その日、歴史が動いた 仙石家

センゴクこと仙石秀久が九州の地に降り立ち、そして逃走す!

更新日:

天正十四年(1586年)9月18日、豊臣秀吉の家臣・仙石秀久が薩摩の島津討伐の軍監として着陣しました。

昔は石川五右衛門を捕まえた逸話で知られ、現在はヤンマガの漫画『センゴク』主人公として戦国ファンにはお馴染みですよね。

【軍監】というのは軍の監督で、総大将が来るまでの代理ともいえる役職。
例えば、関ヶ原の戦いで東軍の軍監を務めたのは、本多忠勝井伊直政でした。

仙石秀久は、豊臣秀吉が木下藤吉郎だった頃からの仲で、実際に勲功も上げていたためこの重職を任されたのです。

しかし、相手は一族の結束と剛勇さで鳴らした島津家。
兵数で勝っだからといって必ず勝てる相手でもありません。

なんせ豊臣軍も複雑な状況を迎えておりました。

豊臣軍中核である長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)と十河存保(そごうながやす)は、ちょっと前まで四国で覇権を争っていた元敵同士。
感情的にうまく行くはずがありません。

こんな編成にした秀吉にも問題があるというか、無いというか……。

 

「待て」ってことは「攻めろ」ってことだよね

秀吉も無策ではなく、
「ワシも後から行くから、お前達は持久戦に徹して待っているように」
という命令をしています。

これを秀久は
「関白様が来る前に手柄を立てなければ!」
と間違った方向に責任感を発揮してしまうのです。

そして命令とは真逆に
「長宗我部さん十河さん、オレたちで島津を倒しましょう!」
なんて調子でけしかけるのでした。

戦況を理解していた元親と信親(元親の長男)は引き止めます。

「いやいやアンタ何言ってんの、待てって言われてるんでしょ!?」
と、これに存保が賛成したため秀久の意見が通ってしまいます。

 

戸次川の戦い

この後に起きたのが島津討伐最大の激戦・戸次川の戦い(へつぎがわ)です。

真冬の渡河中という最悪の状況で島津軍に奇襲をかけられた上、お得意の「釣り野伏」にかけられた豊臣軍はあれよあれよという間もなく包囲・殲滅されてしまいます。

元親はこの日、後から出陣する予定だったので退却できましたが、先鋒隊に入っていた信親と存保が乱戦の中で討ち死にという最悪の結果に陥りました。

長宗我部信親 戸次川の戦いで「俺は討死する」センゴクの大失態で起きた悲劇

天 ...

続きを見る

この大敗を受けた長宗我部家と十河家のその後の運命は悲惨の一言。
長宗我部家では有能な嫡男を失った元親が末っ子(後の盛親)に家督を継がせるという奇策を強行し、大坂の陣で滅びてしまいます。

十河家は存保の子供に所領の相続が認められず、大名家としての地位を失いました。
長宗我部家のほうはずっと後の話ではありますが、結果的に味方の大名家を二つ滅ぼすというウルトラCぶりです。

秀久よ、あなたはホープダイヤですか……。

※ホープダイヤ=所有者を次々不幸な死に様に追い込んだとされる呪いのダイヤでマリー・アントワネットも持ち主の一人だったとか……

 

大分からうどん県まで逃走 って逃げすぎ

この事態を招いた秀久はどうなったか?

というと、なんと一人で逃げに逃げてしまいます。
それもただ退却というより逃走と言ったほうが相応しいような逃げっぷり。

戸次川は豊後国(大分県)にあるのですが、最終的に所領の讃岐国(香川県)まで勝手に退却してしまいました。

よほど恐ろしかったのでしょうが、当然武士としては失格。
軍監のぐの字も覚えていなかったことでしょう。

もちろん秀吉は大・大・大激怒。

「待ってろって言ったのに、関白の顔に泥を塗りやがったなこのアホが!お前なんざクビだクビ!頭丸めて二人に詫び続けろ!!」

こうして秀久は所領没収・改易の上、高野山へ追放されてしまいます。

 

マジで漫画!挽回だらけの生涯

が、秀久のすごいところはここから。
一度は頭を丸めて大人しくしていたのですが、天正18年(1590年)の小田原征伐には豊臣軍へ帰参するのです。

地元で兵を集めたり、徳川家康に取り成してもらったり。
いろいろ根回しも頑張ったようですね。

しかも秀吉好みの派手な服装で、自ら槍を振るって武功を上げるというやる気を見せました。

これを気に入った秀吉は、あっさり秀久を許します。

小田原征伐では、こういう再チャレンジを図った元秀吉の臣下が多数いたのですが、中には秀吉から逆切れされて、処刑されたりしたカワイソスな人もいます。その違いってなんなんでしょうね~。

 

うどん県から小諸そばへ異動

さてさて、新しく信濃国小諸(長野県)に領地をもらい、見事、秀久は大名へ復帰します。

ちなみにその後、秀吉が亡くなった後。
秀久は徳川家へ接近します。

徳川秀忠が関が原に遅刻するきっかけとなった、真田氏との上田城の戦いにも参加していますので、ここまでにそうとう接近していたと見ていいでしょう。
攻めあぐねる様子を見て「私を人質にして先へ進んでください!」とまで言っているくらいです。

この案は「譜代の家臣だったらともかく、お前じゃ城側が納得しないだろう」ということで却下されてしまいましたが、秀忠にはいたく気に入られました。
それまでの経緯はアレですが、この「権力者の好みをつかむ」才能は天性のものでしょう。

実際、江戸幕府ができてからは、初代小諸藩主として大名の地位を保っております。

どん底から見事に復活したのはスゴイですが、長宗我部家と十河家のことを考えるとやっぱりアレがアレでごにょごにょ。

長月 七紀・記

【参考】
織田信長家臣人名辞典(吉川弘文館)』(→amazon link
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon link
国史大辞典
仙石秀久/wikipedia

 



-その日、歴史が動いた, 仙石家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.