日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

東本願寺

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 徳川家 豊臣家

東本願寺と西本願寺が二つに分かれているのは豊臣秀吉と徳川家康のせいだった!?

更新日:

 

戦国大名の兄弟ゲンカは命がけの事態に発展することも珍しくありません。
中には本人同士はいがみあっていなくても、周りが担ぎ上げたせいで対立してしまうケースがあったりもします。

織田信長と信行の例はいうまでもなく、伊達政宗と弟・小次郎も有名ですね。どちらも母親が肩入れしたのが弟のほうだというのが何とも興味深いところです。

実は、深刻な兄弟ゲンカになったのは大名家だけではありませんでした。
なんと、仏様に仕える身でありながら主権を巡って争った兄弟がいたのです。

天正十九年(1591年)の1月19日、本願寺が京都に再移転することになりました。
単なる引越しではなく後々本願寺が東西に分裂するきっかけにもなったのですが、大多数の方にはさっぱりわからないと思いますので、ここまでのいきさつを振り返るところから始めましょう。

【TOP画像】西本願寺 photo by Ann Lee

 

もともと京都にあった本願寺

もともと本願寺は京都にあったお寺でした。
本願寺=浄土真宗の開祖・親鸞が京都に葬られたので、改葬した際に当初の地名を取って「大谷廟堂」と名付けたのが始まりです。

その後一般人からするとマイナーチェンジとしかいいようのない改名を何度か経て、途中で「オレが次の守役になりたかったのに!」と逆ギレした坊主にブッ壊されるなどの事件に遭いつつも、真面目な僧侶達の手によって守られていました。
真宗というと当時から結婚OK、長髪OKということもあり、この時点で世俗の臭いがプンプンしますが、残念なことに後でもっと濃くなります。

そして南北朝時代の元亨元年(1321年)にこの廟堂は「本願寺」と名付けられ、お寺としての機能を持つようになりました。
あちこちに散らばっていた浄土真宗の信者を一本化するという目的もあったようです。

しかし、既存の大寺院(天台宗の比叡山延暦寺とか)の影響から脱しきることはできず、信者がまとまることはないまま時代が進みます。延暦寺との争いでまたブッ壊されたり京都の別の場所へ引っ越したり、一向一揆となって加賀(石川県)で下克上を起こしたり、三河(愛知県)で徳川家康を困らせたりした一団があったりと、元が宗教組織とは思えないすったもんだに見舞われながら信長の時代を迎えます。

東本願寺/photo by Kentaro Ohno

東本願寺/photo by Kentaro Ohno

 

スポンサーリンク

京都→北陸→山科→大坂に移って信長と対決

信長が10年も手を焼いたことで有名な石山(大坂)本願寺ですが、実はここに来たのは天文元年(1532年)で、信長が生まれるほんの少し手前のことでした。それまでに京都→北陸→山科(京都府ではありますが)→大坂と「本願寺」(北陸では吉崎御方という名前でしたが)と引っ越しを繰り返した「安住の地」。そう簡単に信長に譲れません。
信長の成長と同時進行で石山本願寺も勢力を強めていったと見ることもできます。
そしてドンパチが始まるわけですが、このとき既に石山本願寺の内部では講和派と抗戦派に分かれていました。

本願寺顕如(絵・アニィたかはし)

本願寺顕如(絵・アニィたかはし)

人をまとめる宗教で人がまとまらない例なんて、本願寺のフリーダムさ、逆にカッケーと言いたくなるようなまとまりのなさです。「全ての人は救われる」ということを伝えるために浄土真宗が開かれたはずなのですが、こう争いばかりでは親鸞が草葉の陰で泣いていそうな気さえしてきます。(´・ω・) カワイソス

開祖への同情はさておき、10年も同じ相手と戦をしていたので、信長も本願寺も次第に状況が変わってきます。
信長のほうは荒木村重という部将が突然裏切ったため、その対処をしなくてはならなくなり作戦変更を余儀なくされました。

鉄甲船艦やーまーとー!(絵・アニィたかはし)

鉄甲船艦やーまーとー!(絵・アニィたかはし)

