日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

アーク灯の設置された日本電気協会HPより

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

文明開化の象徴「ガス灯」を巡るビジネス戦争の勝者は?

更新日:

3.11ではありとあらゆるところに被害が出ましたが、その中で隠れた問題になったのがオール家電住宅。
電気が止まると何もできなくなってしまうという最大の弱点が浮き彫りになりましたよね。
ここで巻き返しを図っているのがガス業界ですが、果たして以前ほどに戻るかどうか……?

文明開化の頃にもそんなエネルギー競争がありました。
明治五年(1872年)9月29日、日本初の「ガス灯」が横浜に設置されたのです。

オレも!オレも!と石油ランプも名乗りをあげる 

「ガス灯とは何ぞや?」

文字通りガスを使った街灯のことで現在と同じようにガス管を地下に通し、工場から街灯までガスを送って火を点し、明かりにしていたのです。
ただ、今のようにコンピューターで制御して火をつけたり消したりすることはできませんでしたから、「点灯夫」という火をつけてまわる仕事の人が一つ一つ点灯する必要がありました。
「星の王子さま」なんかにも出てきますね。
なかなかレトロでロマンのあるお仕事です。

ガス灯

造幣局に設置された1871年当時のままのガス灯/wikipediaより

しかし一斉にガス灯へ切り替わったわけではありません。
新しきはハードディスクvsブルーレイ、古くはVHSvsベータ(古すぎ?)のような家電同様、他の照明器具も名乗りを上げてきます。

まずは江戸時代も使われていた油によるもの。
それまでは行灯(化け猫が舐めるヤツ)などでしたが、これからヒントを得て石油ランプが作られました。
ガス灯にやや出遅れる形ではありましたが、日本橋付近に設置されこちらも夜の街を明るく彩ります。
石油ですから臭いも結構すごかったようですが、その明るさに惹かれた人が多かったのでしょう。
次々に「ウチの近所にも石油ランプを!」ということで需要が増していきます。

スポンサーリンク

アーク灯も登場 1時間の照明コストは3,000円! 

とはいえ、ガス灯側も負けてはいられません。
工事を急ぎ、明治九年(1876年)には台数で石油ランプを追い越します。
これでガス灯の完全勝利……といいたいところですが、ここで新たな照明器具が名乗り出てきました。

その名はアーク灯。
電球照明の前身ともいえる、電気を使った照明器具です。

アーク灯の設置された日本電気協会HPより

アーク灯の設置された日本電気協会HPより

光が強すぎるからという理由で色つきガラスを使わなくてはならないほど、明るさは群を抜いていました。
ただしお金がかかりすぎるという理由で、当初はなかなか広まらなかったようです。
どのくらいかかるかというと、明治十五年(1882年)の時点で一時間15銭。
ざっくり現在の貨幣価値に換算すると、3000円くらいになります。
もし一晩中点したとしたら……ギョエー!

それでも、一台あたりの明るさではやはりガス灯や石油ランプの比ではありませんから、お金のある大都市圏に少しずつ広まりました。
そしてコストが発電設備の充実によって徐々に改善されていきます。
アーク灯無双の始まりです。

スポンサーリンク

その頃、アメリカではGEが生まれようとしていた

一方その頃、太平洋の向こう側でまさに歴史が動いた発明をした人がいました。
「バカと天才は紙一重」の見本、トーマス・エジソンです。
※エジソンは子供の頃、物が燃える理由を確かめようとして自宅の納屋を全焼させたことがあります。はたから見れば……。
彼はその頃発明されたばかりの白熱電灯を改良し、より実用的なものにしたのです。

エジソンは自身の発明をもとに会社をたちあげました。それが現在でも世界中に影響力を持っているゼネラル・エレクトリック、通称GEです。
日本の原発なんかも、GE製のものが入っており、福島第1原発にも採用されていたことで知られますね。キング・オブ・アメリカみたいな企業です。

そのGE創設者のエジソンが電灯を改良し、明治十九年(1886年)に日本に入ってきたことにより、照明競争は電力会社とメーカーの圧勝に終わりました。
でも、観光名所などではガス灯が残っているところもありますし、山奥の旅館なんかでは石油ランプも健在ですね。

たまには電気以外の明かりも風情があっていいものです。

ガス灯3

朧気に夜を照らすその姿、風流なり/wikipediaより

 

 

 

参考

スポンサーリンク

http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2006/09/post_2b1a.html
http://books.google.co.jp/books?id=kfy2UIPxNUIC&pg=PA24&lpg=PA...
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97_(%E7%85%A7%E6...
http://www.tanken.com/dento.html
http://manabow.com/zatsugaku/column06/2.html

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.