歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

伊達家 その日、歴史が動いた

伊達政宗の命日なので伊達な事物に「政宗果汁」が何%含まれるか調べてみた

更新日:

 

戦国武将に限らず、有名な歴史上の人物というとやはり大河ドラマをきっかけに知られることが多いですよね。
今回の主役は、そのはしりともいえるあの人です。
寛永十三年(1636年)の5月24日に70歳で亡くなった伊達政宗です。(お誕生日は8月3日)

「うまれるのがあと10年早ければ」(絵・富永商太)

絵・富永商太

独眼竜政宗以前はマイナーキャラだった?!

今でこそJRのキャンペーンマスコットのモデルになっていたり、戦国系のゲームでひっぱりだこですが、大河ドラマ「独眼竜政宗」で取り上げられるまではあまり知られていなかったそうですね。意外や意外。
渡辺謙さんの名演技もさることながら、波乱万丈としか言いようのない生涯や度胸の良さ、その他諸々のエピソードですっかりファンになってしまったという人が多かったのでしょう。

一説には、大河の前と後で東北新幹線の乗客数が倍増したとかしなかったとか。すげえ。
多分あっちこっちの自治体が大河誘致をするのも、こうしたイメージがあるからなんでしょうね。所詮世の中ゼニかゲフンゲフン。

まあそんなわけで政宗の一生については比較的知られているほうかと思いますので、今回は生涯を追うというよりも彼に由来する物事をご紹介していきたいと思います。ぶっちゃけ良くも悪くもネタが多すぎて一日分じゃまとめきれな(ry

スポンサーリンク

政宗由来の品々

史実性の強いネタはいずれまとめるとして、政宗果汁数%くらいかもしれないものを、こまけぇこたぁいいんだよ!なノリでお伝えします。

その1・ずんだもち 政宗果汁1%未満

 

ずんだ(Wikipediaより)

今も仙台名物として知られている、枝豆でつくったあんをのせたお餅のことですね。
やたら鮮やかな黄緑色・「甘い枝豆ってナニよ!?」ということで、見慣れないとなかなか手を出しにくい感もありますが、一度食べてハマったという方は多いのではないでしょうか。私もその一人です。
由来にはいろいろ説があるのですが、その一つに「伊達政宗が陣中(戦で布陣している最中)に、枝豆を太刀で潰して餅にのせたのが始まり」というものがあります。

包丁使えよとツッコミたくもなりますが、多分戦の最中で手元になかったのでしょう……多分。
陣中に砂糖があったのかという点も気にかかるものの、もしかしたら江戸時代になってから砂糖がプラスされたのかもしれませんし。

名前の由来も”陣太刀がなまって「ずんだ」になった”とか、”豆(ず)を打ったから「豆打」→ずんだになった”とかいろいろいわれていて、これといった定説はないようです。

と、ここまで書いておいてなんですが、当サイトにも寄稿している作家・恵美嘉樹さんが「仙台すずめ踊りが伊達政宗に由来にするなんて真っ赤なウソぴょ~ん」の中で、

 仙台のお土産の定番の一つ「ずんだ餅」。

 なんでもある情報誌に「寛永11(1634)年に領内巡視をしていた政宗に、家臣が差し上げたところ、政宗が気にいった」というストーリーで説明されていたそうです。

 ところが、寛永11年には、政宗は京都に上洛しているので、領内巡視できるはずはないし、そうした史料は同業者(歴史研究者)の誰も見たことも聞いたこともないそうです。

 

おわた……。政宗果汁1%未満で。。。

「めご姫~、ずんだ食べようよ」(アニィたかはし・絵)

「めご姫~、ずんだ食べようよ」(アニィたかはし4コマ連載マンガ「戦国ブギウギ」)

その2・伊達巻 政宗果汁20%

お正月のおせちに入っている黄色いアレです。
こちらは「政宗が好きな料理だったから」という説と、「政宗のようにド派手だから」伊達巻と呼んだ説があります。
これは私見ですが、後者の場合は朝鮮出兵で諸将が兵を連れて上京した際の出来事が関係しているかもしれません。
このとき、政宗は自分の兵にキンキラキンの武装をさせ、秀吉好みの悪趣m……もとい、豪華絢爛な趣向で並み居る大名を驚かせました。
伊達巻の切り口も黄金といっていいほどの真っ黄色ですから、少なからず影響はあるんじゃないでしょうかね。

食べ物ネタが多いのは、政宗が料理好きだったという理由もあると思われます。
晩年にもてなしの心がうんたらという教訓を残している他、「お母さんに毒殺されかけて神経質になったんじゃね?」なんて説もあったりして世知辛いものです。
しかしずんだもちも伊達巻も甘いもの=当時の贅沢品=殿様らしいというかなんというか。

ちなみに、仙台名物の食べ物としては牛タンも有名ですが、こちらは意外に?政宗とは関係ありません。
戦後の食糧難の時期に「焼いてみたら美味かった」という理由で広まったものだそうです。
明治時代まで、日本には肉を食べる習慣があまりなかったですし。
当時牛を食べていたら、それはそれでまた何か別の料理を生み出していたかもしれませんね。

これは政宗果汁80%は認定いけるか?!!

えっ、なになに?

「食べ物の伊達巻は着物の小物の一つ伊達巻に似ているのでこの名がついた。かまぼこには卵白だけを使うため、残った卵黄の利用法として考えられたものという」(日本大百科全集)

ガクガク、着物の小物の伊達巻が政宗由来かもしれんじゃないか!!!

 

……20%にしておこう。

 

もう食べ物はやめてそれ以外でもう一つ行きましょう。

「おれ、卵食べられないし(適当)」くらたにゆきこ・絵

「おれ、卵食べられないし(適当)」くらたにゆきこ・絵 記事「敵の城でぐーぐー寝た政宗」

その3・伊達男 政宗果汁120%

今はあんまり言われなくなった気もしますが、「身なりも行動もカッコイイ男性」のことです。
平たく言えば心身ともにイケメンという意味ですね。
政宗の墓所・瑞鳳殿に遺骨から複顔した像があるのですけども、確かにイケメンといっていい顔立ちをしていますし、あの有名な三日月の兜や、彼がデザインしたといわれる陣羽織などは現代の基準でもカッコイイですよね。

多趣味で諸々のセンスにも長けていた政宗は、今で言うなら「料理好きのチョイ悪オヤジ」ってところでしょうか。……政宗の場合、チョイどころか首も国も吹っ飛びそうなことを何回もやってますけどねワロエナイ。
それでも切り抜けちゃうあたりがまたスゴイ人なんですが。
「運も実力のうち」といいますし、遅すぎた生まれの分、神様がオマケしてくれてたのかもしれませんねえ。

これはさすがに政宗100%でしょう?!

しかし、これも調べてみると、もともと、同じ意味で「男立て」という言葉があったのだそうです。

しかし、しかし、政宗や伊達軍団のかっこよさから「立て」よりも「伊達」のほうがふさわしいんじゃない?となって、「伊達男」となったのです。これって、政宗が秀吉や家康から天下人の称号を奪ったようなものですよね!

よって、「伊達男」は政宗果汁120%に認定します!*異論は認める

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/ずんだ
http://ja.wikipedia.org/wiki/伊達巻
http://ja.wikipedia.org/wiki/伊達男

 




注目 西郷が沖永良部島で
出会った川口雪篷とは


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-伊達家, その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.