一方、本願寺側は頼みにしていた毛利水軍が信長の鉄甲船(ただし、どんだけ鉄が使われていたか真偽は不明)にやられてしまい、兵糧や弾薬の不足してきたため、戦の継続が難しいことを悟ります。そもそもこれらがお寺にあること自体がおかしいんですが、この時代だから仕方ないとしか。
そこでお互い密かに朝廷や馴染みの公家へ「そろそろ戦やめたいんですけど、こっちから退くと負けたことになっちゃうんで講和を命じていただけませんか」と工作を始めました。そんなとこで気が合うなら最初から戦なんぞするなとツッコミたくなります。しかしこの時代だから(ry
そして本願寺の門徒が大坂(石山)を引き払うことなどを盛り込んだ講和が結ばれ、石山合戦は終わりました。

東本願寺

東本願寺/photo by Kentaro Ohno

 

スポンサーリンク

お父さんの言うこと聞かず徹底抗戦表明の長男を廃嫡

このとき本願寺のトップだった顕如(けんにょ)はこの決定に従って紀伊の雑賀(和歌山)に移動したのですが、長男・教如(きょうにょ)は「信長に従うなんてイヤです!」とダダをこねてなかなか退去に応じようとしませんでした。
(※ちなみに、本願寺は親鸞の子孫がその遺影などを守ってきたので、トップはずっと世襲です。前述したように浄土真宗では僧侶の妻帯が許されているため、子供作ってても生臭坊主になりません)

結果的には教如も立ち退くのですが、徹底抗戦を主張する教如に同調する者も多く本願寺内部が真っ二つに割れてしまいます。この事態にプッツンした父・顕如は「お前みたいな不良息子には跡を継がせん!次は准如(じゅんにょ。顕如の三男)だから皆覚えとけよ!」と教如を廃嫡してしまいました。
家族皆で仏門に入ってるならもうちょっと仲良くしろよと。そろそろツッコむのも疲れてくるわい。

 

秀吉「長男だから君が後継ぎだよね。京都にきなよ」

これにて一件落着……と思いきや、この話はまだまだ続きます。
信長の死後、天下人となった秀吉が「おいらに従っているようだし、じゃあ京都に土地を用意してやるよ」と命じたのです。これが天正十九年1月19日のことで、こうしてできたのが現在の西本願寺にあたります。

京都に戻れると喜んだ顕如パパですが、これで満足したのでしょうか、翌年11月に亡くなります。すると、秀吉はこれまでの経緯を知ってか知らずか、父ちゃんと反目した長男の教如を浄土真宗の後継者(12代目)に任命してしまうのです。

「ワシが決めたことが正義」(絵・富永商太)

(絵・富永商太)

しかし兄弟の母親で顕如の未亡人・如春尼が弟のほうに肩入れして「違うんです、ホントは准如が継ぐはずなんです!」と申し立て、さらに話がこじれていきます。カーチャンひでえ。
しかもこの言い分が通り、翌年、一度は跡を継いだ教如はまた本願寺から追い出されてしまいました。

 

家康「ぐふふ、ワシがさらに混乱させてやろう」

しかし、教如は天から完全に見放されはしませんでした。
時が流れ、秀吉も亡くなった関が原直前、教如に寺を寄進しようという人物が現れたのです。
時期的に何となく予想がつくかもしれませんが、例の狸です。

「賢いじゃろ?」絵・富永商太

本願寺→浄土真宗=一向宗徒の力を削ぐべくわざと教如に寄進したとか、いやいやその前から分裂してたんだから対して変わらんだろとかいろいろ言われていますが、例によって家康の真意がどこにあったかはわかりません。
このとき教如に寄進されたお寺は、准如の継いだお寺の東側にあったため、後々東本願寺と呼ばれるようになり、教如と准如兄弟はそれぞれ12代目となりました。
そしてそのまま統合せず現代に至っているというわけです。お兄さんのほうが「大谷派」、弟さんのほうが「本願寺派」となっています。

ローマ帝国(ホントだって!世界がまじで動いた、とあるローマ皇帝の死)といい本願寺といい、東西に分かれると統合できないというのは天の思し召しか何かあるんですかね。
いや、この場合はそもそも親鸞が子供に跡を継がせたというか、僧侶なのに子供作ってたことが原因なのかも……?

スポンサーリンク

長月七紀・記

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた, 徳川家, 豊臣家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.