歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

その日、歴史が動いた

なんで草食べるんだよwwwwwwww 七草粥の日ってなに 【その日、歴史が動いた】

更新日:

専用の道具や念入りな準備が必要なことが多く、何かと敬遠されがちな季節行事。
しかし日本人の性ゆえか、食べ物に関することだけはしっかり残っているような気がします。
お正月のおせち料理もそうですし、もともとキリスト教の行事であるクリスマスやハロウィンが日本に馴染んだのも、チキン・カボチャといった「恒例の食べ物」があるお祭りだから、というのが大きいのではないでしょうかね。

ということで(どういう)、今回の1月7日の「その日」はおせちに続く年始の食べ物・七草粥のお話です。
お若い方だと「草ってwww」と思われるかもしれませんが、結構理に適った伝統食ですので今年から食べてみてはいかがでしょうか。

七草粥に入れる草は「春の七草」といいまして、せり・なずな・すずな(かぶ)・すずしろ(大根)・ごぎょう・はこべら・ほとけのざの七種類。

春の七草(Wikipediaより)

中国で年始の1月7日に若草を使った羹(あつもの。お吸い物に似た汁)を食べる習慣があり、その習慣が日本に入ってきた際これらの草が選ばれたようです。
平安時代には既に七草粥の習慣が根付いていたようで、枕草子にも「雑用をやってもらった人に七草粥を分けてあげたら喜ばれた」(意訳)という記述が出てきます。

なぜこの七種なのかというと、まだ雪が降るような正月明けの時期でも生えている貴重な青菜だったからです。
昔は今のようにハウス栽培もありませんから、季節に応じた野菜しか食べられませんでした。
そのため、真冬に食べられる青物はとても縁起の良いものと考えられるようになります。
百人一首に「君がため 春の野に出でて 若菜摘む わが衣手に 雪は降りつつ」という歌がありますが、これもそのめでたさや若菜の持つエネルギーを大事な人にあげたいということで、わざわざ読み手である光孝天皇(詠んだときは時康親王)が摘んだかのような歌になっています。
現実的に考えると、多分実際に摘んだのは家来の誰かでしょうね。この「君」が好きな女性だったら、ホントにお手ずから摘んだかもしれませんが。
江戸時代には将軍以下全ての武士が七草粥を食べることになっていて、「若菜のご祝儀」という公式行事もありました。

また、七草粥にはお正月の豪勢な食事で疲れた胃を休めるという効果もあります。
お粥は消化が良いですし、七草それぞれにいろんな面で消化器官の働きを助ける作用があるのです。
平安時代の人々がそれをわかっていたわけではないでしょうが、経験則として「この辺食べとくと身体に良いっぽい」ということが広められたのでしょうね。
「脚気に蕎麦や麦飯」「風邪にはネギ・きんかん」と同じく「理由はわからんけどコレ食べてれば平気」というのも案外バカになりません。

具体的な効果としては、七草全般に食欲増進。
せり・なずな・すずな・すずしろにはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
他にも肝臓の回復を助けたり、発熱や咳など風邪に効いたりとまさに万能薬といってもいいほどの機能が備わっているのです。
お粥で水分も多く取れるので、塩気の強いものが多いおせち料理後のリカバリーとしても優れていますね。
マズイ胃薬を飲むより、七草粥のほうが食べやすくていいかもしれません。

しかし、全国的に七草粥を食べるのかというとそうでもないようで。
特に東北では雪の合間から若菜を摘むどころか視界が雪で埋まることもあるため、七草粥とは違った行事食が生まれました。
主に根菜を使った汁物で七草粥の代わりとし、やはり1月7日に食べるそうです。
地域によっては小正月(1月14~16日)のこともあるようですね。

「お粥だけじゃお腹空くからヤダ」という方は、お餅を入れるといいですよ。
腹もちが良くなります。もちだけに。
……失礼しました。
長月 七紀・記
参考:

http://www.ogurasansou.co.jp/site/hyakunin/015.html

http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000403.html




スポンサーリンク


http://ja.m.wikipedia.org/wiki/



-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.