日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

水野元知の嫁さんが凄まじすぎて改易 旦那の側室に刺客を送り、夫には守り刀で斬りつけて

更新日:

友達だろうが兄弟だろうが夫婦だろうが、ケンカは長引くとこじれるもの。
先日書いた信長のように強い立場から仲裁してくれる人がいてくれればまだマシですが、そうそううまくいくとも限りません。
今回はそのうまくいかなかったパターンのお話です。

延宝八年(1680年)のあす9月8日、水野元知(もととも)という「元」大名の一人が38歳の若さで亡くなりました。

どうして「元」かというと、その13年ほど前のある事件のせいで改易になっていたからです。
将軍でいうと四代家綱の頃ですね。

何がどうして事件になったかというと、発端は奥さんとの夫婦関係。
二人とも徳川家康のお母さん・於大の方の兄弟を先祖に持つ由緒正しい家柄ですが、奥さんは於大の方のお兄さんの子孫だったため、旦那さんより高い身分でした。
奥さんのほうが身分が高いと、何かと問題が起きやすくなるのはもはやテンプレ。
うまくいったのは和宮と徳川家茂ぐらいのものでしょう。

 

高貴な奥様と浮気性の夫…テンプレすぎ

この奥さん、実名が伝わっていないのですが非常にプライドの高い方でした。
身分が高いのだから当たり前といえば当たり前でもあるのですが、それを鼻にかけて元知に辛く当たっていたようなのです。

元知も「オレが当主なんだから従ってもらうぞ!」というタイプではなかったらしく、縮こまっていたような節があります。

既に参勤交代が確立された時代で、大名の正室や子供は江戸に定住するようになっていました。
ですから顔を会わせるとしても1年おきなのですが、それでも奥さんがイヤだったと見えて、ついに世の奥様方が一番怒ることをやってしまいます。

領地の上野国安中藩(群馬県安中市)の安中城で浮気をしてしまうのです。

大名ですから側室や愛人の一人や二人いてもおかしくはないのですが、この時代、正室の許可を得ずに手を出してはいけないことになっていました。
しかし、元知は奥さん怖さに、許可をもらわずにこっそりとやってしまったのです。

加えてその浮気相手・八重(※大河の主人公とは関係ありません)は奥女中という低い身分。
これでは奥さんにバレたときの怒りようが想像できそうなものですが、元知はよほど切羽詰まっていたのでしょう。(なにに詰まってたんだ?笑)

「ワタクシという立派な身分の正室がいながら、卑しい下女に手をつけるだなんてとんでもない!」と大激怒。
バレたせいで余計江戸に戻りたくない元知は、さらにここで火に油どころか爆弾を放り込むような真似をしてしまいます。

 

スポンサーリンク

逃げまくる夫、刺客を放つ妻

大名の江戸屋敷は用途に合わせて上屋敷・下屋敷と分かれていました。
上屋敷は江戸での本宅で、正室や子供が住むところ。
大名同士の交流なども上屋敷でやっていました。
下屋敷は領国との往復中の休憩所や、火事が起きたときの避難所として使われる屋敷です。
元知も本来なら江戸にいる間は上屋敷で過ごさなくてはならないのですが、奥さんに会いたくないばかりにわざわざ下屋敷に留まってしまうのです。

これを知った奥さん、「早くこっちに来なさい! 正室であるワタクシにこれ以上恥をかかせるつもりですか!!」と催促するのですが、元知は怯えきってしまってとてもそんなことはできませんでした。
それでも仕事はしなくてはいけません。

板ばさみですっかり気落ちしてしまった元知は、「調子が悪いのでお休みをください」と幕府に届け出て、一度安中へ戻ることにしました。
参勤交代ができたあとも、藩主の不調や領地の天災のときは免除してもらうことができたのです。
元知はそれを利用したのでした。

でも、これで奥さんの堪忍袋は緒が切れるどころかはちきれてしまいます。
「ワタクシに会わないまま国へ帰るですって?もう我慢できない! 何もかもあの女のせいよ!!」
とうとう奥さんは浮気相手を殺してしまおうと計画します。

しかし、自分は江戸どころか上屋敷からも出られませんから、誰かに殺ってもらわなければなりません。
彼女は安中藩出入りの医師と懇意にしていたので、彼を使って事を成すべく一計を案じます。
白子屋お熊事件でもそうでしたが、江戸時代の医師ってロクな仕事させられてないんじゃ……。

この医師に八重へ折檻するよう命じ、元知の布団へ針を仕掛けて「八重が藩主を殺そうとしている!!」と騒ぎ立てたのでした。
そして満足な取調べもさせないまま、八重を生きたまま箱詰めのうえ川に流して殺させてしまいます。

 

スポンサーリンク

「嫁!殿中でござるぞ」

八重がいなくなった元知はイヤな予感を抱えながら、江戸へ戻ります。
そこで待っていたのは、八重を殺してもまだ収まらない奥さんの激怒振りでした。

顔を合わせるなり守り刀(武家の奥さんが帯に差してるアレ)で元知へ斬りつけ、もみ合ううちに夫婦二人揃って重傷を負うという大惨事。
唯一の癒しだった八重もいなくなり、その上奥さんには殺されかけた元知はついに自殺を図りますが、それも失敗。

ここに至ってようやく事の重大さに気付いた重臣達は、「ウチの殿様おかしくなっちゃったみたいなんです!どうしたらいいでしょうか?」と幕府へ届け出ました。
もちろん、穏便にいくはずがありません。
しかしバレる前に自ら届けたおかげか、幕府の裁決は「水野元知は発狂につき改易、及び身柄は信濃松本藩水野忠職預かり。長男の元朝には旗本とする」という比較的ゆるいものでした。
これがバレていたら、おそらく改易どころでは済んでいなかったでしょう。

そして元知自身は信濃へ移り、穏やかに過ごしたと言いたいところなのですが、亡くなったのは38歳という若さでした。
よほどこの騒動が堪えたのでしょうね……。

 

教訓:とりあえず妻の顔はたてろ

ヤキモチはともかく、後世から見ると「いやいやいや奥さんが性格キツ過ぎるせいで旦那が愛想尽かしたんだろ」とツッコミたくもなるのですが、そこは時代が時代。
正室というのはだいたい政略結婚ですから、仲がいいほうが稀でした。

三代将軍・家光のように結婚してからずっと別居で、ろくに顔を合わせないなんてケースもあったほどです。

しかしほとんどの大名は「とりあえず」正室とその実家の顔を立てて、礼儀だけはきちんとしていました。
なのに、元知はそれすら怠ってしまったのですから、奥さんが思い余るのも仕方ないといえば仕方ない……といえなくもないのです。
せめて重臣か誰かが間に入っていたらここまでのことにはならなかったかもしれませんが、みっともなくて言えなかったのかもしれませんね。
いやはや、痴情のもつれって本当にコワイ。

ちなみに、元知が発狂により改易されたことになっているのは確実ですが、そのいきさつには諸説あるためこれが真相とは限りません。
体裁を重んじる武家のこと、おそらく言えないような理由があったのには間違いなさそうですが。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

水野元知/wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 江戸時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.