日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

おんな城主直虎レビュー

『おんな城主 直虎』感想レビュー第31回「虎松の首」

投稿日:

一度は潰されておき、復活を狙う路線の井伊家

こんばんは、武者震之助です。
寿桂尼のデスノートが発動し、徳政令で潰される寸前の井伊家です。

瀬戸・祝田の百姓の懇願でどうなることかと思われたのですが、小野政次が悪役としてふるまうことで“一度潰れて復活を狙う”路線は何とかなります。
もちろん、家を潰すというのは苦渋の決断、屈辱的です。
悪役として感情を押し殺し振る舞う政次の心中もいかばかりか……。

もうひとつ気がかりなのが、政次のことを寿桂尼が頼りに思っていなかったという、関口氏経から聞いた内容でしょうねえ。

潰された井伊一族は、館からすら追い出されてしまいます。
すぐ立ち退かねば力で訴えると、凄む政次。虎松と直久は手習い中の龍潭寺から連れ出されます。
しかし一人だけ連れて行かれないことに、政次の甥・亥之助は納得できません。

「伯父上は井伊を裏切ったのですか!」
そう詰め寄る亥之助。
政次は冷たく「不満ならばなつ(亥之助の母、政次弟の妻)と出ていけ」と言い放つのでした。

なつは亥之助に、こんなときだからこそココに留まらねばならないとは思わぬのですか、とたしなめます。

 

スポンサーリンク

全部引っくるめて小野に騙されているのではないか?

井伊一族は隠し里に避難完了。
そこで井伊直虎は、今川に侵攻する徳川につき、関口氏経の首を土産にして家を復活させる、と計画を語ります。

さらに小野は敢えて井伊を裏切り盾になっているとネタ晴らし。
「だと思いました~」
「実はそうだとわかっていました~」
「バレバレでした~」
みたいなことを奥村六左衛門らから言われてしまう直虎。まあ政次の態度はなあ。

しかし中野直之は懐疑的です。
「それも含めて騙されているのではないですか? そうでないという保証は?」

訝しむ直之。虎松と直久も、政次はそう悪い人ではないはず、といいます。ムードメーカーの六左衛門が話をまとめてとりあえず終わりになるのですが、直之の言葉はじわじわとあとで効いてくるようです。

 

スポンサーリンク

「断絶せよ! 断絶せよ!」大事なことなので二度言う氏真

直虎は虎松に、井伊の苦難と、代々隠し里に逃れて英気を養ってきたことを話します。

隠し里を語る回想シーンに、責任を丸投げした井伊直親という問題の場面は流石に出てきませんが(第7回)。ここで直親形見の笛を虎松が吹き、井伊家再興の思いを感じさせます。

一方、駿府では、井伊を潰した氏経が、今川氏真に経緯を報告します。

しかし氏真は満足せず……。

「井伊を断絶せよ! 断絶せよ!」
大事なことなので二度言う氏真。

子供を殺すことに気が咎めるのか、氏経が若干引きながら断ろうとすると、さらに「断絶せよ!」と迫る氏真なのでした。

 

傑山、カッコ良すぎるけど、児童虐待気味では……

井伊の隠し里では、そのことを察知したわけではありませんが、危険回避のため虎松(後の井伊直政)を逃そうとします。
おそらく、直虎も寿桂尼ならばそうしかねないと読んでいたのでしょう。

皆と別れることを嫌がる寅丸に、傑山宗俊が弓矢を構えギリギリで放ちます。

何を考えているんだ、傑山! さらに弓矢をつきつけ、失禁した虎松を脅します。

カッコイイけど児童虐待気味だぞ、傑山!
って、この人、おとわもブン投げていたしなあ(第4回)。

「戦とはこういうことでございます……まだ早い」
こういうスパルタ教育をした結果、虎松が「井伊の赤鬼」になるわけか。

直虎は流石にもっと穏便です。虎松の存在こそが井伊一族の希望だと、説得するのです。
直久もいずれ迎えにあがると励まし、直之は六左衛門が汗をかきまくっていることを「顔から失禁している」という酷いネタにして、虎松を笑わせます。

その六左衛門と傑山が護衛に任命され、三人は三河領の寺へと旅出ちます。
戻って来たら大人になっているパターンかな?
正直なところ傑山一人で十分では、と思ったりして。いやいや、そういう意地の悪いことを言ってもいけませんな。

直虎は武装した六左衛門を見て「武蔵坊弁慶みたいなもんかな」とつぶやきますが、直之は「武蔵坊弁慶をディスってんですか」と思い切り六左衛門に失礼な突っ込みをするのでした。

 

小野政次の城代就任には、虎松の首が必要だった

直虎はとりあえず龍潭寺へ向かい、尼姿に戻ります。

井伊の館では、政次が氏経に言われます。

「今川ではそなたを城代にしてもよいと思うておる。ただしそれは虎松の首と引き替えじゃ」

政次は「お安い御用でございます」と迷わず即答。
即答し過ぎてむしろ怪しく思えますが、どうするつもりでしょうか。

その政次が龍潭寺へやって来ます。おとなしく虎松を引き渡せと冷酷に告げる政次。
直虎は目を見開いて驚愕します。政次は直虎捕縛を命じます。

「虎松が捕まらないようであれば、この尼で御満足いただく」

一室に監禁される直虎。政次への疑念が直虎の心に生じます。ここまでされたら、それもやむを得ないでしょう。

スポンサーリンク

そして、その晩……。

 

次のページへ >





1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 最上義光 名将の証明


4位 ホントは熱い!徳川家康


5位 意外と優しい!? 織田信長さん


6位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


7位 毛利元就の中国制覇物語


8位 伊達政宗さんは史実も最高!


9位 最期は切ない豊臣秀吉


10位 史実の井伊直虎とは?

 

-おんな城主直虎レビュー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.