日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

かたや薩摩ではチェストー!の時代に、江戸では酒の飲み比べ大会【その日、歴史が動いた】

更新日:

読書の秋、行楽の秋、食欲の秋などなど、秋はいろんなことが捗る季節。
呑み助にとってはひやおろしやボジョレー・ヌーヴォーなど、新酒の秋でもありますね。
江戸時代の人もそうだったのか、秋に行われた和やかな呑み比べ大会の話が伝わっています。

文化十二年(1815年)の10月21日、江戸・千住で酒合戦という呑み比べ大会が開かれました。
町内の中屋六衛門という人の還暦祝いだったそうです。
江戸時代は飢饉や疫病、地震に大火事と災害続きでしたから、六十まで生きられる人は珍しかったんですね。
「こりゃめでたい、皆におすそ分けして盛り上がらなくては!」というわけです。
世は子沢山将軍・徳川家斉(いえなり)の時代。
周辺の海では外国の船がうろちょろし始めていましたが、まだまだ国内は平和だった頃ですね。

御家人が記録していたり、亀田鵬斎(かめだぼうさい)や谷文晁(たにぶんちょう)といった文化人が参加していたりと、ある程度身分問わず参加できて和やかな会だったようです。
しかし、このとき使われた杯のサイズがスゴイ。
6種類あって、容量ごとに名前がついているのですが……。
小さい順にみてみましょう。

・厳島杯(5合)
・鎌倉杯(7合)
・江島杯(1升)
・万寿無量杯(1升5合)
・緑毛亀杯(2升5合)
・丹頂鶴杯(3升)

長寿のお祝いらしく、めでたい名前がついてますね。鎌倉と江島は謎ですが。
1合が約180mlで1升が約1.8Lですから……一番小さいので900ml、最大で5.4Lくらいでしょうか。
そんなもんでガブガブ呑める人がいたのかというと、いたんです。しかもたくさん。

江戸の日本酒は水割りだった

というのも、この時代のお酒は現代のようにそのまま呑むものではなく、割り水をして呑むのが当たり前でした。
アルコール以外の成分が多く、そうしないと雑味がひどくて呑みづらかったそうです。
薄くしすぎて「これじゃ金魚が泳げそうだw」なんて言われることもあったとか。
戦国時代や江戸時代が舞台の小説を読んでいると、朝食に酒が出てくることがありますが、これなら確かに呑んでも酔わなさそうですよね。
呑んだ量は多くても、おそらくアルコールの摂取量としては現代とさほど変わらないのではないでしょうか。

話は戻りまして、千住の酒合戦では我こそはという酒飲みの老若男女が総勢百名以上集まり、二組に分かれて酒量を競ったそうです。
一人ずつ出てきて、より多く呑めたほうが勝ちという方法でした。
結構時間かかりそうですね。

スポンサーリンク

江戸の飲み会は女性も参加!

メンツもなかなか濃ゆいです。
30~40代の働き盛りの男が多いかと思えば、60歳を越したご老人もいました。
女性もけっこう参加していたようで、「鎌倉杯・江島杯でずっと呑んでた」「万寿無料杯でも酔わなかった」「緑毛亀杯空けた」という記録が残っています。
一昔前は「女が酒を飲むなんて!」みたいな風潮もありましたが、そのまた昔は普通にガンガン呑んでたんですね。
きちんとつまみも用意されていたようですし、死人が出たという記録もありませんから、皆無理のない範囲で楽しんでいたのでしょう。
最多記録の人は7.5升(=13.5L!)呑んだとか。
途中でトイレ行ったんでしょうけど、お腹たぷんたぷんになりそうですね。

こうした酒合戦は特に江戸時代に多く行われ、庶民の娯楽となっていました。
災害の多い江戸時代、大勢であまりお金をかけずに楽しめる場として重宝されていたのでしょうね。
ただ、「優勝者が昏睡したあと水をガブ飲みしてようやく復活した」「大量に飲んだヤツが倒れて翌朝まで起きなかった」なんて記録もあるので、やっぱりお酒はほどほどにしといたほうがよさそうです。
現代のお酒でそのままやると間違いなく急性アルコール中毒になりますので、良い子も悪い大人も真似しちゃダメですよ!

長月七紀・記

スポンサーリンク

参考:http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2009/10/post-da78.html
http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=273





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.