スカーレットあらすじ感想

スカーレット7話あらすじ感想視聴率(10/7)作り物やない大阪のアカン奴や

更新日:

スカーレット7話 感想あらすじ~視聴率は19.7%でした

スカーレットあらすじ感想
スカーレット視聴率

昭和22年(1947年)――。

借金を抱えたままに迎えた、川原一家、信楽初の冬。
ところがジョーは逃げきれんかった!

借金取り対応でクリフハンガー(※週またぎ)という、斬新な本作、第二週開始!

 

借金取りが憎めへん

家長たるジョーがいない中。
借金取りの工藤に風呂を沸かしつつ、喜美子は考えます。

薪をくべたら熱うなる!
これひとつで二度、これなら三度……そう理解しているあたりに、才能を感じます。なかなか策がえげつない。戦国武将かっ!

「ううっ、あっつ! 帰ります!」

これで借金取りも帰るはずやで!

ナレーション処理をしないで、映像で半裸逃走する工藤の姿を描くあたり、ええNHK大阪のセンスを感じます。ベッタベタや。

ほくそ笑む喜美子に、浴室で風呂につかる工藤が話しかけます。

「お〜い、ここには年寄りおらんのか? おじいちゃんやおばあちゃんおらんのか?」

喜美子は戸惑いつつ、こう返します。

「おじいちゃんとおばあちゃん、うちが生まれる前に死にました。母方は元気らしいけど、会うたことないんで知りません」

おっ、なかなか複雑な家庭事情です。

「なんでや?」

「詳しいことは知りません」

「年寄りがおったら、身の丈に合わん借金やめろと止めとってくれたのにな」

工藤はどうしてそこを気にするのか?
そう思っていたら、喜美子にも視聴者にもドキリとするようなことを言い始めました。

工藤は、悪い男ではないのです。

ジョーは大阪でリスキーな商売に手を出し、二倍にして返すと言って逃げおった――工藤は続けます。

「わしにもな、五歳なる娘がおる。そっちから見たら借金取りにきた悪い男やろ。けどうちの娘から見たら、そっちが借金返さへん悪い男や。どんな人間でも、ええ面悪い面がある。怖い男に見えても優しい男かもしれん。もうええで。ちょうどええ湯加減や。ありがとうな」

つらい……。
なにがつらいって、敵は、根っからのゲスで悪じゃないとわかることです。

『なつぞら』の東映もそうでしたね。
なまじ、いい人がいると、全力で殴れない。殴れる奴もたまにいるけど(『なつぞら』のイッキュウさんと神っちあたり)、大抵はそうじゃないのだ。

こんなん言われて、熱湯風呂にできます?
喜美子はむしろ、小さな胸に人の奥深さを刻まれてしまうのです。

工藤の関西弁も、なかなか柔らかくて。
単に柄の悪いおっちゃんでなくて。人の良さが伝わってくる。関西弁の一番残酷な使い方かもしれず、たまらんもんがあります。

河内弁でゲスな罵倒をする。
そういう『半分、青い。』の秋風先生もありですが。人情に訴えかけたときのこの関西弁は、それはそれでよいものなのです。

【秋風先生による河内弁罵倒例】
「ホンマにおどれは人のDNA刺激するやっちゃのう! 何を言うとんじゃ、ワレ! 一回、死んでこい! おどれはなんでそないな時だけ、人がカチンとくること、ポンポン出てくるんかのぉ! おっ? そんな賢いんやったら、もっとええセリフ書いてこいや! あ? あほんだら! おどれのその鳥の脳みそぐらいの頭、もっと有効に使わんでどないすんじゃボケ、クズ、あほんだら!」

 

これぞ大阪の、ガラの悪い借金取りや

風呂を沸かした喜美子が、口を尖らせながら戻ってくると、マツはジョーの酒瓶を抱えております。

口を尖らせる癖は、喜美子のトレードマークだそうです。

そこでは、本木が酒を飲みつつ、ゆで卵をつまみにしております。

味もつけてないゆで卵を、つまみ?
酒も濁り酒で安そうですし、うまくはないのでしょう。そういうこの時代らしさが出てはおります。

この本木の柄の悪さは感動的や。
片膝立てる。悪趣味革ジャン。無精髭。

見せてあげますよ、柄の悪い大阪の借金取りを! そんな気合いを感じさせる。

「うん、うまいうまい」

「ゆで卵、うちも食べたい!」

「何や?」

酒はまだいい。けれども、ゆで卵はあかん。直子が刺激されています。

ここで喜美子は考えて、言葉を絞り出すのです。

「ゆで卵、全部食べんといでください」

「あァ?」

「だってそれ、うちが買うた卵や」

「そんなことは金返してから言わんかい!」

そう脅されても、喜美子はめげません。

「妹は思うようにならんと癇癪起こします。空襲の時に怖い目にあわしてしもうたから。そん時のことが忘れられんで。心が弱いところあるんで。一個でええ。妹にゆで卵やってください。やってください!」

