日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

真田丸レビュー

『真田丸』感想レビュー第48回「引鉄」 眠りから覚めた武器に備えられた哀しきトリガー

更新日:

 

こんばんは。
完結も近い本作ですが、それでもニュースは継続的に出ています。
「真田丸」堺雅人「10%現場」の精密演技「三谷氏は厳しい」スピンオフ熱望? ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
「真田丸」長澤まさみ“ウザい”意に介さず 三谷氏に感謝「出会えない役」
『真田丸』の藤井隆「信幸さんの悪口を吐くシーンは、ファンの方に申し訳なかった」

さて今週です。
阿茶局の策によって完封されてしまい、堀すら埋め立てられ、和睦が成立してしまった大坂方。
絶望しているかと思ったら、今日も牢人たちは生き生きと、元気に家康本人に夜討ちをしかけます。この場面は大変格好よいのですが、和睦すると言っておいていきなりこんなことをして、一体何を考えているのか。こんなことをしたら、和睦なんてポーズだけとバレバレじゃないですか。

夜襲を終えて帰って来た牢人を労う幸村は、ここで終わりにはしません。奇襲に怯えた家康が京に戻ることを見越して、そこを佐助に襲われる計画です。内通している織田有楽斎から家康へと情報を流し、裏をかくわけです。
佐助は暗殺へ向かう前に、きりに戻って来たら夫婦になって欲しいとプロポーズ。きりは即座に断りますが、ここで「はい」と言ったら死亡フラグになりかねないので、これはこれでよいと思います。

真田丸佐助

奇襲に怒る秀忠と違い、家康はゆっくりと待ちます。敢えて牢人に手をつけずに去ることで、不満をくすぶらせ相手から仕掛けさせるわけです。

大蔵卿局と有楽斎は戦の火種となりかねない牢人を退去させようとします。これには幸村も秀頼も反対。視聴者は幸村たちに感情移入していますが、道理として正しいのは大蔵卿局らの気がするんですよね。

 

信長の弟であることを誇りながら城を去る

その後、幸村は有楽斎の居室で、彼の裏切りを追及します。
彼は彼なりに姪である茶々とその子である秀頼を案じているそうで、豊臣にとって不利になる情報は漏らしてないとのこと。この言葉自体は嘘とは思えませんが、幸村にそんな言い訳は通じません。ここでの有楽斎は織田信長の弟である誇りを見せつつ、幸村に脇差しをつきつけられると交渉しようとし、なかなか見ていておもしろい往生際の悪さを見せ付けます。
こうして有楽斎は城を去り、穏やかな余生を過ごすのでした。先週退場の片桐且元は悶死したのに……と言う気がしないでもありません。世の中、不公平なものです。

真田丸織田有楽斎

ただし、ここで気をつけたいのは家康が読んでいる密書の署名です。「お」、なんですね。しかし幸村が破り捨てた密書には「う」と書いてあるわけです。「おだうらくさい」ですから、「お」でも「う」でも当てはまりますが、わざわざ署名を変えるものでしょうか? それとも別の内通者がいるのでしょうか?

京へ向かう道中、休憩をしていた家康は佐助に襲撃されます。
刀で応戦するもなす術もなく、凶刃に斃れる家康。歴史が変わった!? 師匠の出浦昌相も成し遂げられなかった家康の暗殺に成功する!? ……ハズはなく、実は影武者でした。
本物は二条城に入っていたのです。落ち込む佐助を励ます幸村。しかしこの幸村の策は、実は矛盾していて無謀な行動であることがこのあとわかります。

真田丸徳川家康

 

スポンサーリンク

牢人抱えすぎ 和睦する気もなさ過ぎるだろ

年が変わり、慶長二十年。家康も秀忠も大名たちも戦場からはとりあえず去りました。
しかし牢人はかえって数を増やし、城に入っております。
和睦すると言いながら十万人の兵を城に入れておく……危険です、危険過ぎます。

幸村は、茶臼山(家康本陣)と岡山(秀忠本陣)を空堀で結び、防衛戦とすることを提案。大野治長、木村重成も承諾します。
治長は苦い経験から学んだのか、大蔵卿局の意見は一切聞かぬこととします。その対応が遅かった気がしますが。でも、なんだかうっすらと希望が見えて来ました。

