日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

二・二六事件と五・一五事件の違いをまとめてみました

更新日:

 

歴史上の事件を見ていると、現代人からは「は?」としか思えないことってよくありますよね。
現代社会も完全なものというわけではありませんが、日本史でも世界史でも「何がどうしてそうなった?」な事件は珍しくありません。

主に「フットワークは軽いのに盛大な勘違いをした人がとんでもないことをやらかす」というパターンが多い気がしますが、教科書で必ず習うあの事件もこの一つでした。

昭和十一年(1936年)の2月26日に発生した二・二六事件です。

このあたりの物騒な出来事は大体起きた日付から「○(月)・××(日)事件」という呼び方になっているため、覚えにくくややこしいこと極まりないですよね。最初に言い出したの誰なんでしょうか。
同様に軍人が関わっている五・一五事件とごっちゃになっている方も多いかと思いますので、何がどう違うのかというお話から始めましょう。

古い五・一五事件と兄弟と思ったら共通点は少ない

実は二・二六と五・一五の二つの事件は、共通点のほうが少ないのです。
「軍人が起こした」ことと、「世界恐慌による庶民の生活改善が目的」だという二つだけが共通で、実行犯達が所属していたところから当日の流れ、処罰までが全く違います。ここを最初に頭に入れておくとわかりやすいかもしれません。

共通の背景としては、当時の日本がとんでもない不況だったことがまずあげられます。
どのくらいだったかというと、金融恐慌・関東大震災の上にアメリカ発の世界恐慌まで食らってしまい、にっちもさっちも行かないほどのデフレに陥っていました。

さらに冷害による凶作と昭和三陸地震をくらってしまった東北地方の農村部では、生活のためやむをえず娘を人買いに売り、それでも食料が足りず欠食児童が多発するなど、江戸四大飢饉に匹敵する事態だったといいます。
もちろん政府も黙って見過ごしたわけではなく、輸出等により一度経済は持ち直したのですが、今度は欧米諸国からやっかみを買って市場から追い出されてしまいます。一抜けが気に食わなかったんでしょうね。

そこで仕方なく台湾や満州国など、当時の”身内”内で貿易を始めたのですが、すぐに経済が完全回復するはずもなく、効果はこれから出る……という状況でした。
当時の軍は志願制でしたから、多くの将兵が実家を想って心配も憤慨もしていたでしょう。

スポンサーリンク

第一次世界大戦おわって軍隊イラネで五・一五事件

さらに軍にとっては面白くないことに、軍事費が削られることになります。
これはヨーロッパ諸国が第一次大戦の反省から「皆で軍隊を減らせば、あんな戦争はもう起こらないよね?」という情勢になったためでした。

日英同盟により戦勝国側に乗っかっていた日本も応じざるをえず、まず海軍の軍縮について国際会議が開かれます。

そして条約が結ばれることになったのですが、この交渉に当たった日本政府の担当者と海軍の間に意思の疎通がしっかりできておらず、海軍から反感をくらってしまいました。

その流れで「今の政府はけしからん」と怒りを燃やしていた海軍の青年将校と陸軍の士官候補生たちは、当時の総理大臣・若槻禮次郎(れいじろう)を襲撃する計画を立てます。

が、若槻は条約締結後の選挙で大負けして退陣。普通ならここで諦めるか、それでも恨みは恨みということで若槻を襲うかどちらかになるのでしょうが、なぜか将校達は新しく組閣した犬養毅首相を襲撃、殺害してしまいました。何がどうして(ry

「話せばわかる」 犬養毅(ウィキペディアより)

これが昭和七年(1932年)に起きた五・一五事件です。
ただしこのときはごくわずかな海軍将校が中心だったので、クーデターというよりはテロに近いものでした。事の経緯に世論が同調、助命嘆願運動が起きたこともあり、五・一五事件の実行犯達は誰も死刑になっていません。しかも恩赦ですぐ釈放されています。

犬養本人は撃たれても説得を試みるような善人でしたが、そのくらい世間が政府を恨んでいた状態だったんですね。前任者のせいで殺されるとかないわー。

当時の報道(Wikipediaより)

スポンサーリンク

そして2・26 こちらも勘違いで、天皇陛下激怒

そして4年の時が流れ、昭和十一年(1936年)。
この頃は陸軍内で派閥争いが起きていました。
原因は上記の恐慌に始まる不況の解決がまだ成っていなかったことと、政治家との関係です。
上層部は政府とのやり取りもあり、方針をわかっている人もいたのでしょうが、末端に近くなればそうはいきません。

