日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 浅井・朝倉家

海北友松が芸術家として名を残せたのは、浅井家が信長に滅ぼされたから?

更新日:

海北友松 父は浅井家の家臣だった

織田信長が「非情な人間」だと思われている理由の一つとして、「身内にも厳しい」点が上げられます。
ところが、詳しく調べていくとそうとも限らなかったりします。

天正元年(1573年)の8月28日、信長の妹・お市の最初の嫁ぎ先である浅井家の小谷城が落城。この後味の悪い戦の中で運命が変わった人がいます。

その名は海北友松(かいほう ゆうしょう)(1533-1615)。
実は本日の主役はこちらの方です。

彼はお父さんが浅井家の家臣でした。
三男とも五男とも言われており、食い扶持を減らすためでしょうか、幼少のころから寺に預けられました。
そうしているうちに、浅井家滅亡とともに父やお兄さんたちが皆死んでしまったため、家を再興するために40歳で還俗したといいます。
しかし、お家再興はそうそううまくいくことではありません。

友松は歯噛みし、何とか実力者と交流を持つための方法はないか?と考えました。
そこで思いついたのが、連歌や絵画などの文化的な技術を身につけ、名のある武将たちと知り合うきっかけをつくることだったのです。

 

スポンサーリンク

友の亡きがらを奪い取るカブキぶり

彼は当時広まりつつあった「茶の湯」にも親しみ、明智光秀の家臣・斎藤利三(としみつ)などの武将や東陽坊長盛(とうようぼうちょうせい)といった僧侶と親交を結ぶことができました。
特に利三とは仲が良かったらしく、光秀が滅びた後は処刑された利三の遺体を「ダチを返さんかい!!」と槍を振るって奪い去り、手厚く葬ったという説もあります。

芸術修行もしたとはいえ、やはり元は武家ですから、武家として家を再興したい。
どうしようかと再び悩む友松に、決断させたのはその頃天下人になっていた秀吉でした。
「お前、絵を描くほうが向いてそうだからそっちに集中しろよ」と。

秀吉が友松の気持ちを知っていたかどうかはわかりませんが、皮肉なことに手段が目的になってしまったのでした。
友松は納得いかなかったようですが、天下人の命令には逆らえません。
その後絵画の道に生きた友松は、数々の名画を生み出していきます。

でもやはり本望ではなかったのか「オレ、やっぱり芸術家よりも武家として生きたかったよ。年取っちゃったけど、まだどこかにチャンスないかなあ」なんてボヤキが残されています。
そんな未練を抱えていながらも、重要文化財級の絵画を描けたのですから、秀吉の見立ては当たっていたのでしょうね。

 

スポンサーリンク

友松の作品「雲龍図」はもともと建仁寺にあった

そんな友松のお墓は、京都の建仁寺というところにあります。
ここは教科書や資料集によく載っている「風神雷神図」があるお寺です。
友松の作品のひとつ「雲龍図」などは元々ここのお寺の襖に描かれたものでした。
台風でそこの建物が壊れてしまってからは、掛け軸として仕立て直され現在も残っています。

ちなみに、友松のお墓の隣には親友・斎藤利三のお墓があります。
「オレが死んだら、友達の隣に墓を作ってくれ」と言い残していたそうです。
雲竜図などの名画は、もしかすると利三の供養の意味もあったのかもしれませんね。

本望ではなかったものの、人に見出されて立派な作品を残した友松。
もしかすると、現代でもこんな人はいっぱいいるのかもしれませんね。

参考:京都国立博物館 今日は何の日?徒然日記 海北友松/wikipedia

スポンサーリンク

※TOP画像は天龍寺の襖絵(pixta)

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, 浅井・朝倉家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.