西郷どん感想あらすじ 西郷どん特集

西郷どん全キャストと人物紹介!2018大河ドラマ【常時更新】

更新日:

西郷琴……桜庭ななみさん

西郷隆盛の妹
・西郷家をきりもりする長女
・桜庭ななみさんは大河初出演

 

 

西郷園……柏木由紀さん

西郷吉二郎の妻
・夫の西郷吉二郎戊辰戦争で戦死

 

西郷小兵衛……上川周作さん

・西郷家の末弟
西南戦争で戦死

 

熊吉……塚地武雅さん

・西郷家に仕える下男(モデルは永田熊吉か)
・西郷を支え続け、西南戦争でも息子を救出
・隆盛の死後は西郷従道(弟)に仕える

【関連記事】永田熊吉

 

西郷吉兵衛……風間杜夫さん

・西郷隆盛の父
・勘定方(会計係)の下級武士

 

西郷満佐子……松坂慶子さん

・西郷隆盛の母

 

西郷龍右衛門……大村崑さん

・西郷隆盛の祖父

 

西郷きみ……水野久美さん

・西郷隆盛の祖母

 

大久保利世……平田満さん

大久保利通(瑛太)の父

 

大久保福……藤真利子さん

・大久保利通の母

 

大久保満寿……ミムラさん
・大久保利通の妻
・利通との間に四男一女をもうける
・紀尾井坂の変で利通暗殺の後に病死

 

 

徳川家定……又吉直樹さん

・徳川13代将軍
篤姫(北川景子さん)の夫

【関連記事】徳川家定

 

井伊直弼……佐野史郎さん

・現大河ドラマ井伊家の末裔
・彦根藩主にして井伊の赤鬼と恐れられる
安政の大獄の後に桜田門外の変で暗殺された

【関連記事】井伊直弼

 

阿部正弘……藤木直人さん

・老中首座で幕府のリーダー的存在
島津斉彬の藩主就任を推す
・備後福山藩主

【関連記事】阿部正弘

 

徳川斉昭…伊武雅刀さん

・水戸藩主にして徳川慶喜の実父
・島津斉彬と共に幕末政治を進める
・井伊直弼と対立

【関連記事】徳川斉昭

 

大山格之助大山綱良……北村有起哉さん

・薩摩における西郷や大久保の同窓
廃藩置県後に鹿児島県の県令となる
・西南戦争で西郷を助けて斬首

【関連記事】大山格之助(大山綱良)

 

有村俊斎海江田信義……高橋光臣さん

・西郷や大久保と共に薩摩で学ぶ
島津斉興の茶坊主(俊斎)
・貴族院、枢密院を経て1906年までの長寿

【関連記事】有村俊斎(海江田信義)

 

村田新八……堀井新太さん

・幼少の頃から西郷隆盛に従う
・西郷2度目の島流しでは離れて喜界島へ
・西南戦争で西郷の死を見届け、後に戦死

【関連記事】村田新八

 

有馬新七……増田修一朗さん

・見た目に反し、朱子学、国史、古典に通じるインテリ派
・誠忠組で尊皇攘夷を推し進める
寺田屋事件を首謀し斬られる

【関連記事】有馬新七

 

桂久武……井戸田潤さん

・家老島津久風の五男
お由羅騒動で死んだ赤山靱負の弟
・要職に就くも西南戦争で隆盛らと共に戦死する

【関連記事】桂久武

 

山田為久……徳井優さん
・島津斉彬の側近

 

喜久……戸田菜穂さん

・島津斉彬の側室

 

幾島……南野陽子さん(斉藤由貴さん降板で10/18に決定)

・篤姫のお世話係(女丈夫と呼ばれたヤリ手)
・隆盛を通して幕府の情報を薩摩へ
・本編とは関係ないけどスケバン刑事繋がり(斉藤→南野)で配役交代

【関連記事】幾島

 

岩倉具視……笑福亭鶴瓶さん

・下級貴族ながら武家にも退かぬ媚びぬ
・幕府寄りと思われ5年間蟄居させられる
・岩倉遣欧使節で外国人に笑われ髷を切る
・維新十傑に選出

【関連記事】岩倉具視

 

 

木戸孝允桂小五郎……玉山鉄二さん

国立国会図書館蔵

吉田松陰に兵学を学ぶ
薩長同盟をまとめる
・維新三傑の一人

【関連記事】木戸孝允(桂小五郎)

 

 

小松帯刀……町田啓太さん
・薩摩藩の家老
・西郷と島津久光の仲を取り持つ
・日本最初の新婚旅行
【関連記事】小松帯刀

 

別府晋介……キャスト不明

 

近衛忠煕……国広富之さん

・妻は島津興子(島津斉興の妹→養女)
・一橋派
・戊午の密勅に関わる
・安政の大獄で失脚

【関連記事】近衛忠煕

 

ジョン万次郎……劇団ひとりさん

・漁の最中に遭難して鳥島へ(江戸から約580km)
・アメリカの捕鯨船に助けられ渡米
・実は明晰な頭脳で10年学ぶ
・帰国後は通訳等で重宝される

【関連記事】ジョン万次郎

 

島津斉興……鹿賀丈史さん

・島津家の第27代当主
・斉彬と久光の父
・側室の由羅が跡継ぎ問題で大騒動

【関連記事】島津斉興

 

 

龍佐民……柄本明さん

・西郷の島妻である愛加那の父
・奄美大島では豪農

 

ユタ……秋山菜津子さん

・愛加那の相談相手
・占い師
・女性に刺青を入れる役割

 

富堅……高橋努さん

・愛加那の兄
・黒糖地獄を強いる薩摩を嫌悪
・妹思い

 