その一部が「いつまでたっても市民の生活が良くならないのは、政治家と金持ちが自分のことしか考えていないからだ!きっと陛下のお側にワルモノがいて、陛下のお慈悲が下々に伝わっていないに違いない!!」と思い込んでしまい、”ワルモノ”と決め付けた相手をブッコロす計画を立て、実行してしまったのが二・二六事件です。

蜂起直後の兵たち(Wikipediaより)

さらに悪いことに、中心になった陸軍の青年将校たちは兵を率いてあちこちを占拠してしまったため、「公の兵を私情で使った」ことにもなってしまいました。兵卒のほうは大規模な訓練だと思って従っていたそうですが、なぜ誰も気付かなかった。

しかも、彼らの計画には決定的な勘違いがありました。天皇の側で働く人ほど、天皇の信頼を受けているはずだという単純なことを失念していたのです。

本当にどうしようもないヤツだったら天皇が「アイツやめさせろ」と言うでしょうし、政治家だって見過ごさないですよね。
それを彼らは「陛下が”○○はダメだ”と仰っていたそうだ」という噂から「○○を殺せば陛下がお喜びになるに違いない!」と思い込み、哀れ○○に当てはまった人物は次々に襲撃対象になってしまったのです。

当然、信頼する人々を殺された昭和天皇は大激怒。襲撃犯の意図が”世直し”であることから同情を寄せた近臣もいたのですが、それを退ける勢いで「朕(ちん。天子の一人称)が股肱の老臣を殺戮する者に許しは必要ない!朕自ら近衛師団を率いて鎮圧に当たる!!」(口語訳)とまで仰っていたそうです。

ころされた高橋是清(Wikipediaより)

それまで立憲君主の大原則「君臨すれども統治せず(=政治に口出ししない)」を貫いていた昭和天皇が、初めて自らの考えをはっきり表した発言でした。
これにより昭和天皇の意向を理解した陸軍や警察は、襲撃犯一派を反乱軍として扱い、戒厳令を布いた上で鎮圧に当たりました。

とはいえ問答無用でぬっころすわけにもいかず、各上官が説得に当たったりラジオで投降を呼びかけたりと、剛柔両面からの解決を図っています。

1週間後に鎮圧も 海軍と陸軍の軋轢決定的に

二・二六事件が解決したのは発生から一週間後後、3月4日のことでした。
首謀者たちは拳銃自殺した者、逮捕され裁かれた者とそれぞれ違った結末をたどっています。
兵卒の多くは元いた部隊に戻りましたが、参加しなかった上官からしぼられた人も多かったとか。

事件としては一応終わったものの、二・二六事件は実行犯達も予測していなかったであろう悪影響を残します。
襲撃対象に海軍関係者が多かったため、海軍の陸軍に対する印象を決定的に悪くしてしまったのです。
国や天皇のためと思い込んだ盛大な勘違いが、失敗するだけでなく軍同士の決定的な対立を招き、その後日本に降りかかる苦難の元になろうとは誰も思っていなかったでしょうね……。

ちなみにちょっと前「首相公邸に幽霊が出る」(「軍靴の足音を聞いた」とか)噂がありましたが、その幽霊は五・一五事件や二・二六事件の折首相公邸で亡くなった方のものだといわれています。
でも、この二つの事件の際首相公邸で亡くなったのは軍人ではありませんから、何だかちょっとズレているような気もします。
目的が果たせなかったのを恨む気持ちもわかりますが、それだったら世界恐慌の大本である海の向こうの国に化けて出たほうが理に適うんじゃないですかね。アレがなければ第二次大戦は起きなかったかもしれないんですし。

若者を応援する二・二六事件の首謀者?

また、逆に二・二六事件の首謀者達?が若者を応援してくれるという噂もあります。
東京都渋谷区宇田川町に彼らの慰霊碑があるのですが、ここで告白すると青年将校たちの霊が恋を実らせてくれるというのです。何が(ry
もしかしたら同じ渋谷区道玄坂にあった「恋文横丁」とごっちゃになっているのかもしれませんね。場所的にもかなり近いですし。
でも、当初の目的から考えれば、平和になった時代の若者を応援してくれるのはありえない話でもない……かも?
勇気のある方は、ホワイトデーのお返しを渡すときの候補地にしてみてはいかがでしょうか。

長月七紀・記

写真はWikipedia

スポンサーリンク

参考:http://matome.naver.jp/odai/2136937578328381801
http://ookuni.info/13_tokyo/036.php





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.