真田丸大野治長

幸村は牢人の去就が決まらないから退去させないのだと、家康を欺くことにします。秀頼はこの策をおもしろがりますが、いったん和睦を約束しながらまったく誠意に欠ける態度だと思わざるを得ません。戦国乱世ならそれもよいのでしょうが、事態を本当にちゃんと解決する気があるのであれば、こういう策を弄する態度は取ってはいけません。

さらに幸村は秀頼に、牢人たちが身内の者を呼び寄せて城に入れることを提案。
城には父や夫、かつての主君との再会を喜ぶ者たちであふれます。塙団右衛門が美人妻といちゃついたり、大蔵卿局・大野治長・治房母子が酒を酌み交わしたり、賑やかな光景が見られます。ここで大角与左衛門はとうの昔に妻子を亡くしている情報が挟まれます。何かの伏線でしょうか。

真田丸大角与左衛門

幸村の秀頼へのもう一つの提案は、秀頼が城を出て四国へ移ることでした。茶々も同意しますが、これを言い出すのはちょっと遅すぎるのではないでしょうか。
牢人は退去させない、城は出る。それはちょっと虫が良すぎやしませんか? 牢人を全員退去させ、完全に和睦をのんだところで言い出すのならばともかくとして、もう一戦して有利な和睦条件を仕切り直しできると信じるなんて、そんなセカンドチャンスがあると本気で思っているのでしょうか。

実は本作で一番甘いのは幸村のようです。

真田丸真田信繁2霜月けい

 

スポンサーリンク

初めて顔をあわせる幸村と信之の子どもたち

長宗我部盛親はもう御家復興をあきらめています。幸村に促されて、秀頼が欲しがっている国以外でどこが欲しいか、ならば淡路島がよいと答えてはいますが、本音はどうなのでしょうか。

秀頼の正室で秀忠の娘である千が、幸村に声を掛けます。自分を江戸に戻すかわりに戦を回避できないかと持ちかけますが、幸村が人質である彼女を手放すわけではありません。彼女のことを夫の秀頼はじめ皆案じていますが、その気遣い程度で楽になれるわけもありません。本気で幸村が秀頼の国替えと豊臣家存続を考えているのであれば、ここで千の提案をこうも簡単に一蹴すべきではない気がするのですが。

幸村は、真田信吉・信政を訪れることにします。大助も、いとこと初めて顔をあわせます。矢沢三十郎や小山田茂誠も嬉しそうです。

真田丸真田大助

真田丸真田信吉

真田丸真田信政

留守番の堀田作兵衛が城内で畑を耕していると、春が手伝いだします。きりは、土仕事はしないことにしていると一旦手伝いを断りますが、春のあまりの手際の悪さに、結局手伝うことにします。

三十郎と茂誠にとって今や幸村は敵ですが、それでも再会の喜び、彼の考える策にわくわくする気持ちは止められません。信吉と大助は仲良く話す一方、稲の息子である信政は親戚だろうが幸村父子は大罪人だと厳しい態度でのぞみます。ついには大助に掴みかかる信政。
そこに幸村ら三人が来ます。信吉はとっさに相撲を取っていたと弁解しますが、その場の様子から実情はバレバレ。傅役である三十郎は、信政に怒ったのでしょう。信政を容赦なく投げ飛ばします。この容赦ない血の気の多さに、父である矢沢頼綱の血を感じます。

真田丸矢沢三十郎

真田丸小山田茂誠

スポンサーリンク

幸村は茂誠に野戦のコツを聞きます。はじめは謙遜していた茂誠ですが、満面の笑みで何でも聞いてよいぞ、と言い出します。幸村が知りたいのが家康の首を取る秘策だとすれば、そんないい笑顔で答えるもんじゃないだろ、と突っ込みたいところです。
野戦で敵を討つのならば槍がよいかという幸村の問いかけに、包囲されるからリーチのある鉄砲の方がよいと答える茂誠。とはいえ、鉄砲は装填に手間取るというデメリットもあると続けます。
幸村は江戸の兄と姉に向けて手紙を書き出します。
続きは次ページへ

 

次のページへ >





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-真田丸レビュー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.