木場伝内……谷田歩さん

・奄美大島に赴任中の薩摩藩士
・島で黒糖を徴収する
・西郷を当初は嫌悪

 

田中雄之助……近藤芳正さん

・奄美の代官
・黒糖地獄を地で行く
・そのため西郷と対立

 

石千代金……木内みどりさん

・龍佐民の妻
・西郷を気に入り応援する

 

里千代金……里アンナさん

・愛加那兄である富堅の妻
・愛加那祝言の日に島唄

 

土持政照……斎藤嘉樹さん

・沖永良部島の役人
・父は薩摩藩士
・薩摩で勉強した後島に戻ってきた

 

土持鶴……大島蓉子さん

・沖永良部島での西郷を救う

 

川口雪篷……石橋蓮司さん

・沖永良部島に流された偏屈の書家
・西郷と意気投合

 

おゆう……内田有紀さん

・祇園の芸妓

 

ふき……高梨臨(りん)さん

・薩摩で暮らす貧農の娘
・身売りされて西郷と再会
・高梨臨さんは大河初出演

 

タマ……田中道子さん

・品川宿にある『磯田屋』で働く給仕
・ふきの同僚
・田中道子さんも大河初出演

 

ナレーション……西田敏行さん
・市原悦子さん降板でピンチヒッター
・『翔ぶが如く』では西郷隆盛役
・急な交代は斉藤由貴さんに続き2人目

 

伊集院須賀……橋本愛さん

・西郷隆盛最初の妻
・結婚後、西郷の祖父、父、母が亡くなる
・西郷の江戸勤務を機に離婚(約2年)

【関連記事】伊集院須賀

 

調所広郷……竜雷太さん

・薩摩藩の家老
・隆盛の仕える島津斉彬と反目
・お由羅騒動の後に急死(自害とも)

【関連記事】調所広郷

 

赤山靱負……沢村一樹さん

・薩摩藩の名門で家老を務める一家の出
・西郷隆盛の尊敬する武士
・お由羅騒動で切腹させられる

【関連記事】赤山靭負(赤山靱負)

 

由羅……小柳ルミ子さん

・島津久光の母
お由羅騒動の要因となる(お家騒動)

【関連記事】由羅(お由羅の方)

【関連記事】
いだてんモデル金栗四三
もう一人の主役・田畑政治
大河『いだてん』キャスト

 

篤姫と西郷隆盛の恋愛関係ってアリ?

なお、年が明けてドラマ内情報も色々と出てきておりまして。

2018年1月4日の報道で気になったのがコチラです。
大河『西郷どん』衝撃展開 西郷隆盛と篤姫が駆け落ち!?

タイトルのまんま、篤姫と西郷隆盛が恋仲のような間柄になる、という話なのですが、これが問題ありそうで……。

ドラマですから何をどう描こうと、作り手の思惑次第ではあります。
しかし、歴史サイト的に見て、あまりに史実とかけ離れたものはドラマの流れを潰してしまいかねず、さすがに篤姫と西郷隆盛が恋仲(寸前?)というのも無理がありすぎるのでは、と……(´・ω・`)

よろしければ以下の参照記事も合わせてご覧ください。

篤姫と西郷隆盛の関係は? 史実から見て2人の間に恋愛感情は無理ありすぎ

 

【西郷どんキャラ&史実の一言情報】

西郷隆盛……名犬の噂を聞くと自ら貰いに行く程の愛犬家
大久保利通……亡くなったとき借金だらけ(国に投じてた)
勝海舟……側室多数で呆れられる
阿部正弘……人の意見に耳傾ける良き人なれど、八方美人と妬まれ
坂本龍馬……最初の新婚旅行は龍馬じゃなかった
小松帯刀……薩摩藩の家老にして、私が最初の新婚旅行です
桐野利秋……最期の戦いでシルクハットを被るシャレっ気
島津斉彬……父に「猜疑心が強い」とまで嫌われて
島津久光……西郷に地ゴロ(田舎者)と言われるが実は優秀
島津斉興……膨らみ過ぎた借金を処理するため調所を起用
明治天皇……西郷をお気に入りだった
孝明天皇……徹底的に外国を嫌い、毒殺説も残る不審な崩御
調所広郷……500万両(5000億円)もの藩借金を強引にチャラ
由羅……美人で賢いというのがもっぱらの評価
岩山糸(西郷糸子)……西郷をイケメンだとガチで思ってた
愛加那……西郷2度目の流罪のとき、徳之島へ追って渡る
篤姫(於一)……葬儀の見送りに1万人も集まるほどの人気
篤姫と西郷隆盛……西郷に攻められ、むしろ不仲
幾島……将軍家輿入れで心細い篤姫の面倒を見る
村岡局……近衛家で篤姫の面倒を見る・勤王女傑と称される
ジョン万次郎……無人島5ヶ月→アメリカ10年→最も激動
赤山靭負(赤山靱負)……「ゆき」の字が「靭」と「靱」あってややこしい
桂久武……西南戦争、出陣当日に参戦を決める
井伊直弼……井伊直政以来の「井伊の赤鬼」と恐れられ
月照……西郷どん原作ではBLのお相手・入水で死亡
大村益次郎……上野戦争の殲滅作戦で西郷もドン引き
熊本城の戦い……西郷「ワシは清正公に負けた」と無念
生麦事件……同行のイギリス人女性は坊主アタマにされ
西南戦争……政府軍は通信施設を利用、一般兵が薩摩に勝つ驚き

【参考】NHK 国史大辞典



-西郷どん感想あらすじ, 西郷どん特集

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.