日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

海の「紳士」たちが手を結んだ!日英同盟締結

更新日:

 

20世紀初頭の世界は、まさに弱肉強食状態でした。
第二次世界大戦にも共通しますが、勝者と敗者の大きな分かれ目になったのは、主に「統一した時期が早いかどうか」です。
当時の我らがニッポンはといえば、どちらかと後者。何せ江戸幕府が終わって明治政府ができたころには、世界のほとんどは欧米列強の植民地になってしまっていたのですから、帝国主義に乗っかるには完全に出遅れた形だったわけです。
それでも日清・日露戦争に勝てたのは、より有利な条件を整える事ができたから。
特に日露戦争では、あのパイレーツ国家の協力を得られた事が最大の勝因でした。

明治三十五年(1902年)のあす1月30日、日英同盟が締結されました。
中学でも高校でも習うのにいつまでの同盟かははっきりせず、この次に日本とイギリスの話が出てくるといきなり日本軍がイギリスのプリンス・オブ・ウェールズ(戦艦)を沈めていたりするので、何が何やらサッパリという人も多かったのではないでしょうか。
ちなみに破棄されたのは大正12年(1923年)ですので、概ね日露戦争~第一次大戦の間の同盟ということになります。
大英帝国全盛期=パックス・ブリタニカのど真ん中だったイギリスが、なぜ産業革命したばかりの日本を同盟相手に選んだのかというと、結構間抜k……ゲフンゴホン、ややこしい事情があります。

中国を舞台に 仮想敵国はそちロシア

当時イギリスは、東アジアへの基盤が欲しいと思っていたところでした。
少し前にアヘン戦争・アロー戦争で清をボッコボコにしてしまったせいで、現地での軍備やら何やらを全部自前でやらなければならなかったのです。
このとき中国大陸はまさに列強の縮図といった様相で、イギリスはもちろんフランスもドイツもロシアもあちこちを切り取っていました。もちろんどこの国も中国大陸を植民地化する気満々です。
となると、清そのものはどうにかできても、中国大陸で列強のいずれかとドンパチをやる可能性が出てくるわけです。
財力や戦力は問題ないものの、まだ電話もメールもない時代ですから、本国との連絡に手間取るのは目に見えています。
フランスやドイツはほぼ同じ条件ですからまあいいとしても、すぐ行き来できるロシアと戦争になれば、タイムラグで不利になる事もわかっていました。
そこでイギリスはまずドイツと同盟を結ぼうとしたのですが、ドイツは既にロシアと協調する道を選んでいたため交渉失敗に終わります。

(自分で叩きのめしたせいで)清はアテになりませんし、フランスはもっと前からロシアと同盟を結んでいました。そしてドイツもダメ……となると、残った選択肢は近場の日本しかなかったのです。
多分「一応日清戦争には勝ったんだし、清よりは使えるだろ」くらいの考えだったでしょうね。
乱暴な言い方をすれば国家ぐるみの大博打だったわけですが、こういう賭けに滅法強いのがさすが海賊紳士というかなんというか。後々のことを考えると、賭けに勝ったというよりは「賭けた側が勝つようにした」といったほうが正しいですかね。

日露戦争前、朝鮮半島を釣ろうとする日本清ロシアを描いた風刺絵(Wikipediaより)

日露戦争前、朝鮮半島を釣ろうとする日本・清・ロシアを描いた風刺絵(Wikipediaより)

一方その頃、日本もロシアに対抗するため同盟相手を探していました。
上記の通りもはや清が滅亡するのは時間の問題でしたし、地球を半周してくるヨーロッパ諸国への対応は後回しにしても、ごくごく近所のロシアを放置するわけにはいきません。
しかし交渉どころかまだ西欧文化すらロクにわかっていない当時の政府に、同盟相手を悠長に選んでいる余裕はありませんでした。そのため一時はロシアと通商条約を結んで戦争を回避する方策も考えられましたが、ロシアからすれば念願の不凍港を手に入れるチャンスですから「やーなこった」と断られてしまいます。
そこへ(海賊)紳士が「私と友人になってくれないかね」と連絡してきたので、日本としては願ったり適ったりでした。

もし清が20世紀まで独立を保っていたとしたら、イギリスも日本もお互いを選ばずに清と同盟を組んでいたのかもしれません。
歴史で「もし」を言い出すとキリがありませんけども。

スポンサーリンク

タイマンなら中立 複数なら助太刀って週刊チャンピオンか?!

