日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

小泉八雲の旧名をご存知? 英国人ラフカディオ・ハーンが怪談を書くまで

更新日:

 

本名はラフカディオ・ハーン モンゴル人じゃありません

多分どこの国の人でも同じだと思われますが、自分の国を贔屓してくれる外国人の話って何だか和みますよね。
最近はまとめサイトや動画で「お前もう日本人だろ!w」みたいなページが話題になってたりしますし。
実は、そのハシリ?ともいえそうな人が明治時代にやってきていました。

明治三十七年(1904年)の9月26日、日本に帰化して小泉八雲と名乗っていた作家、ラフカディオ・ハーンが亡くなりました。
「怪談」で有名な人ですが、実は日本語はさほど得意ではなかったようです。

小泉八雲/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

ギリシャ生まれアイルランド育ちアメリカでジャーナリスト 

彼は1850年に現在のギリシア領・レフカダ島で生まれました。
当時はイギリス領だったので、国籍的にはイギリス人ということになります。
血筋的にはお父さんがアイルランド人、お母さんがギリシア人なのでハーフですね。

そして2歳の頃アイルランドのダブリンに引越したのですが、お母さんが病気になってしまったため、両親が別れてしまいました。
その後、彼は親戚の家でカトリックの影響を受けて育ちます。
しかし、預けられた先がかなり厳しい家だったようで、かえってキリスト教が嫌いになってしまったとか……。
ファーストネームの「パトリック」(アイルランドの守護聖人の名前)をあえて使わなかったくらいですから、よほどトラウマになっていたのかもしれませんね。

1859年にはアメリカに渡り、学校を出た後はジャーナリストとして働きます。
本の評論から報道記事まで、幅広いジャンルを書くことができたそうです。
ライターとしては実に羨ましい限り。

 

スポンサーリンク

改名後は東京大学の人気講師に 

来日したのは、1890年(明治二十三年)のことでした。
アメリカの出版社の人間として来たのですが、そこですっかり日本が気に入ってしまったらしく、会社を辞めて日本に移り住みます。
ちょうどネイティブの英語教師があちこちで必要とされていた時期でしたので、需要と供給がマッチしたということでしょう。

そして翌年、日本人の小泉セツという女性と結婚した後は日本のあちこちへ引っ越しながら、日本文化をいろいろ見聞します。
帰化したのは意外にもっと後の話で、1896年(明治二十九年)のこと。
このとき名前を小泉八雲と改め、東京帝国大学(現在の東京大学)の英文学講師を勤めます。
ちなみに八雲が1903年に退職した後、あの夏目漱石が後任になりました。
が、あまりにも八雲の評判が良かったため、転科した学生もいたそうです。
それじゃ漱石も胃痛になるわけですね。

 

地球を半周して日本に骨を埋めるなり 

「怪談」が出版されたのはさらに後の話で、死の直前でした。
タイトルからだと想像しにくいですが、実は「怪談」の原文は英語で書かれています。
日本人ならあらすじを知っている話が多いですし、英語の勉強にいいかもしれませんね。

そして同年3月には早稲田大学の講師になっていたのですが、半年程で狭心症により亡くなりました。
葬儀は仏式で行われ、戒名もついています。
八雲の写真を見ると、本当に西洋人なのか疑わしいくらい和服が似合っていますから、おそらく死んだ後も日本人として扱ってもらいたかったのでしょう。しっかし、ギリシアで生まれてアイルランド、アメリカ、日本って……ほぼ地球半周じゃないですか。
これだけ違う国に住んだことがある人が、最後に日本を選んでくれたというのは何だかくすぐったいような嬉しいような。
来日後、友人に宛てた手紙の中でも日本を大絶賛していますし、ここまで日本に惚れ込んでくれた外国人は本当にありがたいことです。現代にたとえるなら、ラモス瑠偉とかジローラモさんとか、ボビー・オロゴン?違うか。
八雲は「怪談」の他にも当時の日本を事細かに観察した本をいくつか書いています。大正浪漫ならぬ明治浪漫を感じたい方は手にとってみてはいかがでしょう?

 

スポンサーリンク

【TOP画像】小泉八雲/wikipediaより引用
参考:今日は何の日?徒然日記 雑学の世界

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.