日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

世界随一の親日国家トルコの産みの親アタテュルクうまれる【その日、歴史が動いた】

更新日:

東洋と西洋では文化や気候、民族や宗教など相違点が多くあります。

もちろんそれは優劣の問題ではなく、ただ単純に違うというだけですが、かつては優劣のみが論じられ数々の悲惨な出来事を生み出すきっかけにもなりました。
最近でこそこの違いを理解・尊重する流れになってきたものの、まだまだ完全に差別や蔑視がなくなったとは言い切れないのが残念なところです。
本日取り上げる国は、もしかしたらこうした点で理想的な融合を果たしているモデルケースになっていくかもしれません。

1881年(明治十四年)のあす3月12日は、”トルコ建国の父”と言われるムスタファ・ケマル・アタテュルクが誕生したとされる日です。

アタテュルク(Wikipedia)

ケマル・パシャともいわれますが、ケマルは「完全な」という形容詞で、パシャはオスマン帝国(トルコ)のエライ人に与えられる称号なので、個人のお名前としてはムスタファ・アタテュルクということになります。トルコ関連でやたらとパシャがつく人が多いのは称号だからなんですね。
さらにこの”アタテュルク”も政界に入ってから贈られたものなのですが、こまけぇこたぁいいんだよ。

 

文明の交差点アナトリア半島

といっても「オスマン帝国ってナニよ?」という方が多い予感がしますので、トルコのあるアナトリア半島周辺の歴史をざっくりお話しするところから始めましょうか。
アナトリア半島は別名小アジアともいい、四大文明には含まれていないものの、古くから文明が存在していた土地でした。地図で見ると、日本からは中国を突っ切ってひたすら西にいったところにあります。緯度的には台湾あたりからまっすぐ西と言ったほうが正しいんですがこまけぇこたぁ(ry

地図か衛生写真を見ていただくとわかりやすいかと思いますが、ここは各文明の交差点ともいえる場所です。
南にはメソポタミア・エジプト、東にはインドや中国、北西にはヨーロッパと、もしかしたら最も多くの文化と同時に触れてきた土地かもしれません。旅行会社などでよく「文化の混ざる国」というような表現をされているのはこのためでしょうね。

アナトリア半島(Wikipedia)

スポンサーリンク

世界初の鉄文化ヒッタイトもここで

紀元前3000年には映画や遺跡で有名なトロイが築かれ、同じく紀元前1500年前にはヒッタイト文明が栄えていました。ここは最初の鉄器文化を生み出した文明であるといわれていて、精錬技術は門外不出になっており、ヒッタイトが滅亡するまで周辺民族は鉄の利用方法がわからなかったとか。
もしヒッタイトがずっと健在だったら、他の国に鉄器が普及するのはもっと後で、その後の技術にも多大な影響を与えていたのでしょうね。

ヒッタイトの首都ハットゥッシャ遺跡は世界遺産(Wikipedia)

 

時代を1000年ほど飛ばして、マケドニアのアレクサンドロス大王が登場した紀元前4世紀、彼の東方遠征によってアナトリア半島は広大な帝国に組み込まれましたが、大王の死後ペルシアの支配下に置かれます。
さらにペルシアとローマ帝国の戦争後は、後者の一部として属州になりました。
そして例のアホな兄弟によるローマ帝国分裂の後は、東ローマ帝国の首都がビザンティウム(=コンスタンティノープル=現イスタンブール)になったため、アナトリア半島の文化発展に大きく影響します。

 

スポンサーリンク

キリスト教とイスラム教の最前線に

が、イスラム帝国の台頭により、キリスト教とイスラム教の争いにおける最前線の一つにもなってしまいました。
このため、第四回十字軍(1202年)では同じキリスト教徒に略奪されるという理不尽な目にも遭っています。
ちなみにもう一つの最前線はイベリア半島(スペイン・ポルトガル)で、こちらは一度征服された後再びキリスト教側が盛り返した「レコンキスタ」として知られています。
アナトリア半島が現在に至るまでイスラム圏なのと比べると、同じ半島でも対極的な歴史を辿ったことになるんですね。

第四回十字軍の後はモンゴル帝国に襲撃を受け、チンギス・ハンの孫フレグによってイル・ハン国が作られます。
が、全てを勢力下に置けたわけではなく、小さな国が乱立した群雄割拠状態が続きました。
これをまとめ、アナトリア半島を統一し中東地域まで進出したのがオスマン帝国です。建国は1299年、滅亡は1922年ですから、世界史の中でもかなり長く続いていた国です。名前だけなら神聖ローマ帝国のほうが長いですけどね。名前だけなら。大事なことなので二回言いました。

