スカーレットあらすじ感想

スカーレット28話あらすじ感想視聴率(10/31)大久保さん、可愛らしなぁ〜

更新日:

スカーレット28話 感想あらすじ~視聴率は19.0%でした。

スカーレットあらすじ感想
スカーレット視聴率

圭介が荒木荘を去る日が来ました。

時代劇に出られるか?と聞いてくる圭介に対し雄太郎は、
「聞きたかったら聞きに来い!」
と言います。

見送りできないちや子に至っては、二度と敷居またがせない! とまで言い切ったとか。冗談半分でしょうけどね。

ここで喜美子がおはぎを持ってきます。
渡そうとするものの、手がいっぱいで持てないと断られてしまいます。

荷物に入れようと思えば入れられそうである。
手に持てないのではなく、心の荷物かもしれない。

「きみちゃん、よかったら食べといて。きみちゃん、さいなら」

「さいなら」

遠ざかる背中を見送る喜美子でした。

OPが入ります。
喜美子が、恋をして。ときめいて。そのハートが飛んで鳥になる。

誰かからもらう感情じゃない。胸の奥底からこみあげる感情が、喜美子の人生と作品になる。

今日の日も、涙に負けるもんか――。

そう歌い上げられる中、本編スタート。

 

おはぎは甘くて、塩辛くて

喜美子は洗い物を終え、テーブルの上のおはぎを見つめます。

座り、竹の皮を剥いて、口に運びます。
食べながら、どうしたって圭介のことを思い出してしまう。

「きみちゃんのおはぎがすっきゃねん! やっぱうまいわ〜」

「可愛らしなぁ」

「きみちゃんが荒木荘辞めんでくれて、ほんまうれしいわ」

「あはははははっ」

「きみちゃん、ありがとう」

「きみちゃんのおかげや、かわいい妹」

「きみちゃん、さいなら」

涙をにじませながら、おはぎを食べる。

甘いおはぎが、涙で塩辛くなってまう。

セリフが多く、テンポがガーッと回る。
それなのに、ふと立ち止まって、しんみりと一人失恋を噛み締める。

おはぎがキーアイテムになりました。圭介が無邪気におはぎを食べていたからこそ、胸にしみる味になってもうた。
恋なんて二度とするもんかと固く心に誓った喜美子です。

恋物語はこうして、終わりを告げました。

きみちゃーーーーーん!

視聴者が思わずそう言い、何かを奢って話を聞きたくなる。そういうあたたかさがあります。

駆け落ち相手に食事を断固作らない。

祖父・泰樹の【抹殺パンチ】で相手を沈め、そのあとでもウキウキしている――『なつぞら』の夕見子と比較してみましょう。

どちらが上か下ではなく……改めて、軍師・夕見子は恐ろしかったな、と戦慄に襲われました。あれはあれで好きですけどね。

しっとりとして、悲しい。そういう味わいが本作にはありますよね。

 

寂しまっしゃないか……

そしてその年の暮れも押し迫ったころ――。

昭和の師走です。
商店街では福引抽選会、正月飾りが売られている。

ここまでは全国区かもしれません。

そろばん持って値切る客と、眉をしかめて軽くたたき交渉する、そんな女性が映るあたり。
関西を感じさせます。

荒木荘では、大久保が豆の味を見てから、さだの差し出した帳簿を見ています。

さだはここを褒める。

「やりくりもうまいことやってんで〜お豆さんもよう炊けてる」

お金のことは下品という発想はない。商人あきんどの街だから、そろばんを弾いてこそ一丁前。そこは褒めないと。

大久保はこう返します。
豆の火加減は、初めから上手だったて。

「ほな認めてあげたら? きみちゃんも、もう三年目や」

さだがそう言いますと、大久保は無言で家事をやりに行ってしまう。

さだが追いかけると、大久保はこう言うのです。
一人前だ。そんなはんこ押したら、荒木荘卒業してしまう。

「寂しまっしゃないか……」

「そんな顔して、そんなこと言われても」

大久保の本心を知り、さだもそう言うしかない。私だってそう言う。

今朝も、大久保さんの関西弁が綺麗やな〜味があるなぁ~。

 

ウキウキした二人の歩み

喜美子は荒木荘へ、ウキウキと帰ってきます。

「きみちゃん、何かあったん?」

通りで遊んでいる子役がそう聞く。荒木荘周辺で子供がウロウロしているあたりに、大阪らしさと演技指導の徹底したものを感じます。

『なつぞら』とは違いますね。

柴田独場周辺は人口密度が低い。人より牛が多いかもしれない。
なつの東京時代、亜矢美の「風車」周辺は飲み屋街で子供とはちょっと縁遠い。

そういう地理の違いでしょう。

喜美子はそんな大阪小僧どもにこう返します。

「うれしいことあってん!」

喜美子は戻り、大久保が来ていると驚きます。

「あんたが休みとったさかい、代わりに来たったんやないか」

そう返す大久保。喜美子の前では笑わない。

「三つ見てきたんです!」

喜美子が学校見学をそう言うと、大久保はこうです。

「三校と言いなはれ」

「……三校」

これも大久保の人生やろなあ。
弟がいて、その学費のために、義務教育後は働き通しで本も読めない。芝居も行けない。仕事を通して語彙を身に付け、喜美子に伝えると。

その内訳は?

中卒でも進学できる学校。
美術系二校。

魅力的だったのは、レノア美術研究所だとか。活気もあり、特別講師も多いって。

ちや子の紹介通りや――そう喜ぶ喜美子を、大久保ははよ着替えてくるように急かします。

喜美子は、その研究所には週三日の絵画コースがあると語ります。
それならば、荒木荘と両立できる。

さだが驚くと、喜美子はこう言います。

「辞めたら食べていけへん、両立させていただきます」

「大歓迎や! こっから学校通うん?」

さだがはしゃいでいると、大久保は割烹着を脱ぎこうです。

「ほな帰りまっさ」

もう帰るのかと喜美子が言うと、さだがお孫さんの守りせんとならんと言うわけですが。

「しっかり働き」

大久保はそう告げて、いそいそと玄関を出て行きます。
そうして帰りながら、顔がにやける。ふふふ。ウキウキして足も弾む。

可愛らしなぁ〜!

喜美子のウキウキした歩き方と比べてみましょう。

二人とも、可愛らしなぁ〜!

人間の中身にある可愛らしさは、いくつになってもある。

絶品の可愛らしさです!!

人間の魅力ってこういうことやろなぁ。

ベテラン女優が、ネトゲ廃人画伯の見た目だけとらえた、幽霊じみた気持ち悪い絵を描かれて浮かれていた。
そんな人間を外側でしか見られない……何かがあったような気ィがするけど。

ま、放送事故やろな。

 

ジョー、アカン方のジョージになる

喜美子はちや子に、紹介してもらったレノア美術研究所の印象を語ります。
一番画期的で意欲的。ジョージ富士川呼ぶくらい。ちや子もそう納得している。

どんな人か?
ちやこはサイン会の案内を出します。デイリー大阪宛ですね。この手のイベントを開くのは珍しいそうですよ。

「顔拝んどき」

パリ国立高等美術学校卒業。んで、口癖はこれや。

「自由は不自由やで!」

有名人なんですねえ。
喜美子はここで、ジョージという名前に不思議な縁を感じます。父もジョージ(常治)。それでこう来た。

「同じジョージでもでもえらい違いや」

容赦がない!

まぁ、ジョーはカスやし。
淀川溺死事件でも、ああなりかねないと思われたし。まぁ、ジョーやしな。残念だが当然。
しかし学費は……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-スカーレットあらすじ感想

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.