日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

「君が代」トリビアメドレー!【その日、歴史が動いた】

更新日:

 

日本の国歌・君が代。
実は歌詞ができた年代と、曲(メロディー)がついた年代がまったく違うのをご存知ですか?
明治十三年(1880)の10月25日は国歌としての君が代が初めて試奏された日ということで、君が代に関するトリビアをまとめてみました。

元は古今和歌集

君が代の歌詞の元になったのは、平安時代の古今和歌集の「我が君は 千代にやちよに さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで」という歌でした。
古今和歌集の「賀歌」という巻に収められているもので、長寿を祈る歌として長く語り継がれてきたのです。
それも京都周辺だけでなく、日本全国で。
特に薩摩では「薩摩琵琶」という弾き語りの一形式と結びつき、「蓬莱山」という歌の中に組み込まれて親しまれていました。
この間にはじめの「我が君は」が「君が代は」という婉曲的な表現になったのでは?と言われています。

スポンサーリンク

薩摩の大山巌「巌となりて。イイネ」

明治になって、この部分を直接選んだのは、後の陸軍大将・大山巌でした。
彼も薩摩出身ですから、薩摩琵琶も蓬莱山の歌もよく知っていたでしょう。
「君が代~」は蓬莱山の出だしではありませんから、よほど印象に残っていたのでしょうね。

国歌を作ることを勧めたのは、当時イギリス公使館にいたジョン・ウィリアム・フェントンという軍楽隊の隊長だったそうです。
「これから世界に出て行くのに、国歌がないと式典で困っちゃいますYO!うちの『女王陛下万歳!』みたいなの作っておきなYO!」というわけです。
まだ憲法ないのに国歌制定を勧められるって、今考えるとスゴイ感覚ですね。
イギリスは成文憲法ないから気にならなかったんでしょうか。

そこで大山が「君が代」を歌詞に決めた後、最初フェントンが曲をつけてくれたのですが、日本人にとっては歌いづらいメロディーだったそうでボツられてしまいました。
彼はアイルランド出身でしたから感覚も独特だったでしょうし、まだ日本人が西洋の音楽に慣れていないというのも理由でしょうね。
そこで、宮内省の雅楽担当者がメロディーをつけ、フェントンと入れ替わりに来日したフランツ・エッケルトというドイツ人の音楽家がハーモニーをつけて完成となりました。
最近は「歌いづらい」という人も多いですが、それだけ日本人が西洋の音楽に慣れてしまって、雅楽など日本古来の音楽から離れてしまったということになるのでしょうかね。
ちょっと寂しいような気もしますが、その分式典やスポーツの試合前で選手が歌っているのを見ると厳かな気分になれる……かも。

スポンサーリンク

君とは誰か?

ところで、何かと物議を醸す「君が代」の歌詞ですが、これは古語特有の曖昧さゆえのことでしょう。
古語では現代語と同じ単語に見えても、意味が全く変わるのは珍しい話ではありません。
例えば「背」。
現代では「背中」や「後ろ側」という意味ですが、古語では女性が旦那さんや兄弟へ呼びかける言葉だったのです。
ちなみに反対は「妹」(いも)。
古代は兄妹婚が多かったでしょうから、その名残ですかね。

それと同じように「君が代」を考えてみると、大きく分けて二つの解釈ができます。
「君」という言葉には、「主君・貴人」と「恋人」という意味があるからです。
前者の場合は「天皇陛下の治世が永く続きますように」、後者であれば「恋人が健康に長生きしてくれますように」というところでしょうか。
明治政府としては前者の意味でこれを選んだのでしょうが、この和歌本来の意味として考えると、後者であっても全くおかしくはありません。

A日新聞「君が代は軍国主義!」フランス「血まみれの旗~」

どっちにしろ、他の国(特にヨーロッパ)の国歌と比べればかなりおとなしい歌詞ではあります。
フランスの「ラ・マルセイエーズ」は「血まみれの旗が掲げられた」とか「敵の母親なんぞブッkrせ!」とか出てきますからねえ。
フランス革命のときにできた歌詞らしいので、時代的に仕方ないのかもしれませんが。
最近はさすがに「もう時代とあってなくね?」という意見も多いようです。
アフガニスタンやインドなど、多民族の国では各民族名や地方名を織り込んでいる国歌もありますね。
日本はほぼ単一民族ですし、明治時代までは他国と大々的な戦争をしたこともありませんでしたから、こういう歌詞になったのではないでしょうか。
イギリスの「女王(国王)陛下万歳」と似た詞を引っ張ってきただけとかまさかそんなオチはないですよねHAHAHAHA!

長月七紀・記

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/君が代

スポンサーリンク

http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2011/10/post-ef82.html
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/857890





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.