日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

和気清麻呂に対する罰則は「別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)」に改名……って、中学生か!

更新日:

皇位簒奪のゴタゴタに巻き込まれて

日本の皇室は現在、世界最古の王朝として知られています。
伝説上は2600年超、記録上でも1500年以上続いているのは確実だそうです。一つの皇室・王室が途中で途切れることなく続いている例は他にありません。そりゃ、男の子が生まれなかったら問題視されるわけです。

しかし、皇室も1500年間ずっと安泰に続いてきたわけではありません。
皇位を奪おうと企んだらしい?人は歴史上何人もいます。
足利義満とか織田信長がそうだったんじゃないかといわれていますね。今回はその二人よりずっと前の、皇位簒奪騒動のお話です。

神護景雲三年(769年)の9月25日、和気清麻呂(わけのきよまろ)という貴族が皇位継承騒ぎのとばっちりで流罪になりました。

この元号は「じんごけいうん」と読みます。四文字の元号は奈良時代に半世紀ほど使われていましたが、その後は使われなくなりました。
理由はハッキリしていませんが、元号は縁起の良い字を意味が通るようにつけなくてはいけないので、多分めんど……ゴホン、後世使える字を残しておこうということになったのかもしれません。

【TOP画像】和気清麻呂/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

藤原氏のゴリ押しが凄まじい件について

それはさておき、なぜ清麻呂は流罪になってしまったのでしょうか。
「またかよ!」と言われそうですが、痴情のもつれが原因かもしれない……と言われています。
当コーナーでこの手の話はいったい何回目でしょうかね。
いやいや、それだけ事の始まりはくだらないものだという教訓に……なるのかな……。

事の始まりは当時の天皇と、側近であった僧侶の関係にあります。
時は称徳天皇の時代。
この方は史上唯一の「女性皇太子」から天皇になった人でした。
藤原氏の血を引いていたため、外戚として権力を握り続けたい藤原氏が無理やり女性皇太子につけたのです。
さすが藤原氏、汚い。
最初は孝謙天皇として即位し、その後適した人物がいなかったため再度名前を変えて皇位につきました。
途中で譲位しているので上皇の時期もあるのですが、ややこしいので「称徳天皇」で統一します。

基本的に皇位につくのは天皇の男系男子のみ。
これはどこの国の王様でも基本ですが、皇室の場合「天皇が行う神道の儀式では女性が行えないものが多々ある」という理由もあります。
他の女性天皇もそういった儀式は中止していたそうです。
しかし、神道のトップでもある天皇がそうそうずっと儀式をしないわけにもいきません。
ですから、女性天皇というのは悪い言い方をすると「その場しのぎ」なのです。
その場しのぎを二回もやった藤原氏やっぱり汚いぞ汚い。

と、ちょっと言い過ぎたかもしれないので、古代の女性天皇をここでずらっと。結構いますね。
【飛鳥時代】
推古天皇 (33代)
皇極天皇 (35代) 同じ人  斉明天皇(37代=元祖、2回やった天皇)
持統天皇 (41代)
元明天皇(43代)
【奈良時代】
元正天皇(44代)
孝謙天皇(46代) 同じ人  称徳天皇(48代)

 

スポンサーリンク

奈良時代のラスプーチン登場!

さて、その称徳天皇、最初のうちは父親である聖武天皇や母親の光明皇太后の後見もあり、何とか仕事をこなしていました。
しかし両親が相次いで亡くなり、本人もショックで病に陥ってしまいます。
特に光明皇太后に対しては「母の看病したいから私、天皇辞めるわ」と言って譲位してしまったほどですから、本当に仲の良い母娘だったのでしょう。
そんなお母さんが亡くなってしまっては、衝撃の程も伺えます。

病に伏せる彼女の治療に当たったのが、道鏡という僧侶でした。
彼の祈祷により、称徳天皇の体調は回復します。
頼りにしていた両親が亡くなて気落ちしていたところに、病気を治してくれて頼りになる人が現れたのですから、称徳天皇は道鏡に全幅の信頼を置きました。
お隣の帝政ロシアにもいましたね、そんなラスプーチンな人。
時代が1200年くらい違いますが、そんな先取り嬉しくないって!

