日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

「ブッダと同じ日に死にたい」と詠んだから命日が1日ずれた平安の名僧・西行【その日、歴史が動いた】

更新日:

僧侶というとひたすら質素倹約で生真面目な方を想像しますが、実は「おいおいおい」とツッコミたくなるような方も結構います。
例えば百人一首には恋の歌がたくさん納められていますが、その中には僧侶が詠んだものも多いのです。
実際に僧侶が恋愛をしていたわけではなく、歌の中だけのお話なのでそういうことも認められていました。
とはいえ、結構生々しくエ□スを漂わせている歌もあったりして……。
お坊さんといえど人間ですから、人情もありますし恋心の予測くらいはついたんでしょうね。これも慈悲の心ということでしょうか。
が、世の中には慈悲の真逆を行った名僧もいました。
2月15日は西行忌です。

かねてから西行は「願はくは 花の下にて 春死なん その如月の 望月の頃」と詠んだ通り、釈迦入滅の日である2月15日に死ぬことを望んでいて、その通りになった……といわれていますが、実は微妙なズレがあります。
西行が亡くなったのは文治六年(1190年)の2月16日なのです。
もっとも釈迦入滅の日も15日だか16日だかよくわかっていませんので、もしかしたらこんな微調整をしなくても合致していたかもしれませんが。
むしろ西行の意を汲んだ人々が「この日にお弔いをしてあげよう」と決めた深イイ日といったほうがいいですかね。

この場合の「花」は桜のことです。
旧暦の2月ですので、新暦に置き換えるとほぼ3月半ばになり、ちょうど桜の咲く頃合だったというわけですね。
現代では「桜」というとソメイヨシノですが、これは江戸時代に出てきたものですので、恐らく西行が指したのはヤマザクラでしょうね。こちらは古くから奈良の吉野山に植えられていましたので、都出身の西行は間違いなく知っていたでしょうから。

現に、東北の平泉を訪れた時に束稲山の桜をみて

「聞きもせず たわしね山の 桜ばな 吉野の外に かかるべしとは」(山家集)

聞いてないよ!吉野の桜のほかにこんなにすごい桜あるなんて(ダチョウ倶楽部)

ところで生前の西行はどんな人だったかというと、意外にも?人間くさい逸話がいろいろ残っています。
西行の俗名は佐藤義清(のりきよ)といい、武家の出身でした。しかも代々御所の警備を任されていた、いわば生まれつきエリートになることが約束されていたようなお家です。
なぜそんな人が仏の道を進んだのか、はっきりしたことはわかっていません。
しかし、出家の時には4歳の娘を蹴り落として出て行ったといいますから、よほどのことがあったのでしょう。でも虐待ダメ絶対。

「友人の死にショックを受けた」「失恋した」などいろいろ説はありますが、妻子のいる身だったとするとどちらもちょっと無理があるような……。

出家後は気の向くままに旅をし、これと思った場所に腰を落ち着けてはまた旅に出るという暮らしをしていたそうです。
日本各地に「西行戻しの○○」と名のつく所がありますが、どこも概ね”地元の子供に言い負かされて引き下がった”というちょっと情けない出来事があった場所だそうです。あれだけ綺麗な歌を読める人にしては意外というかなんというか、全て真実だったとしたら何回同じようなことをやってるのかと聞きたくなるところです。

西行の名が今に知られているのは、歌の美しさわかりやすさに加えて、こうした人間くさい話がいろいろ伝えられているからなのでしょうね。

崇徳上皇が無念のうちに亡くなった後は慰霊に行ったり、弘法大師の足跡を辿ったりと、僧侶らしいこともしていますが。

ちなみに西行の命日が本当に旧暦2月15日だった場合、ちょっと興味深いことになります。
この日は、以前当コーナーでご紹介した熊谷直実(平家の美男子殺して出家)一遍(お坊さん)の誕生日でもあるのです。(もちろん年は違います)

ただの偶然といえばそれまでですが、お釈迦様はもちろん仏教徒と強い縁のある日なんでしょうかね。

スポンサーリンク

長月七紀・記
参考:http://ja.wikipedia.org/西行
   http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/saigyo.html





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.