日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

目福~!天才ミケランジェロこの世にご降臨!【その日、歴史が動いた】

更新日:

現代は「芸術家」というと広く浅くより狭く深くが主流ですが、かつてはさほど厳密なものでもありませんでした。
例えば、多くの作曲家が演奏家でもあったのはこのためでしょう。
これは音楽だけでなく美術の分野も同じで、本人としては彫刻が専門なのに「じゃあ壁画描いてよ」なんてことは珍しくなかったようです。依頼するほうに区別がついてなかったなんてことはまさかないでしょうし。
世界一有名な絵画を描いたあの人も、実はその一人でした。

1475年(文明七年)のあす3月6日、「最後の審判」「ダヴィデ像」などで有名な芸術家、ミケランジェロ・ブオナローティが誕生しました。日本では応仁の乱真っ最中と考えるとえらい差だ。
彼はイタリア・トスカーナの名門の生まれでしたが、幼い頃から芸術への関心が高かったため、父親と大ゲンカをしてまでその道を選びます。
しかし14歳で一人前と認められ、その選択が間違っていなかったことが証明されると、彼は自信を持って芸術の世界へ踏み込んでいきました。

自画像ともいわれるシスティーナ礼拝堂の絵の一部(Wikipediaより)

最初に絶賛を浴びた彫刻「ピエタ」はそれから11年後、25歳のとき完成した作品です。
ピエタとはこの彫刻単独の名前ではなく、「磔刑に処された後のキリストを聖母マリアが抱いているシーン」のことなので他の芸術家も彫刻や絵画を数多く制作しているのですが、ミケランジェロのこの作品が高名すぎて固有名詞のようになっているほど。

ピカタじゃなくてピエタ!(Wikipediaより)

彼はピエタを4体製作したといわれているものの、通称「サン・ピエトロのピエタ」と呼ばれるこのときのもの以外は完成させていません。
このことからも、自他共に認める最高傑作であることがわかります。
聖母マリアが若すぎるとか、計算すると2m以上の大女になってるとかいうのは演出と構図を優先したからでしょう。そもそも処女懐胎自体が(ry
また、代表作の一つダヴィデ像もこの翌年に製作を開始しています。
世界史の教科書で必ず出てきますが、ちょっと目のやり場に困るアレですね。

ダビデ像(Wikipediaより)

ピエタが認められたことによって、彼は故郷に錦を飾るような形になり、父親や弟達との関係も良くなりました。不定期ではあるものの、貴族から受けるさまざまな依頼で莫大な報酬を受け取っていたミケランジェロは、家族が困るたびに惜しげなく経済支援をしていたそうです。あまり贅沢が好きな人ではなかったため、道楽に耽ることがなくお金の使い道に困っていたのかもしれませんね。
あまりにも質素な生活をしていたため、浮浪者と間違われることもあるほどだったといいますから、まさに身も心も作品へつぎ込んでいたのでしょう。

が、弟が親の七光りならぬ兄の七光りでダラけたため、父とミケランジェロの心労は継続されてしまいます。
ローマ教皇に依頼され、ヴァチカン・システィーナ大聖堂に今も残る、天地創造からノアの大洪水までを描いた天井画に取り掛かっていた頃の話に、こんなものがあるのです。

システィーナ礼拝堂の天井画(Wikipediaより)

父親から「お前の弟たちは、お前が稼いだお金をもらって店をやると言っていたのに、ロクに働きもしない。ワシも病気になってしまって、本当に困っている」という手紙を受け取ったミケランジェロは、自分の厚意が無下にされていることを残念に思い、父への返事と弟への手紙を書きました。
この手紙の内容がまた、芸術家には似つかわしくないというか「コイツ怒らせたらアカン奴や」と思わざるを得ない文面になっていてgkbrもので面白……恐ろしいです。

