歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

飛鳥・奈良・平安時代 藤原家 その日、歴史が動いた

藤原良房が皇族以外では初めて摂政に! 藤原無双の始まり始まり~

更新日:

平安時代」といわれたら皆さんは何を想像しますか?

源氏物語や枕草子などの女流文学でしょうか。
それとも平氏や源氏を始めとした武士の台頭でしょうか?
いやいや、あのスーパー一族を忘れてはいけません。

貞観八年(866年)8月19日は、藤原良房(ふじわらのよしふさ、804~72年)が皇族以外では初めて摂政(せっしょう)の座についた日です。
なんでこれが歴史的な出来事かというと、摂政という役職が特別なものだったからです。

摂政とは王様や天皇が幼少・女性・病弱などの理由で、一人で政治を行うことが難しい場合に任命されます。
日本だけでなく、古代ギリシアや中国、ヨーロッパの王室にも似たような役職がありました。
王様に代わって政治をするわけですから、とても重要な仕事です。
そのためほとんどの場合、王族や皇族がつくことになっていました。

しかし良房は名前の通り藤原氏で、天皇家の人間ではありません。
なぜ摂政になることができたのでしょうか?
実は、先日ご紹介した藤原光明子とも繋がってきます。

天平元年(729年)に光明子が初めて皇族以外の皇后になって以来、「天皇の奥さんは藤原氏から!」という習慣ができていました。
良房の妹・順子(のぶこ)も正妻(后)ではありませんでしたが、仁明天皇に嫁ぎます。

しかも、彼の奥さんは源潔姫(みなもとのきよひめ)という天皇家の姫です。
臣籍に下っていた(現在でも女性の皇族が結婚すると皇族でなくなりますがそれに近いものと考えてもOK)ので源姓ですが、仁明天皇のお姉さんに当たります。
ということは、良房と仁明天皇は二重の意味(妹の夫、妻の弟)で「義兄弟」となったのです。

これには彼のお父さんである藤原冬嗣(ふゆつぐ)が仁明天皇のお父さん嵯峨天皇の重臣として活躍した人だったので、良房も信頼されていたという理由もあります。お父さんの関係が引き継がれたのです。

ちょうど院政(退位した天皇が政治の実権を握ること)が定着しつつあった時代。
「それ、退位した意味あるの?」とかツッコんではいけません。
この時代は上皇(退位した天皇)や法皇(出家した上皇)は、天皇の後見役だったのです。会社の創業者が息子に社長を譲りながら、自分も「代表取締役会長」に居座り、秘書も個室も会社のベンツも、そして権限も握ったままというようなものです。
なので、嵯峨上皇が「良房に仕事を手伝ってもらえばいいだろう」と言えば仁明天皇も「わかりました」と言わざるを得ません。

その後、仁明天皇は急死し、その息子の文徳天皇が即位すると、良房は強引に、生後9か月の文徳の息子(清和天皇)を皇太子に即位させます。第四皇子でしたし、乳児を皇太子というのはこれまでにないことでした。

天安2年(858)に、文徳天皇が崩御すると、「清和天皇は子どもすぎるから」と、ここで一度、事実上の摂政となります。しかし、まだこのときは常識が通じたのか、清和天皇が元服(成人)したあとはちゃんと摂政を返上しました。

ところが、866年、京の大内裏(天皇が生活していた場所)の応天門が何者かによって放火されるという事件が起きます。
放火だけでも犯罪ですが、場所が天皇のすぐそばだったため大事になりました。
最初、伴善男(とものよしお)という良房のライバルが「左大臣の源信(みなもとのまこと)が怪しいですよ!」と言うのです。源信と良房の嫁さん源潔姫とは異母兄弟でした。
が、良房は「俺の嫁がこんなに可愛いわけがない。兄弟が悪いわけもない」と天皇に進言して訴えを下げさせてしまいます。

その後、良房がやったことがまたエゲツナイ。
逆に「アナタと息子さんが応天門に放火するのを見たって人がいるんですけどー?」と善男を訴えるのです。
すでに、乳児を皇太子というあり得ないことを通していた良房にとって、この程度のことはお茶の子さいさい。良房の言う通りに裁決が進み、伴善男親子は流罪になってしまいました。

もっとも、この裁定には疑問も残ります。
今やすっかり教科書からも忘れられてしまった伴氏(大伴氏)ですが、大伴家持らを輩出し、以前は藤原氏とタメを張るほどの家でした。(とある天皇の諱=本名が「大伴」だったため、臣下である大伴氏は「伴氏」と変えました)
一度落ちぶれてしまうのですが、それを盛り返したのが善男。
当然藤原氏にとっては鬱陶しくて仕方がない存在でした。
そのため、「良房が善男を失脚させるために、わざとやったんじゃ?」というわけです。

こうして邪魔者を排除した良房は、貞観八年(866年)8月19日、「天下の政を摂行せよ」との天皇の命令を引き出して、見事摂政の座につきました。

教科書的にはこのとき初めて臣下がはじめて摂政となったとされている(正史の『日本三代実録』のですが、先にみたようにその前にも摂政をやっているんですよね。

天皇にはこの後もどんどん藤原氏の姫が嫁いでいきます。
後々台頭してくる平氏や源氏も、元は天皇家から枝分かれした家なので、藤原氏と遠い親戚ということもできます。
こうなると、この後の有名人にはほとんど藤原氏の血が入っていることになりますね。
うーん、恐るべし藤原一族!




スポンサーリンク


それにしても「藤原無双」というゲームがでても売れないだろうなぁ~

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-飛鳥・奈良・平安時代, 藤原家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.