日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 大坂の陣

大坂冬の陣前哨戦「鴫野・今福の戦い」名門上杉と佐竹が男気を見せる

更新日:

大坂冬の陣でイメージするものといえば真田丸。

大坂城の堅固さをアテにしている割には、ぽっかり空いている南側の急所に気付いてすらいない豊臣中枢に呆れ果てた真田幸村が鉄壁の防御を敷いた場所ですね。
一説には家康も「あそこから攻めようと思ってたのに!ムキー!!」とハンケチを噛んでいたとか。
しかし、そこに至るまでにはもちろん激しい野戦も行われていました。

慶長十九年(1614年)の11月26日、大坂冬の陣の局所戦である鴫野(しぎの)・今福の戦いがありました。
これは両方とも大坂城付近にあった村の名前です。
二つの村は、大和川という川を挟んで真向かいにありました。
城を攻めるに当たってこの二ヶ所を足がかりとするため、家康は上杉家と佐竹家に攻略を命じました。豊臣方も当然、ここに柵をつくり防御していました。

 

大坂城から出てきたのは歴戦の勇者、後藤又兵衛

上杉家は関が原のときにはっきり敵対していましたし、当時、常陸の大名だった佐竹家は直接ぶつかり合ってはいないものの、徳川家にはっきり味方しないで日和見していたという引け目があります。
家康的には「今度こそちゃんと働かなかったら、わかってんだろうなワレ」というわけです。
既に幕府ができて減封・転封も済んでいるというのに、なんともいやらしい念の入れよう。
さすが狸。

oosakanatsunojinsanada

26日の早朝、兵5000の上杉家は鴫野へ、1500の佐竹家は今福へそれぞれ向かいました。
おそらく戦闘が始まったのもほぼ同じ頃だったでしょう。

まず今福のほうは、元々いた兵が300と少なかったことと、豊臣方が退却する際に門を閉じなかったこともあり、当初は佐竹軍の有利に進み、一時砦を占拠しました。

それをみた豊臣方の猛将木村重成が大坂城から反撃。さらに、戦況を大坂城の天主から見ていた豊臣秀頼が今福を救援するよう命じました。

命を受けたのは後藤又兵衛基次。
かつて黒田官兵衛(如水)に仕えた歴戦の武士でした。
関が原の戦いの後、官兵衛の子・長政と大ゲンカして出奔して浪人になり、豊臣方についていたのです。
勇将の率いる援軍で勢いづいた豊臣方は盛り返し、佐竹軍は後退せざるをえなくなりました。

 

スポンサーリンク

上杉隊は倍の敵を撃破

一方、鴫野では、上杉軍がやはり数の暴りょ……もとい、有利を生かして順調に攻め進んでいました。
豊臣方が防御のため作っていた柵ごとぶち破るほどの勢いで、そのまま村を攻め取りそうな勢いです。
しかし、こちらもやはり城から、大野治長や秀頼の旗本衆が加勢にがやってきて、兵の数では不利になってしまいました。
そのため一時的に押し返されはしたものの、そこは謙信以来戦慣れした上杉景勝軍。
一旦退いて味方を左右に分かれて退かせ、目の前が開けたところで鉄砲の一斉射撃から槍兵の側面からの突撃という素晴らしい連係プレーで、援軍まで粉砕して見せました。
当初村にいた兵は2000ほどで、援軍の大野治長は1万2000を率いていたそうですので、およそ2.5倍の兵を打ち破ったことになります。

 

スポンサーリンク

佐竹を救援する上杉景勝

あまりの働きぶりに、家康も「朝早くから戦って疲れてるだろうから、守備は他の隊に任せて一度下がれ」と命じたのですが、当主である景勝はこれをきっぱり断りました。
「自力で勝ち取ったところを他人に任せられるか!心配無用!!」(意訳)と使者を追い返し、そのまま鴫野で一時休息しました。
景勝としては「これで満足か狸!」くらいは言いたかったでしょうね。試されてるのなんてバレバレですし。

そこへ対岸の佐竹軍から「上杉さん、もし余裕があれば手伝ってもらえませんかっていうかウチマジヤバイ。超ヤバイ。渋江(渋江政光。佐竹家の重臣)狙撃されたしもうどうにでもなーれ」という救援要請が届きます。
これを受けた景勝は、まだ殺る気があり余っていた配下の水原親憲という武将に率いさせて大和川を渡らせます。
渡河戦というとそれだけでフラグの予感がしますが、そこはさすが上杉軍というべきか背後に憂いがなかったからか、無事渡りきりました。
それどころか、佐竹軍と対峙している後藤隊・木村隊を見るなりまたも射撃をくらわ、大坂城へ引き揚げさせました。
このときの上杉家殺る気ありすぎワロエナイ。

無事二つの目標を奪い取れたので家康の機嫌は上々。徳川方は着々と大坂城へ進んでいくのでした。
あれ、上杉景勝は男気と意地を見せていますが、佐竹は……?。

長月七紀・記

スポンサーリンク

参考文献および図は、笠谷和比古『関ヶ原合戦と大坂の陣』(吉川弘文館)より

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 大坂の陣
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.