万引き家族」で圧倒的な演技をみせ、いまや押しも押されもせぬトップ女優となった。前出テレビ関係者は「そのトップ女優が今回はブルマ姿で躍動しているのですから、たいしたものです。現場でも彼女はブルマ姿で歩き回り、周囲を和ませていたそうです」と明かす。

徳井ショックで今も編集作業は続いているが、安藤のブルマ姿はすでにプロテクトされているという。『いだてん』最後の救世主になるかもしれない?

もう天を仰ぐしかない。
彼女の不幸……未だに最新作ではなく、カンヌのことばかりを言われる。

それか親の七光りか。家族との愛情インスタ投稿か。育児のことか。
そしてブルマ。

肝心の、現時点での演技評価が出てこない――これほど不幸なこともないと思います。

いくら体を鍛えようが、スポーツ指導を受けようが、報道はこういうエロ目線一色。

一児の母だ、年齢だ、エロスだ。本来演技に何の関係もない。
カンヌの名声があっても、大河に出ればこんなふうなデレデレエロ目線報道ばかりをされる。

本作では金栗が、スポーツをエロ目線で見る男のことを糾弾していました。

そんなことを1ミリも理解する気がない、水着とブルマ報道。
劇中の金栗にしたって、盗撮写真を売り捌いていた美川とお友達ですから、仕方ないんじゃないですかね。

若い世代の役者さんが、大河なんでもう終わっていてデメリットばかりだと見切り、VODを目指すのであれば当然のことだと思います。
頑張っても父親や祖父世代からゲス目線で見られた挙句、バカげた記事を垂れ流される。やってられないでしょうよ。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-いだてん感想あらすじ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.