歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

武者震之助の歴史映画レビュー

映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』ブレイキング・バッドファンも必見!

更新日:

2017年以降、トランプ大統領の就任は、各所で波乱を巻き起こしています。

そんな中で絶好調なのが、ハリウッドによるトランプいじり。
真面目なオバマ前大統領と違い、茶化しがいのある政治家は大統領戦からさんざんイジられています。

政治ネタだろうと臆することなく、突っ込んでいるのがハリウッドの人々。
セクハラ問題や差別問題でも、声を上げる人が多数います。

自由を弾圧しない、弱者の味方をする。
そんなスタンスが見られる人物が多いのが、ハリウッドですが……実は、言論弾圧による苦い過去がありました。そのことへの反省が、そうした言動の背景にはあるのでしょう。

本作は、ハリウッド苦渋の歴史を描いた作品です。

※海外ドラマ『ブレイキング・バッド』の主役ウォルターで熱演を魅せたブライアン・クランストンが主演です!

【amazonプライム400円】トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(字幕版)

基本DATA info
タイトル 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
原題 Trumbo
制作年 2015年
制作国 アメリカ
舞台 アメリカ
時代 1940年代後半から1970年代
主な出演者 ブライアン・クランストン、ダイアン・レイン、ヘレン・ミレン
史実再現度 史実を基にしている
特徴 言論の自由って何だろう? 弾圧ってなんだろう?

 

あらすじ

赤狩りの嵐がハリウッドに吹き荒れた時代、それは黒歴史だった

第二次世界大戦が終結し、勝利に酔うアメリカ合衆国。
しかし戦いには終わりがない。

ソビエト連邦ならびに東欧諸国と争う、東西冷戦である。

西側の超大国となったアメリカでは、自然、共産主義者への弾圧が強まった。
ハリウッドでもそれは例外ではなく、アメリカ共産党員のダルトン・トランボも目をつけられてしまう。

才能あふれるトランボは、仕事を干され、ついには収監されることに。

ハリウッドから弾き出された彼は、B級映画の脚本を量産して糊口を凌ぐことになるのだが……。

 

スポンサーリンク

ハムサンド弁当を分けてあげよう

トランボは周囲からこのアカ、共産主義者と罵られています。

「この国を破滅させる気だな?」
ソ連のスパイよ!」
「ボリショイバレエでも見ていろよ」

しかし、彼本人の共産主義思想というのは、シンプルでやさしいものであることが、幼い娘との会話からわかります。
娘に私も共産主義者かと聞かれたトランボは、こう答えるのです。

「もしお前の友達がハムサンド弁当を持っていなかったらどうする?」
「分けてあげる!」
「そうなの? お弁当のために働け、金を稼げとは言わないのかい?」
「言わない。分けてあげるもん」
「じゃあお前はおちびさんの共産主義者だ」

彼は、
困った人がいたら助けたい
極端な資本主義に陥りたくない
そんなシンプルな思想を持っているだけの人物とわかります。

ソ連の世界支配を手伝うという気など、さらさらないわけです。

それでも世間は騒ぎ出します。
「奴は脚本家だ。ハリウッド映画を通して共産主義を広めたいに違いない!」

彼のキャリアをみていくと、そんなわけがないとわかりそうなものです。

しかし、当時彼を叩く人は、そんなことは関係ないのです。

アカがいたら、叩け。それだけの理屈です。
20世紀の魔女狩りでした。

 

名前を奪われて

トランボの分け与える性格は、投獄と出獄を経てから発揮されます。

偽名でB級映画の脚本を量産することを決意。
もらった仕事を仲間に分け与え、リライトを担当することにしたのです。

租税濫造しても才気あふれるトランボは、ともかく面白いものを書いてしまいます。

それでも偽名で執筆するB級脚本の単価は安く、一日中休みなくタイプライターと向き合う生活になってしまうのでした。

さらにこの作業には家族の協力が不可欠です。
まだ十代の息子や娘も、電話の応対や原稿運びを手伝うことになりいます。ときには、デートの約束すら犠牲になることも。

悔しいのはそれだけではありません。

『ローマの休日』は別人名義。
『黒い牡牛』は偽名。
アカデミー賞という最高の栄誉を受賞しても、トランボは授賞式をテレビで見るしかありません。

名前を盗まれる屈辱を味わうしかありませんでした。

しかし、このあたりからおかしさに気づくようになります。

トランボって、そもそもなんで脚本家として追放されたんでしたっけ?
共産党員である彼の書く作品は、悪影響を与えるとみなされていませんでしたか?

悪影響を与えるどころか、皆に愛されているではないですか。

 

スポンサーリンク

弾圧のための弾圧という愚かしさ

トランボが隠れ潜む日々は、終わりを告げます。
隠しきれない才能を求めた俳優のカール・ダグラスと、監督のオットー・プレミンジャーが、洞窟から引きずり出すように彼を表に出すのです。

彼を目の敵にするジャーナリストはたちまち群がり、ダグラスに翻意を求めます。
が、彼はそれを軽くあしらい、脅しにも屈しません。

それにしても、この脅迫を仕掛けてくるヘッダ・ホッパーの醜悪さときたらありません。

演じるヘレン・ミレンはエレガントで美しい女性ですが、権力を笠に着ていやらしく微笑む姿は、まさに醜悪。
そして、滑稽でもあります。
振り回す権力がもはやないのに脅しをかけてくる姿は、ハリセンを武器としているような馬鹿馬鹿しさがあるのです。

こうなってくると、そもそもホッパーのような人間は何から何を守りたかったのか、と思えてきます。

彼女らが何をしようと、トランボは映画の脚本をこっそりと書き続け、多くの人々がそれを見ました。
見ただけではなく、感動しました。

そこに、どんな悪影響があったのでしょう?

『ローマの休日』で感動した観客は共産主義者になりましたか?
『黒い牡牛』のヒットのせいで、アメリカにソ連のスパイが溢れるような状況になったのでしょうか?

結局のところホッパーのような人は、弾圧を娯楽として弄び、お手軽に振るうことのできる権力の斧としていたに過ぎません。

そんなくだらないおもちゃの斧ですら、トランボのような人々を傷つけ、死に追いやったと思うとあきれ果ててしまいます。

本作はトランボの精神力や偉業を讃えるだけにはとどまらず、言論弾圧の馬鹿馬鹿しさも描いています。
こういう黒歴史があるからこそ、ハリウッドでは言論の自由があるのだと実感できる作品です。




スポンサーリンク


著:武者震之助

【参考】トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 [DVD]

 



-武者震之助の歴史映画レビュー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.