日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた ロシア

大津事件で日露関係が悪化しなかったのはロシア皇太子(ニコライ2世)が日本びいきだったから?

更新日:

 

エライ人というと「お金持ちでやりたいことは何でもできて、威張り散らしている人」と思いがちですよね。中世まではおそらくそういうタイプのほうが多かったのでしょうけども、時代が進むにつれてそうもいかなくなってきます。

市民のほうに道徳心その他が芽生えてくると、上に立つ人間の評価がより細かくなってくるからです。平たく言えば「尊敬できないヤツはエラくもなんともない」というわけですね。

欧米圏の「貴い身分のものほどいざというときは矢面に立たなくてはいけない」とするノブレス・オブリージュや、ことわざの「実るほど頭を垂れる稲穂かな」なんて言葉は、こうしたことから生まれたものなのかもしれません。

しかも、直接本人の責任が及ばないところから災いが降ってくることもあるのですから、もしかすると一般庶民よりも努力が実りづらい人々ということもできそうです。
本日はその最悪の例である、二つの暗殺(未遂)事件を見ていきたいと思います。

【TOP画像】ニコライ2世の治世においてロシアで完成した「血の上の救世主教会」

 

日本LOVELOVEなニコライ二世さん

明治二十四年(1891年)の5月11日は、大津事件のあった日です。

最重要ではないにしろ、歴史の教科書には必ず載っているかと思いますので、聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。
ものすごく端折っていうと「ロシアの皇太子が大津(現・滋賀県大津市)で暗殺未遂に遭った」という事件です。

ニコライ二世

このときのロシア皇太子は、後々ロシア帝国のラストエンペラーになるニコライ2世(ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ)。ややこしいのでこちらのお名前で以下統一しますね。
いわば要人中の要人で、もし世が世であれば犯人はもちろん、警備の人間がまるっと処刑されてもおかしくはないほどの事件でした。

しかし、実際には犯人ですら無期懲役で済み、知事と警備担当者の罷免はもちろんですが、あとは大臣が3人ほど辞職するだけで終わっています。この辞職した中に先日ご紹介した西郷従道もいたりして。
コトの大きさを考えればやたらと甘い処分ですが、これは当の被害者が異様なほど寛容な発言をしたからでした。

ニコライ2世は日本に来てみて風物をすっかり気に入ってしまったらしく、お忍びで長崎を見物して歩いたり、竜の刺青を入れたりと「一国の皇太子がそれでいいのかアンタ」とツッコミたくなるほど日本びいきになっていたのです。
竜ってキリスト教圏だと悪魔の象徴だった気がするんですけど、ロシア正教だとまた何か違うんでしょうか。ドラゴンと東洋の竜だと別物扱いってことですかね?教えてエ□い人。

スポンサーリンク

明治天皇自ら見舞いに出かけ帰国前には晩餐会

明治天皇御自らお見舞いに行ったこともかなり効果がありました。
事件の後ニコライ2世は京都にいたのですが、明治天皇は報告を受けると即座に向かい、直接お詫びされたそうです。

ニコライ2世もこれには納得してくれ、「軽傷で済みましたし、陛下や日本人の厚情に感謝していることは変わりません」、「どこの国にも愚か者はいるのですから」と穏やかに済ませてくれました。

本当はこの後、東京を訪問する予定だったのですが、ロシア本国から「怪我したんだから無理せず帰ってきなさい」という指示が出て中止になってしまっています。

その代わりに帰国直前の船上で明治天皇を招いた晩餐会をしてくれているので、当時の皇帝やロシア政府からの印象も「国のトップが謝ってくれてんのに、ゴタゴタぬかすのは大人気ないだろ」という感じだったようです。日本は皇族を謝罪使節としてロシアに派遣することも決めましたがロシアが「いいよ、気にしないで」とここでも寛容さを表明。やさしいな。