この時代というと同盟や条約とはいえどこかしら不平等なものが多いですが、日英同盟はその数少ない例外でした。
特に重要なのは「相手が他国と戦争をしたら中立を保つ」「複数国と戦争になったら味方になって参戦する」という点です。
他の国から見ると「日英どちらかと戦争をする場合、タイマンでなければもう一方とも戦わなくてはならない」(フルボッコにできない)ということになります。
このため、日露戦争が始まったときフランスもドイツも介入する事ができませんでした。どっちも共和制や帝国として落ち着いたばかりでしたので、清を(一方的に)殴るくらいはできてもイギリスとガチンコ勝負をする余力はなかったのです。
この条項、多分ヨーロッパ事情をイヤミなほど知っているイギリス側が提案したんでしょうね。日本にとってはデメリットないですし。

スポンサーリンク

海賊紳士への借りは大きいぞ

こうして狙い通り東アジアにおけるロシアの牽制に成功したイギリスは、大きなおまけをつけてくれました。
日露戦争時、ヨーロッパ沿岸を通るロシア艦隊(通称バルチック艦隊)を港に入れず、食料や石炭の補給をさせないといういわば兵糧攻めをしたのです。陸上ならその辺の村から略奪するという手もありますが、海の上ではそうもいきません。そのためバルチック艦隊は遠回りに遠回り重ね、燃料も食料も枯渇寸前というボロボロの状態で日本海海戦に望む事になりました。
日本海海戦というと東郷平八郎やT字作戦など海軍の働きにスポットが当たりますが、その一方でイギリスの嫌がらせ……もとい協力も大きかったということですね。

日本海海戦にのぞむ東郷平八郎(Wikipediaより)

日本海海戦にのぞむ東郷平八郎(Wikipediaより)

ちょっと前に薩英戦争でボコスカやってたのに気前のいいことです。むしろ殴り合って「コイツら使える」と思ったからこそイギリスも同盟(という名の手駒)を持ちかけてきたのかもしれませんが。

とはいえ、さらに後の第一次世界大戦ではおまけを取り返すかのように日本へあれこれ言ってきてるんですけどね。
「中国大陸にあるドイツの租借地(土地のレンタルみたいなもの)を攻撃してくれ」「Uボート(ドイツの潜水艦の総称)の破壊を頼む」「こっちの戦闘が長引いてるから援軍に来てくれ」などなど、少しずつエスカレートしていくのがまたなんとも。
このとき参戦したのは海軍だったので、後々役に立ったのかもしれませんが。
しかい、それだと「イギリスのおかげで勉強できたお礼が皇太子の名前がついた船の撃沈」という結果になるのがまた後味悪いですね。近代史ってそういうものですけど。

日本の「人種差別撤廃」の提案で同盟アボーン?!

ちなみに日英同盟は直接両国がケンカしてポシャったわけではなく、アメリカやフランスなど第三者の圧力によって別の条約が結ばれたため、破棄に至っています。
この四カ国で同盟ではなく条約を結んだ事により、日本の味方は一時いなくなってしまいました。
そこまでの経緯はいろいろありますが、原因の一つは日本が国際連盟(現在の国連の前身)で提唱した「人種的差別撤廃提案」です。
日本の誰が言い出したのかはっきりしていませんが、おそらく「自分達日本人(黄色人種)を認めてくれたんだから、他の有色人種だって同じように扱ってくれるだろう」と考えたのでしょう。

しかし植民地政策は人種差別と密接に関わっていますから、列強がこれを認めてしまうと植民地のうまみを自ら手放す事になります。欧米でも賛成してくれた国はありましたが、イギリスとアメリカが反対した事で日本との関係が少しずつ悪化していきました。
どうして同盟相手なのに反対したのかというと、イギリスにとっては歴史的により深い関係にあるアメリカやカナダではこのころ黄色人種系の移民に対する差別が合法化されていたからです。リンチ殺人も起きています。
そんな状態だったので、何度か修正を加えて提出し直したものの、この先進的な案が受け入れられる事はありませんでした。(アメリカは第二次世界大戦中も黒人と白人は別の部隊という差別が法的に定まっていました→「敵はナチスだけじゃない 味方の偏見とも闘った【黒人のアメリカ兵】」

アメリカからすると、日本を封じ込めるか植民地化するかでうまみを独り占めしたいがために日英同盟を破棄させたと見ることもできそうですね。
しかしそうはいかず、イギリスとの決別が日本の孤立に繋がるどころか、より大規模な戦争の導火線になることまでは予測してなかったでしょうね。

とりとめがなくなってきましたので、ここらで無理やりまとめると「自分ちのことだけ考えてるとうまくいかない」ってことでいいですかね?

スポンサーリンク

長月七紀・記

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.