 

宗教に寛容だったオスマン帝国

もっとも、オスマン帝国の人々は記録に関して無頓着だったのか、初期の記録が少ないので建国の年はハッキリしていないそうですが。寛容だったのは宗教に関する面だけじゃなかったってことですかね。
国名は初代皇帝オスマンの名前をそのまま取ったもので、オスマンのトーチャンは日本とトルコ関係で必ず出てくるあの船名の元になった「エルトゥールル」だったりします。へぇへぇへぇ。

この頃はまだ東ローマ帝国が頑張っていましたが、オスマン帝国に首都コンスタンティノープルを占領されてついに滅亡。

東ローマ帝国時代のコンスタンティノープル(Wikipedia)

 

オスマン帝国はさらにギリシャやハンガリーなどヨーロッパ方面、シリアやエジプトなどの中東方面、さらにアフリカの地中海沿岸部へ勢力を広げていきました。東ローマ帝国+αをぶん捕っていった感じですね。
これにはオスマン帝国が台頭し始めた14~15世紀にヨーロッパ諸国でペストが大流行しており、人口が激減=兵になれる成人男性が激減していたという点も大きそうです。
オスマン帝国とその先の中東世界でもペストの発症はあったそうですが、なぜかヨーロッパほどの打撃を受けていなかった節があります。一説には、元々ペスト菌が生息していたため抗体があったのでは?といわれていますが、今のところ確たる証拠はありません。

17世紀のオスマン帝国最大図版(Wikipedia)

 

そして16世紀、スレイマン1世(大帝)の時代にオスマン帝国は最盛期を迎えますが、彼の死と同時に大きな転換期を迎えました。
スレイマン1世までは戦といえば皇帝のお出ましがセオリーだったのに、戦どころか政治ですら皇帝が先頭に立つことがなくなったのです。宰相やその他支配階級へ特権が分散されていったためで、この傾向は18世紀まで続きました。
当然皇帝の権力はどんどん弱まっていきますが、それを盛り返せないままヨーロッパ諸国との戦争に負け続けて領土が減り、帝国に陰りが見え始めます。
代わって世界史の表舞台に出てきたのがピョートル1世率いるロシア帝国と、ハプスブルク家が治めるオーストリアですが、その辺の話はまたおいおい。

 

近代の帝国におされて

その後は改革を試みる皇帝も現れたものの、軍の反対などでうまく行かず、じりじりと勢力を弱められていくことになります。
戦争に負けるわ、フランス革命の煽りを受けたギリシャやエジプトに独立されるわで、ヨーロッパ各国からは「瀕死の病人」という散々な形容をされるほどでした。

ギリシア独立戦争で敗北(Wikipedia)

 

しかし、オスマン帝国は何とかこの衰退を止めるべく、軍隊の西欧化や国家機関の新設、西欧への留学生派遣など対応策を打ち出します。幕末の日本とちょっと似てますね。時期的にはオスマン帝国のほうが半世紀くらい早いんですが、もしお互いの存在を知ってたらこのあたりから協調路線を取ってたかもしれません。

が、これらの対策にはもちろん多額の資金が要りました。

戦争に負けまくった国の中からそんなお金が沸いて出てくるはずもなく、ヨーロッパ諸国からの借金がかさみ始めます。このため改革は完全に成功することなく終わった上、さらにロシアとの戦争に再び負けてしまいました。
どうなるオスマン帝国!

……という長い長い歴史を持った地域です。これでも細かい王朝名とか国名をかなり端折っているんですが、やっぱり長かった。でも5000年の歴史を2000字ちょいでまとめたので勘弁してくださいm(_ _)m
ちなみにお勉強的な意味で覚えないとマズそうな単語は他にもいっぱいありますので、学生の皆さんはくれぐれもアテになさらないようにお願いしますね。

 

アタテュルクたつ!

