歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

高橋お伝/wikipediaより引用

明治・大正・昭和時代 その日、歴史が動いた

明治時代最後の斬首刑「高橋お伝」の切なすぎる一生とは?

更新日:

時間が経つと事実が歪められるというのは珍しい話ではありませんが、歪むどころか全くの別物になってしまうと笑うに笑えません。

しかもそれがフィクションのせいとなったら、当人にとっては死んでも死に切れない思いでしょう。

今回はそのうちの一人、経緯は仕方ないにしろ人物像を大きく変えられてしまったとある女性死刑囚のお話です。

明治十二年(1879年)の1月31日、高橋お伝の死刑が執行されました。

当時の死刑は斬首刑。首を切るというとギロチンが連想されるかもしれませんが、当時の日本にはなく、日本刀での打ち首でした。

これは江戸時代からずっと同じで、この翌年、新たな刑法が定められて斬首刑がなくなったため、お伝は最後の斬首刑囚ということにもなります。

 

幼い頃から厄介者扱いされ嫁ぎ先では…

しかし、なぜお伝はそんな刑を受けるような罪を犯したのでしょうか。
お伝はもともと恵まれた家の生まれではありません。

母親が某藩の家老に手をつけられた上に捨てられたと言われていて、お伝を身ごもったまま結婚したので嫁ぎ先でもうまくいかず、そのまま早くに亡くなってしまいます。

そのためお伝は、年頃の娘になる頃には家でも厄介者扱いされてしまっていました。そして親戚の家に入り、そこからお嫁に行ったのですが、ここからさらに不運が重なります。
旦那さんの高橋浪之助が当時不治の病だったらい病(ハンセン病)にかかってしまったのです。

この病気に限らず、医学が未発達だった時代のこと。あらゆる伝染病は人に忌み嫌われましたから、浪之助もお伝も辛い目にあったことでしょう。

それでもお伝は夫を見捨てず、亡くなるまで献身的に看病をしたそうです。旦那が働けなくなったのですから仕事もしていたでしょうし、それでいて周囲の協力が得られないような状態では相当キツかったでしょうね。

 

スポンサーリンク

博打打ちのロクデナシに人生を翻弄される

浪之助はほどなくして世を去り、未亡人となったお伝はその後小川市太郎という人物と恋仲になります。

しかし市太郎はギャンブル好きのろくでなしで、生活はどんどん苦しくなってしまいました。

そこで古物商を営んでいた知人の後藤吉蔵に「お金を貸してもらえませんか」と相談しに行ったのです。借金をするときはまず親兄弟に頼むものですが、お伝には誰もアテがなかったので知人にすがらざるを得ませんでした。
ですが、このアテがお伝の人生そのものを狂わせてしまいます。

なんと吉蔵は人妻のお伝に向かって「貸してもいいけど、一晩(禁則事項です)してくれたらな」という破廉恥な条件を突きつけたのです。何がどうマズイのかわからない人はお父さんお母さんに……聞くなよ!絶対に聞くなよ!!
そして一夜明けた後、お伝は当然「約束を守ったのだから、お金を貸してくれますよね」と念を押しました。

しかし市太郎に負けず劣らずクズだった吉蔵は「そんなこと言ったっけなあ(ニヤニヤ)」なんてとぼけ顔。それまでの信頼と女としてのプライドを踏みにじられたお伝はついにブチ切れ、側にあった剃刀で吉蔵を殺してしまったのです。

 

殺人罪で斬首刑に処されることに

要するに吉蔵が悪いんですけども、殺人となると近代国家の官憲は放置しておけません。

お伝は10日ほど逃げ回りますが、ついに逮捕され裁判にかけられることになります。

この逃亡と嘘だらけの供述が裁判官の怒りを買ってしまったのか、それとも「女のくせに男を殺すとはけしからぬ」という儒教の悪い影響がまだ残っていたのか、お伝は斬首刑となってしまったのでした。
処刑のとき、お伝は嫌がり泣き叫び暴れ回り、処刑人の手を相当煩わせたそうです。

三回も首を切り損ねたと言われていますが、そこはどうだったやら。

このとき刑を担当したのは、江戸時代から斬首刑を担当していた山田浅右衛門という人物です。

彼が実際に何人の刑を執行したのかはわかりませんが、十や二十ではきかなかったでしょう。そんな人が女性一人を何回も斬り損ねるなんてことがあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

作家の創作意欲を刺激していつの間にか毒婦扱い

最後にはお伝も観念して首を差し出したそうですが、どうにも胡散臭さが漂います。

というのも、お伝の受難は死んだ後も終わらなかったからです。

最後の斬首刑であったこと、経緯に三人の男が出てくることは下種な脚本家や作家の創作意欲を大いに刺激しました。

そのため、尾ひれどころか胴体まで付け替えられるような勢いで彼女の一生が脚色されていくのです。
やれ「最初の夫は助からないとわかったので毒殺した」だの「男を次々にたらしこんでは殺していった」だの、挙句の果てには「稀代の毒婦」なんて不名誉にも程がある二つ名をつけられてしまいました。

本当は、浪之助にも市太郎にも尽くした健気な女性だったというのにあんまりな話です。吉蔵は自業自得だからしょうがない。

それまでの経緯に脚色が入ったからには、処刑時のことも怪しい気がします。

 

墓参りをすると三味線がうまくなる!?

Playing on Samisen, Yokin and Kokin - 無料写真検索fotoq
photo by ookami_dou

たった一つの慰めは、お伝の墓参りにたくさんの女性が訪れるようになったことかもしれません。

といってもお伝を哀れんだ人が多かったというのではなく、いつしか「高橋お伝の墓参りをすると三味線が上達する」という都市伝説が広まったからでした。

三味線ということは、お伝はお座敷芸で生計を立てていたんでしょうかね。

どうせなら脚色するよりそういった人物像を明らかにする方向で調べてほしかったものです。当時はまだお伝を知る人もいたでしょうから、関係者から話を聞くこともできたでしょうに。

まあ、お芝居の世界なんていつでもそんなものかもしれませんが。
でも、せめて後世の我々くらいはお伝が「毒婦」ではなかったことを理解してあげてもいいのではないでしょうか。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:今日は何の日?徒然日記 高橋お伝/Wikipedia

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-明治・大正・昭和時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.