日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

西郷どん特集 その日、歴史が動いた 幕末・維新

人斬り隊長「斎藤一」が学校の守衛さんに!? 新撰組3番組隊長の意外な戦後生活

更新日:

新撰組といえば濃ゅい……いやいや、個性の強い隊員が勢ぞろいしていますよね。
中でも異色の経歴を持っているのが斎藤一(はじめ)。
彼の最期がいつだったかご存知ですか?
実は幕末の戊辰戦争ではなく、明治時代でもなくもっとずっと後、大正時代に入ってからのことなのです。

大正四年(1915年)のあす9月28日は、元・新撰組の三番隊組長だった斎藤一が亡くなった日です。

長男をもとにかかれた肖像画(Wikipediaより)

長男をもとにかかれた肖像画。スポック船長ではございませぬ(Wikipediaより)

江戸幕府の崩壊と共に新撰組はばらばらに逃げることになりますが、斎藤は戊辰戦争で会津若松城に入り、城が降伏しても戦い続けていました。
松平容保(かたもり)の説得でようやく抵抗をやめたそうです。
やる気ありすぎます。

会津藩の青森・斗南への改易に伴って、斎藤は新しくできた斗南藩に仕えました。
この頃、白虎隊士の遠縁に当たる女性と最初の結婚をしています。
仲人は容保や会津藩の家老が務めたそうなので、上司との関係も良かったのでしょうね。
このとき「藤田五郎」と改名していますが、ややこしいので記事の中では斎藤で統一します。

八重の親友と二度目の結婚、リア充すぎる

しかし、このときの奥さんとは、明治七年(1874年)に上京するまでの間に別れてしまったようです。
その後、高木時尾という別の女性と再婚しました。
この時尾さん、実は新島八重さんの親友だったとか……意外なところで繋がるものですね。
斎藤の子供はこの二人めの奥さんとの子供です。

そして警視庁に採用され、警官になりました。
数年前には敵対していた政府の人間になるまで、どんな葛藤があったのでしょうね。
なんと、西南戦争にも参加しています。
負傷しながらも大砲を奪ったりなど大活躍したそうで、賞金と勲章をもらうほどでした。
西南戦争に参加した警官隊の中には、戊辰戦争で薩摩に恨みを持っていた人が多くいたといいますから、斎藤ももしかするとそのために参戦したのかもしれませんね。

その後明治二十四年(1891年)に警視庁を退職しました。
このとき47歳でした。

余生のつもりだったのか、退職後は東京高等師範学校(筑波大学の前身になった学校)の守衛さんをしたり、東京女子高等師範学校(後のお茶の水女子大学)の庶務・会計という大人しい仕事をやっていました。
元人斬りの守衛さんとかなにそれこわい。
東京高等師範学校では、剣術の師範もやっていたそうです。
るろ剣のビジュアルで想像した日にゃあもう……gkbr。

スポンサーリンク

 座禅したまま死す

そんな斎藤も寿命には勝てませんでした。
直接的な死因は胃潰瘍だったそうです。
しかしその最期は、床の間で結跏趺坐(けっかふざ)という座禅の時にする座り方で……という超然としたものでした。
戦国武将とか軍人とかみんなそうですが、新撰組時代は暗殺・その後は戦で何人も人を殺したであろう斉藤の最期が、座禅をしながらという超人すぎて興味深いですね。

亡くなったのは東京でしたが、斎藤のお墓は会津若松市に作られました。
阿弥陀寺というお寺にあります。
場所を調べてみましたが、意外と最寄り駅から近いようです。
JR只見線七日町駅の目の前といってもいいくらい。
ここは会津若松城の一部「御三階」が移築されている場所でもあり、目玉が二つというところでしょうか。
福島方面へお出かけの際は、立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

参考:会津若松観光ナビ

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-西郷どん特集, その日、歴史が動いた, 幕末・維新
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.