こうした中で、ムスタファ・ケマル・アタテュルクは現在のギリシャ・テッサロニキ(当時はオスマン帝国領)で生まれました。かつてロクでもないっぽい理由で虐殺が起き、ローマ皇帝の土下座を招いたところですね(過去記事:ホントだって!世界がまじで動いた、とあるローマ皇帝の死【その日、歴史が動いた】
当初は軍人としての道を進み、オスマン帝国が参加した数々の戦争に赴きました。
第一次大戦ではオスマン帝国は同盟側(ドイツ・オーストリア・ブルガリア)についていたので、アタテュルクも連合国(フランス・イギリス・ロシア等)相手に戦いました。特に英仏軍の侵攻を食い止めたガリポリの戦いで「英雄」と呼ばれるようになります。

彼は軍事的な才能だけでなく学問のほうも達者だったためか、第一次大戦中の1917年には皇太子ワフデッティン(後のメフメト6世)がドイツを訪問する際の随行員にも選ばれ、親交を深めていました。
メフメト6世もアタテュルクのことは信頼していたようで、「皇帝の副官」を意味する称号を贈られたそうです。

しかし、いつの時代も個人の感情を国家や政治より優先させることはできません。まして「瀕死の病人」にそんな温情を持つ余裕はありませんでした。

第一次大戦終結時の敗戦国側になってしまったことでさらに弱体化してしまったオスマン帝国は、清のようにじりじりと国土を削り取られていきます。これに抵抗する人々もいましたが、ばらばらの状態では国を取り戻すことは不可能です。これをほうっておけば、国家どころか民族存亡の危機へ陥っていたでしょう。

そうならなかったのは、このギリギリのタイミングでトルコ革命が起こり、帝政や数々の制度が廃止されたからです。
この革命の中心になったのがアタテュルクでした。

 

帝国の英雄 一転、革命のリーダーに

当初アタテュルクは抵抗側を取り締まるためオスマン帝国から派遣されたのですが、彼は腹の中で既に皇帝を見限っていたため、抵抗派をまとめて一丸となることを訴えました。「英雄」が味方になってくれるのですから、人々はさぞ心強く感じたことでしょう。

しかしこの間に首都イスタンブールまで連合軍に占領されてしまい、アタテュルクらはアンカラで議会を開き、抵抗運動政権を作りました。

そしてアナトリア半島の東部・南部・西部各方面で少しずつ開放戦を始めます。
すべての戦闘に勝利したわけではありませんでしたが、最終的にはほぼ全ての国土を取り戻すことができました。
この間皇帝を始めとしたオスマン帝国政府は保身のみに走り、抵抗運動政権と合流する素振りすら見せなかったため、完全に民衆の心は後者についてしまいます。
そしてメフメト6世は帝位から追われ亡命、ここに600年続いたオスマン帝国は滅亡を迎えたのでした。

帝国から共和国制へ移行したトルコで、アタテュルクは初代大統領に就任し、目の回るような勢いで改革を推し進めていきました。主に政教分離と世俗主義の徹底や男女平等、トルコ語や文字の整備、姓の創設などです。

政教分離についてはアタテュルクが大の酒好きだったため、「飲酒ダメ絶対!!」のイスラム教方面から文句を言われないようにしたかったという説もありますが。現在もトルコはイスラム圏にも関わらず飲酒に寛容なのはこのためだそうで。

これらの改革はあまりにも急進的だったため反抗や暗殺未遂なども起きましたが、その度にアタテュルクは反対派を排除して改革を続けました。
この点に対し「独裁者」とされることもあるものの、アタテュルクの改革のおかげで国土の完全な植民地化を防ぎ、第二次大戦ではほぼ中立を貫くことができたので、現在では「良い独裁者」「建国の父」として見ている人が多いようです。
どこの国でも「好きな自国の英雄は?」というと何人か候補が上がってきますが、トルコの場合はムスタファ・ケマル・アタテュルクがダントツだとか。
日本だと……うーん、ちょっと当てはまりそうな人が見当たりませんね。人気の高さで言えば信長でしょうか?でも嫌いな人も多いですからねえ。

 

政教分離が今も浸透

アタテュルクの掲げた方針の中でも、政教分離は特に残っているものの一つだと思われます。
不明瞭な記憶で恐縮ですが、昔何かの番組で、トルコ(イスラム圏のどっかだったかも)でキリスト教徒の方とイスラム教徒の方がルームシェアしているという話を見たことがあるのです。

当然ラマダーンにイスラム教徒の方は断食しますが、キリスト教徒の方はその横で普通に食事をするとか。
日本人からすると「嫌がらせか!」とツッコミたくなるところですけども、本人達は「お互いの信仰を守っているだけだから気にしてない」と涼しい顔でした。そりゃそうだけどすげえ話だ。

でも、世界中でこういう相互理解と尊重が当たり前になったら、戦争の半分くらいはなくなるのかもしれませんね。

長月 七紀・記

 

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/ムスタファ・ケマル・アタテュルク

スポンサーリンク

   http://ashita.yu-yake.com/asia-history/turkey-history.htm
   http://www.t3.rim.or.jp/~miukun/TURK%20H%20FRONT.htm
   http://earth.watype.net/ja/globe/





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.