父へは「ここ10年で一番イヤなニュースでした。本当は(皆の暮らしている)フィレンツェに行って段取りしたいのですが、仕事があるのでそうも行きません。弟には私から手紙を出しておきます。もしそれでもダメなら、教皇様にお休みをもらってぶん殴りに行きますのでお知らせください」(概略)というもの。
弟のほうへは「父さんから聞いたぞ!お前は根っからの悪人ではないはずなのに、何をサボって父さんを困らせているんだ!お前は人の皮をかぶった獣なのか?誰でも自分の父親が脅かされれば、報復のために命を賭するものなんだぞ」(概略)という半分以上脅しの入った手紙でした。
とはいえ、ただ怒るだけでなく「今から悔い改めるなら、またお金を出してやるから」とも書いているので、決しておっかないだけではなかったようですけども。それでもこええよニーチャン。
天井画製作のほうも順風満帆ではなかったので、そのストレスも炸裂してしまったのかもしれません。

 

なぜかというと、それまでミケランジェロは彫刻家としての活動が多かったので、絵画に対して苦手意識がありました。しかし教皇からの依頼では断るわけにもいきません。
そこでアシスタントとして若い画家を5人ほど雇ったのですが、あまりに出来がひどいのでブチキレてしまい、結局自分ひとりでほとんど描くことになったのです。
そりゃ、あれだけのものが描ける人から見れば、世の中のほとんどの画家は役立たずにしか見えないですよね……。

この天井画の中では「アダムの創造」といわれる部分が有名ですが、ここでは「太陽、月、植物の創造」をご紹介しておきましょう。

アダムの創造(Wikipediaより)

その名の通り、神が右手で太陽・左手で月を創造して素早くどこかへ去っていくというシーンなのですが、この後姿が「じゃあの」とでも言っていそうな感じで笑e……躍動感に溢れており、いろいろな意味で面白い絵です。
慈悲深いはずの「父なる神」が眉間に三本シワを寄せた不機嫌そうな顔をしているのも、上記の裏事情を知っていると、製作者のストレスが現れているように見える気がします。
ミケランジェロにとっては、心理学でいうところの「昇華」(ストレスや葛藤を芸術など高度な活動で発散し、自己実現を図ること)だったんでしょうかね。

同じくシスティーナ礼拝堂の最奥にある「最後の審判」は、ミケランジェロ最大の絵画作品となりました。
実は1533年に依頼されていたのですが、そのときの教皇が直後に亡くなってしまったためお流れになっていた絵だったのを、3代後の教皇が「アレの続きを描いてほしい」と依頼したため再開することになったのです。そのまま忘れられていたら、あそこには全く別の絵が描かれていた可能性もあるんですね。
またしても教皇の命令ですから逆らうことはできず、ミケランジェロはそのとき取り組んでいた彫刻の仕事を中断してとりかかりました。
完成したのは再開してから5年後のことで、上記の天井画よりも時間がかかったようです。このときミケランジェロは60歳を超えていましたから、天井画より最後の審判を描くほうが辛かったのかもしれません。

1人でよく描いたな…(Wikipediaより)

彫刻がそのまま平面になったかのような生々しいほどの迫力で400以上もの人物を描いたこの作品は、賞賛と嫌悪の二つの視線を浴びることになりました。
賞賛のほうは言うまでもありませんが、あまりにも裸体が多いので主に聖職者から「神聖な場所に裸を大量に描くとは何事か!」とブーイングを受けてしまったのです。
どっちかというと、聖職者のくせに絵画をやらしい目で見てるほうが問題のような気がしますが……。キリストの教えにも確か「心の中でやらしいことを考えた奴は実行した奴と同罪だ」(超訳)っていうのありましたよねえ。

結局、特に目立つものにだけ下着を描き足すことでこの騒ぎは収まったのですが、ミケランジェロはこの話を聞いて一言「教皇様はそんなことにお金を使うより、世の中のためにもっとやるべきことがあるはずなのに……」と呟いたとか。
ま さ に 正 論 。

が、この意見が歴代の教皇に届くことはなく、1981年の修復までそのままになっていました。
それでも一部は下着つきのままらしいので、もはやミケランジェロが意図していた絵ではなくなってしまっているということですね。
自らの意思で進んだ世界なのに、家族や教皇に振り回され続けたと見ると、世界一の芸術家が何だかかわいそうに思えてきます。
それでも、作品の素晴らしさは変わりないのですけどね。
長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.