ちょっと感動してしまった。
それというのも、まだ幼く、PTSDを抱えていそうな直子を、わがままだと責め立てる感想を読んでしまったから。

子供には、理屈は通じないもの――子供である喜美子はそこを理解している。大人も理解せんとね。

そう訴える喜美子の脳裏には、工藤の言葉がありました。

怖い男に見えても優しい男かもしれん――。

BGMも感動的だ。さあどう出る?

「誰がやるか!」

「優しい男ちゃうのん?」

ズコーッ!
そういう落ちか〜い。

ここで我慢できない直子は、本木からゆで卵をむしりとり、逃げます。おぉおい、直子ぉ!

家まで走ったところで、直子は追いつかれてしまいました。

「待てこのガキ〜! おとなしくせぇ、クソガキぃ!」

「嫌がってるでしょう、離しなさい!」

そこで本木をがっと制止したのは、なんと草間宗一郎でした。

「草間さん!」

そう驚く喜美子。直子は家族の元に戻ります。

「大丈夫?」

「なにさらすんじゃ! おらぁ!」

そう絡む本木を掴み、宗一郎は投げ飛ばすのです。

あっという間の出来事でしたが、きみちゃんの目には、まるで空を飛んでいくかのように見えました。
ナレーションとともに、本木がクルクル吹っ飛ぶ無駄なVFX処理が入ります。

いや、無駄やない!
こういうベタなギャグが、NHK大阪の本気なのでしょう。吉本のギャグ以前と言いますか、もっと根源的な上方の笑いにまで回帰している気配すら感じます。

草間の披露したのは柔道でした。喜美子は、こうして柔道と出会います。

宗一郎は文武両道のエリートなのでした。

 

お土産抱えて帰宅するはずが

そのころ大野雑貨店にジョーがやって来ました。

「オゥちゃん! はよ終わったさかい帰ってきたん。高かったでぇ、はよう渡したくてな」

その首には、女の子用の赤いかわいい手袋がかかっています。
喜美子と直子へのお土産です。こういうところは、ええおっちゃんではあるのですが。

お土産はそれだけではありません。

「あれやあれ、ラジオ!」

こう言われて、忠信はあわててラジオを取り出してきます。

「べらぼうに安い中古の掘り出しもん、きれいに磨いときましたんで」

「はようはよう、はよ出してや、もう!」

こういうところを見ていると、憎めないおっちゃんではある。そんなジョーです。

そのころ、川原家では。
宗一郎を加えて、借金取りがこう話しております。

「ほなこれ、借金の一部にさせてもらいまっさ。おたくのお金でっしゃろ。年寄りの代わりにこんなええ人おってよかったな。けど、残りの借金はまだまだあるで。約束破ったらまた追いかけてくんで」

工藤はそう強く言い、本木は凄みます。

宗一郎が止めに入りました。

「子供にそんな、やめてください」

喜美子は強い目をしながら、こう言い返します。

「約束します。借りたもんは、必ずお返ししします」

工藤はその答えを聞いて、ちょっと辛そうな顔にはなります。
どうしたって、自分の娘と重ねてしまうのでしょう。工藤も、ええおっちゃんや。

「ほな退散しよか」

そこへジョーが戻ってきます。
ラジオに手袋を持って、ウキウキと。そして借金取りと出会してしまう。

本木がすごみます。

「こいつ!」

工藤は一枚上手かも。

「ええもん持ってまんな。川原常治さんですよね? 無駄足ならんで済みました。また来月もよろしゅう」

「ちょお待ってくれ、どういうことや」

この「ちょっと」が「ちょお」になるあたりがいいですね。

「草間はんいう方がおりまして。しょうもない男の代わりに、千円ばかし払ってくれました。ほな」

「ほな」

借金取りの前で、呆然とするジョーなのでした。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-スカーレットあらすじ感想

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.