日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

神聖ローマ皇帝レオポルト2世が死刑廃止を世界で初めて宣言

更新日:

 

今回は西洋と東洋、過去から現在まで大きな課題となっている法制度のお話です。
1786年の11月30日、神聖ローマ皇帝レオポルト2世が死刑廃止を世界で初めて宣言しました。
日本では江戸時代中期、田沼意次(おきつぐ)が老中から失脚した頃のことですね。

「さすがヨーロッパは進んでる」なんて思うのはちょっと気が早いですよ。
何せ、この宣言にも関わらず数年後にはフランス革命で数百人ギロチン台行きですから。

というのも、皇帝と名がついているとはいえ、この頃の神聖ローマ帝国はもはや名前だけのお飾り状態。
いや、お飾りですらありませんでした。
神聖ローマ帝国とは概ね今のドイツからオーストリアなど中欧をひっくるめた地域だったのですが、内部に小さな王国や公国が大量にあり、ちっともまとまっていなかったのです。
15世紀半ばあたりからはオーストリアの貴族・ハプスブルク家が世襲で皇帝を出していたものの、それでもまとめきることはできませんでした。
自分の家のこともできないのに、大げさな理想を掲げたところでうまくいくはずがないですよね。

それでもレオポルト2世の意思は無駄にはなりませんでした。
彼は皇帝のほかにもう一つ肩書きを持っていて、その領地であるトスカーナ(イタリアの一地方)では死刑を廃止することに成功します。
これはヨーロッパで初めてのことでした。

かといってすぐにヨーロッパ全体で死刑廃止の流れができたかというと、そんなことはまったくありません。
ただ、人権という言葉ができ始めていたため「苦しまずに処刑する方法」はいくつか考えられました。
ギロチンも本来は死刑囚が苦しむことなく刑を終わらせられるように、という理由で開発された人に優しいものです。
当時ヨーロッパの死刑としては斬首刑と絞首刑が主だったのですが、大陸国は斬首刑、イギリスでは絞首刑とばらばらでした。

"Be afraid..." - 無料写真検索fotoq
photo by Athena's Pix

しかし時代が進むにつれ、「死刑そのものが残酷な刑罰である」という考えが強まったため、ヨーロッパでは死刑廃止の動きが大きくなります。
現在、EUの加盟条件として、暗黙の了解的に死刑の廃止が含まれているのはこのためでしょう。
死刑が存在しているベラルーシはEU未加盟ですし、トルコはEU加盟のために死刑を廃止したような節があります。まだ国内の反対が大きいため、交渉が難航しているようですが。

一方、アジアやイスラム圏では死刑が存続している国が多く存在します。日本もそうですね。
これは文化圏の違いからか、「死刑が凶悪犯罪の抑止力になる」という考え方が強いためです。
犯罪者の苦痛を取るか、そもそも犯罪者を出さないようにするか、どちらをとるかということが争点になるため難しい問題ではあります。日本がEUに加盟する日は遠そうですね笑。

これは私見ですが、おそらくヨーロッパで死刑廃絶が進んだのはフランス革命や清教徒革命・異端審問など、処刑に歯止めがかからなかった事件があまりにも多いからではないでしょうか。
もっと範囲を広げれば、魔女狩りなども含まれるかもしれません。
西洋史の年表見てると、虐殺の二文字が出てこない時代なんてほとんどないですからね……。
そのほとんどが某宗教のせいとか言っちゃダメです消されますGYAAAAAA!

東洋でも焚書坑儒など、虐殺事件がないわけではないんですが。
話がまとまらなくなってきましたが、「宗教と文化の違いは法制度にも強く影響を与えてるっぽい」ということでおk?
え?そんなの当たり前だろJKって?……失礼しました。

スポンサーリンク

長月七紀・記

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.