日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

画・富永商太

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

関ヶ原番外編1 敗戦処理の三成の居城・佐和山城が攻められる

更新日:

9月は関ヶ原の合戦強化月間です!?

「天下分け目の関が原」の本戦は15日当日だけで終わりましたが、実質的な総大将だった石田三成はそこでは捕まりませんでした。

まずは背後にあった伊吹山に逃れ、その後右往左往しながら逃走を続けます。 この逃走ルート、ウィキペディア先生その他いろいろなところに載っているんですが、誰が記録していたんでしょうね。

逃げながら記録をつける余裕なんてなさそうですし、三成が自白したとも考えにくいような……。 それはさておき、西軍の正式な総大将は毛利輝元(元就の孫)。

まだ最強の武将立花宗茂が残っている!

立花宗茂畫像

立花宗茂畫像

彼は結局大坂城でお飾りになっていただけだったのですが、逆に言えばまだ兵力を温存しているということにもなります。 なんといっても毛利家は西国随一の大大名、単独でも3万程度の兵は動員できるはずでした。さらには、西軍最強の武将とよばれる立花宗茂も無傷でした。

三成はこれを諦めきれず、再戦しようとしていたのでしょう。
そのためにはまず居城の佐和山へ戻り、支度をしてから大坂へ向かう必要があります。
しかし、その間に家族が大変なことになっていました。 関が原の直後・慶長五年(1600年)の9月17日、石田三成の居城・佐和山城を東軍が攻め始めました。

スポンサーリンク

老人と女の守る城

 留守を守っていたのは三成のお父さん正継やお兄さんの正澄など、石田一族。
 しかしほとんどの兵は関が原へ出払っており、残っていたのは2800人ほどで、しかも、老兵や女性などしかいなかったともいわれています。
 対する東軍はといえば、損耗はしているもののまだまだ兵力には余裕がありました。 このときの先鋒は、日本史上最大の裏切り者の名をほしいままにする小早川秀秋。
(どうでもいいですが、日本史上最大の悪人・松永久秀と比べると異常なほど小物臭が漂いますね)

 約束通り裏切ったものの、もたもたしてしまったことに対して彼なりに罪悪感を抱いていたようです。
 家康はそれを知ってか知らずかそれともわざとか、秀秋や他の裏切った大名達(脇坂・赤座)に佐和山城攻めを命じたのでした。

さすが狸 

さらに狸は、佐和山の南方にある平田山に陣取り、優雅に裏切り者たちのがんばりを眺めることにしました。

スポンサーリンク

「女郎墜」という怖い地名

画・富永商太

「お父ちゃん、お兄ちゃん、すみません」画・富永商太

佐和山城は昔から近江(現滋賀県)の要所といわれていましたが、城自体はそう大規模なものではありません。
石田一家と城兵たちは一昼夜、大軍の猛攻を防ぎきり、健闘するものの、ここでまたしても裏切りにあってしまいます。

裏切ったのは一緒に篭城していた三成の近臣である長谷川宇兵衛守知(もりとも)という武将。 実はこの人、もともと東軍側から送り込まれた間者であったとも。

そして城外の小早川隊と連絡を取っていたため、城内の様子は筒抜け、さらには城の中へ手引きして内側から佐和山城を落としたのでした。 内通者がいるなんて予想もしていなかった石田家は追い詰められ、三成の帰還までもたず、翌18日、一族揃って天守にのぼって自害を余儀なくされます。『慶長記』には「天守の上の重より火見え候」と書かれています。

女性たちは敵に辱められるのを恐れて、本丸直下にある谷に身を投じたといううわさ話から、この谷は今でも「女郎墜(じょろうおち)」や「女郎ヶ谷」と呼ばれているんだそうです。ひえぇぇぇぇ

源義経や楠木正成のようにブッ飛んだ戦法を思いつける人がいたらまた違ったのでしょうが、生真面目かつ元々武士ではなかった石田一族には無理ゲーにも程があるというもの。

ひこにゃんの城から見える佐和山

佐和山落城により、西軍が盛り返すチャンスは完全に消えてしまったのでした。 話は変わりますが、この佐和山城が具体的にどこにあったかご存知でしょうか。

実は某ゆるキャラ「ひこにゃん」で有名な彦根城の目の前、直線距離にして数キロ程度のところなのです。
三成は戦と人付き合いは下手でしたが、内政は得意だったので領民からは慕われていました。
しかし、徳川が勝ったからにはいつまでも三成を懐かしまれていては困る……ということで、佐和山城は徹底的に破壊されてしまったのです。
今はごくわずかに城の痕跡が残るのみで、建物らしい部分はほとんど残っていません。

さすが狸(3回目)やることがねちっこい。

ちなみにこれで無事家康の機嫌を取れたかと思われた小早川秀秋は、2年後に20歳で死んでしまいます。

三成の祟りだとか大谷吉継の呪いだとかいろいろ言われていますので、当時の人から見ても秀秋のやったことは許しがたかったのでしょうね。
家康が寝返らせたんだから庇ってやれよ、という気もしますが、最初から使い捨てにするつもりだったのかも……?
さすがたぬ(ry

スポンサーリンク

参考文献





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.