日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

陣内直家(絵・霜月けい)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 諸家

宇喜多直家の裏切り&暗殺ライフ「お茶に呼ばれたら殺されるで、ホンマ!」

更新日:

戦国時代には、今の常識が通用しないことが多々あります。
信長が義弟・浅井長政の頭蓋骨に金箔を貼ったというのも、当時は死者に対する敬意を示すものだったという説もあります。
この話自体がフィクションの可能性も大ですが。

天正七年(1579年)の10月30日、宇喜多直家が織田家に降伏しました。

この直家、松永久秀や斎藤道三と並び称される「梟雄」と呼ばれる人物です。(息子は三大イケメン宇喜多秀家さんですが)
妻の実家や娘が嫁いだ相手まで○○の対象にしている直家の場合、二人と比べてもやってることがエゲツないですが……。
しかし、直家にもそうする理由はありました。

【TOP画像】霜月けい

 

力の弱い家は謀略に頼るほかない

宇喜多家は直家の祖父の代に没落してしまい、後々身分を回復するのですが、その後も有力大名の板ばさみのような状態で、なかなかお家安泰とはいかなかったのです。
力の弱い家が生き残っていくためには、謀略に頼るほかありませんでした。

そこでよく用いたのが、暗殺。
「直家+お茶=暗殺」ってなもんで、茶会に招かれたらこれはもうターゲッティングされていると思ってもいいほどです。

あまりにも頻繁にこの手を用いたため、実の弟ですら「兄上の呼び出し?鎖帷子を用意せよ!(gkbr)」なんて状態だったとか。
直接、暗殺しただけでなく、娘の嫁ぎ先城を攻めて娘もろとも自害させるなんてのも含めれば、数は倍近くなります。
よくこれで本人が刺客を放たれなかったものです。
それとも返り討ちにしたんでしょうか。

しかし見方を変えれば、「急に親しいフリをするようになった相手」は信用しなかったという面もあります。
なぜなら、暗殺をさせた古参の家臣を使い捨ててはいないからです。
ただ単に暗殺が好きな卑怯者であれば、情報が漏れるのを恐れて口封じまでしたでしょう。
ですが、城が餓えるようなことがあれば直家自ら食を断ったり工作に励んだりと、苦しみを分かち合おうとする人でもあったのです。
そのためか、直家は恐れられてはいても家臣に背かれることはなかったようです。

宇喜多直家/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

毛利家と織田家の狭間に立たされ

こうして直家は暗殺や謀略を繰り返し、主家・浦上家を追放して戦国大名となりましたが、たちまち毛利家と織田家の狭間に立たされることになります。
なにせ彼の本拠は備前(現・岡山県東南部)ですから、地理的に仕方のないことです。
この頃は豊臣秀吉が中国方面の攻略担当となり、対する毛利家は元就がなくなっていたものの、当主輝元の叔父である吉川元春小早川隆景の二人ががっちり固めていました。
これでは暗殺など通用しません。
実は一度毛利家の二人に対し、「戦帰りにウチへ寄ってくださいよ(アナタ方の首を手土産にしたいんで)」と誘いかけたのですが、あっさりバレてしまい失敗に終わっています。

そこでさすがの直家も諦め、潔く織田信長に投降する道を選びました。
それまで毛利寄りだった直家が降伏の意向を示したことで、秀吉はこれを手柄にしようと信長への仲介を引き受けます。
戦をせずに傘下が増えれば、それに越したことはないですからね。
かくして織田家についた直家は、秀吉に感謝したのか対毛利家攻略に力を注ぎます。
そのおかげもあってか、長男・秀家は後々秀吉から寵愛され養子にもなり、若いのに五大老にまでなりました。

暗殺上手と忠誠心、似ても似つかない単語のような気がしますが、人は見かけだけでなくやってることにもよらないということでしょうか。
直家の木像の写真見てると背筋が寒くなるなんてそんな気のせい気のせい。

長月 七紀・記

宇喜多直家は身内も上司もみーんな謀殺 されど本人は畳の上で『尻はす死』

豊臣秀吉62年の生涯をスッキリ解説! 成り上がり伝説を史実ベースで振り返る

スポンサーリンク

参考:宇喜多直家/Wikipedia 国史大辞典

 





1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?



井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正
伊達家 伊達政宗 伊達成実
最上家 最上義光 鮭延秀綱
毛利家 毛利元就 吉川元春
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
前田家
黒田家
北条家
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
浅井・朝倉家
立花&高橋家 立花宗茂
諸家
剣豪・武術・忍者
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い


-その日、歴史が動いた, 諸家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.