歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

手前のMOBキャラのどこかに二人が?!(「戦国BoogieWoogie」アニィたかはし作より)

織田家 その日、歴史が動いた

桶狭間で今川義元を討った二人 毛利新介と服部小平太はどうなった?

更新日:

 

夢もロマンもないような話ですが、戦国武将で「○○が××に討ち取られました」といった場合、実際に××が○○を討ち取ったケースはほとんどありません。

より正確に書くとすれば、「○○が××”隊”に討ち取られた」というところでしょう。
何でかというと、基本的に武将というのは隊の指揮をしなくてはいけない=すぐ討ち取られるとマズイので、最前線には出ないのです。
たまに士気高揚などの目的があって文字通り矢面に出てくる人もいますが、基本的には武将は後ろのほうにいるもの。

永禄三年(1560年)の5月19日に起きた、桶狭間の戦いももちろんそうでした。

織田信長今川義元を討ち取り、歴史の表舞台に出た」ことで知られていますが、実際に義元を討ち取ったのはモブ(特徴のない脇役キャラ)ともいうべき二人の武士だったのです。

手前のMOBキャラのどこかに二人が?!(「戦国BoogieWoogie」アニィたかはし作より)

手前のMOBキャラのどこかに二人が?!(「戦国BoogieWoogie」アニィたかはし作より)

 

桶狭間で活躍した無名だった二人

一人は服部小平太といい、義元に一番槍をつけたことで歴史に名を残しました。

しかし義元も公家趣味が過ぎるとはいえ武士ですので、ただやられはせず返す刀で小平太の膝を斬ったとか。
ここへ助太刀に入ったのが毛利新介という人で、彼が実際に義元の首を取ったといわれています。

イヤな見方をすれば手柄を横取りしたともいえますが、その後トラブルになっていないところをみると当人同士にそういう意識はなかったようです。

当たり前ですが最後の最後まで義元は激しく抵抗したらしく、新介の指を食いちぎったともいわれています。KOEEEEEE!

 

スポンサーリンク

毛利新介は本能寺の変で散る

二人とも桶狭間の後は特に武功を挙げることはできませんでしたが、新介は信長お気に入り隊こと黒母衣(ほろ)衆の一人として仕え続けているので、目をかけられてはいたようです。役立たずだったら信長が放り出していたでしょうからね。
本能寺の変で織田信忠と共に最期まで戦って討死したそうですから、功績はなくとも「コイツは信用できる」と思われていたのでしょう。

ちなみに「母衣」というのは流れ矢などを防ぐため、背中につける布のことです。馬に乗って駆けると膨らむので結構マヌk……もとい、目立ちます。
目立つ=狙われやすくなるのであまり意味がないかのように見えますが、流れ矢は戦場での死因ワースト3に入りますので、きちんと効果はありました。背面エアバッグみたいなもんですね。

また、目立つのを利用して「俺らこんなに目立っちゃってるけどつえーから平気なんだぜヒャッハー!!」(※イメージ)と喧伝する効果もありました。

信長は黒母衣衆と赤母衣衆という隊を作っており、後者には前田利家が所属していましたので、何となく聞き覚えのある方もいるかもしれませんね。

その他、母衣は伝令の目印として用いられることもありました。当時の伝令は現代で言えば速達や電報にあたりますから、いち早く味方の報を伝えなくてはいけませんが、混乱しがちな戦場では誰が本当の伝令なのか即座に見分けることは不可能です。
しかし、予め「このド派手な母衣のヤツは伝令だから、先に通すように!」というように伝達しておけば、遠目からもわかり、主の元までスムーズにたどりつけるというわけです。

 

城持ちにまでなったが秀次事件で切腹~服部小平太

小平太のほうはというと、新介よりも長生きはしました。
秀吉が政権を手にしてから豊臣家に仕え、派手ではないものの着実に武功を積み重ねて城を与えられています。
が、羽柴秀次(例の甥っ子)に付けられたことから運気が下り坂に……。いまだ謎の多い秀次事件の連座(とばっちり)を受けて、切腹することになってしまったのです。

上杉景勝に預けられた上での切腹ですから、武士としての体面は保たせてもらっているのがまだ救いでしょうか。また、息子は別の家に養子に入り、紀州徳川家(頼宣とか吉宗んち)に仕えたそうですので、末代まで汚名を着せられたというわけではないようです。
本能寺の変が起きず、信長や信忠が生きていれば、二人とももう少し活躍する場があったかもしれませんね。
長月七紀・記

*ちなみに、桶狭間の戦いは最近では、「正面攻撃説」が優位ですが、編集部では「信長公記をちゃんと読むと正面攻撃はありえねぇべ」などと侃々諤々の議論中です。いずれまとめたいです。

本日18日には現地・桶狭間(愛知県)で古戦場まつりが開かれました→公式HP




スポンサーリンク


参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/毛利新介
http://ja.wikipedia.org/wikih/服部小平太




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-織田家, その日、歴史が動いた
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.