このころの皇女は未婚が多かったのです。男子の皇太子が大きくなるまでの「つなぎ役」であったり、伊勢神宮に奉仕する斎宮(さいくう)となるためだったり。
源氏物語でも不幸な結婚をした皇族の女性に対し「未婚のままでいらっしゃれば、こんな辛い思いをしなくて済んだでしょうに」というようなくだりが出てきます。

つまり、基本的に男性とは免疫が少ない状態だったということです。
案の定、称徳天皇は異常なほどに道鏡を重用します。
そこに恋愛感情があったかなかったかはわかりませんが、この状況が面白くないのは当然藤原氏。
反乱を起こしてみたりもしますが、あえなく鎮圧されてしまいました。
その間にも道鏡の出世は止まりません。
僧としては最高位の法王にまで上り詰めます。
ちなみにキリスト教は関係ありません。法王というのは仏教用語なので、キリスト教のカトリックを「ローマ法王」ではなく「ローマ教皇」と呼んで、とアピールしているくらいです。

出世振りは道鏡本人だけでなく、その家族もでした。
道鏡の弟にいたっては、あっという間に大納言まで昇進してしまいます。
大納言がどのくらいエラいかというと、官位の順番でざっくり言えば上から四番めです。
この上は太政大臣(平清盛とか藤原道長とか)・左大臣・右大臣(藤原不比等とか)の大臣しかありません。
大した功績もないのにたった8年でそこまで位が上がったのですから、ますます藤原氏その他からはやっかみを買うことになります。

 

「天皇は道鏡さまにと、こちらの神様がいっています」

しかしその空気が読めないというか、空気を読みすぎたというか、とある九州の人物(名前が読みづらいので省略・中臣習宜阿曽麻呂なんて読めるか!)がとんでもないことを言い出すのです。

称徳天皇に「道鏡を天皇にすれば、日本が平和になるって神様が言ってました!」なんてアホな報告でした。
どう考えても「道鏡が天皇になればオレも出世できるぜククク」という本音が透けて見えます。
この時点で皇室は200年以上続いていますから、そう簡単に皇位を渡すわけにはいきません。

称徳天皇も怪しんだようで、旧知の仲だった尼僧を確かめに行かせようとしました。
しかし彼女が病弱だったため、代わりに選ばれたのが弟の清麻呂だったのです。
清麻呂はナントカさんがお告げを受けたという宇佐神宮(大分県)に行き、違う託宣を持って宮中に帰りました。
その内容は「そんなアホなこと言っているやつを排除せよ。皇位は皇族が継ぐものである」という至極まっとうなもの。

宇佐神宮

「神様はなにもしゃべらなかったので、おいらが作文しました」

しかし、この託宣を受け取った経緯が問題でした。
神様は清麻呂の前に出てきてはくれたそうなのですが、もう一度お告げをすることは拒んだというのです。
つまり、清麻呂が持って帰ったお告げは清麻呂が考えたニセの託宣ということになります。
もしこれが本当なら、こんな記録が残っちゃってる時点で清麻呂の詰めの甘さが出ている気がしますが……はてさて。

そしてでっちあげがバレたのか、単に道鏡を皇位につけたかっただけだったのかよくわかりませんが、怒った称徳天皇は(自分で派遣したくせに)清麻呂を流罪にしてしまったのです。
しかも大隅(現・鹿児島県)に流し、別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)といういかにも汚そうな名前に改名させた、なんて無駄な手の込みよう。
さらに、お姉さんの尼僧まで別部広虫売(わけべのひろむしめ)という名前にさせられてしまいました。
ここまでくるとヒステリーっぽい感じがしますね。ヒストリーですけどHAHAHA。
……すいません。

でっちあげはともかく、こうして皇位は守られました。
その翌年、称徳天皇は再び病に倒れ、道鏡は今度は近付くことを許されず失脚します。
そして称徳天皇崩御の後、清麻呂は罪を許されて仕事に復帰しました。
いろいろありましたがめでたしめでたし、というところでしょうか。

スポンサーリンク

さて、後日談。
悪名名高い道鏡さんですが、愛する?女帝なきあとに関東地方のお寺(栃木県の下野薬師寺)に飛ばされるんですが、当地では実にすばらしい名僧だったという伝承が残っているのです。本当に悪役だったのでしょうかね~。

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.