本国が激おこスティック(ry)だったら、極端な話ここで日露戦争が始まっていたかもしれません。その場合ボロ負けしてたかもっすね・・・gkbr

この頃は、ある意味、日露関係が最も良かった時期ともいえそうです。こんな物騒な事件で友好関係を証明されてしまうというのは、何とも後味が悪い話ですが。

ついでに言うと、急激に悪化したのは日清戦争後のいわゆる”三国干渉”でロシア・ドイツ・フランスが日本にアレコレ言ってきたからであって、ニコライ2世や明治天皇の個人的な感情による部分は少ないと思われます。多分。

スポンサーリンク

犯行の理由は「ロシアの態度がムカついたから」

さて、日本側では速やかに犯人を処分することを確約したものの、現実問題としてどうするのかは一時難航しました。当時の日本には、外国の要人を襲った者に対する処罰が定められていなかったためです。

政府の中でも「わが国の皇族へ不敬をはたらいた者と同等(死刑)にすべき!」という人と、「ヨーロッパでは他国の王族と自国の王族を同列扱いにしてないから、死刑は不要」と考える人に分かれました。

結局は後者の意見にまとまり、犯人は無期懲役になっています。

ちなみに犯行の理由は「ロシアの態度がムカついたから」「一太刀報いたかったから」「お忍び?つまり忍者=日本の地形を探りに来たスパイ」(意訳)というネトウヨ的な程度のもので、コロしたいほどロシアやその皇族が憎かったというわけではないようです。

……それをやった結果国際関係がどうなるかとかは考えなかったんですかね。

サラエボ事件の場合は?

ここで「他国の要人襲撃事件」としてもう一つ例を挙げてみましょう。1914年(大正三年)のオーストリア皇太子フランツ・フェルディナント襲撃事件です。

事件の起きた都市の名を取って”サラエボ事件”と呼ばれていますね。第一次大戦のきっかけになったこともあり、こちらをご記憶の方のほうが多いでしょうか。
同じ”皇太子”という身分に害が及んだにもかかわらず、なぜこれほどの差が出たのでしょう?

主な理由は二つ考えられます。

一つめは、事件の当事者二国がもともとどのような関係にあったかということです。

当時の日露関係は上記の通り比較的友好でしたが、オーストリアと事件の起きたボスニア・ヘルツェゴビナ(当時)は真逆=最悪に近い状態でした。

前者が「人種も文化も違うけどそういえばご近所さんだったね。できれば仲良くしようぜ」(超訳)という流れだったのに対し、後者は「オーストリア皇太子だか何だか知らないけど、アンタらのやってることはムカつくんだよ!ブッコロ!!」(同じく超訳)な雰囲気だったので、そもそも犯人の殺意が違います。

フランツ・フェルディナント・フォン・エスターライヒ=エステ

 

夫妻揃って殺されてしまったゆえに・・・

もう一つは、何といっても被害者の状態です。

ニコライ2世も後遺症が残るほどの傷を頭に受けたものの、本人が「軽傷」と言ってくれたのでその後いろいろと穏やかな方向で話を進めることができました。

しかし、フランツ皇太子の場合はご夫婦揃ってその場(正確には搬送先)で亡くなってしまっていますから、ご本人たちの意思云々が全く考慮されずにあそこまでなだれ込んでしまったわけです。
フランツ皇太子自身がその地位につくまでいろいろあった人なので、他の事情もありますがその辺の話はまた改めてしましょう。

この辺の時代は激動過ぎて「暗記第一!」がさらに強まりやすいところですが、こうした視点で見てみるのも結構興味深いものです。
「戦争の原因になった・ならなかった事件」とかでどなたか本を書かれてませんかね。

長月七紀・記

スポンサーリンク

サラエボ事件については「第一次世界大戦の原因となったオーストリア皇太子と松平容保の意外な接点」「なんと! タイタニックのせいで第一次世界大戦が勃発した!?のかも 【第一次世界大戦100年Vol.7】」もどうぞ。
参考:
大津事件(wikipedia)
フランツ・フェルディナント・フォン・エスターライヒ=エス(wikipedia)





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, ロシア
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.