日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

フリードリヒ2世(Wikipediaより)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた ドイツ

フリードリヒ2世とは? マリア・テレジアと結婚しそうになったドイツのおやっさん

更新日:

 

どこの国でも「ここといえばこの人」みたいな歴史上の人物っていますよね。
イギリスであればエリザベス1世とか、フランスならルイ14世とか。

為政者に限定しなければ、イタリアのミケランジェロなどさらに多くの人物が候補に上がってくるでしょう。
ではドイツの場合は一体誰になるか……と考えると、地元ではドイツそのものより、前身になったあの国のとある王様が挙げられることが多いようです。

それは1740年(日本の元文五年)の5月31日に即位したフリードリヒ2世。まだドイツ統一前ですので、正確にはプロイセンの王様ですがこまけぇこたぁ(ry
お墓や政治の中枢はベルリンとかポツダムだったりしますしね。

フリードリヒ2世(Wikipediaより)

フリードリヒ2世(Wikipediaより)

オーストリア帝国に勝った王様

何で統一されてからの王ではなくプロイセンの王に過ぎない彼が慕われているのかというと、大きく分けて二つの理由があります。
一つは、オーストリアとの戦争に勝ってプロイセン・ひいては後のドイツを豊かにしたこと。
以前マリア・テレジアの記事でもご紹介したオーストリア継承戦争と七年戦争で勝利を収め、鉱工業で栄えていたシュレジェンという地方を手に入れたのです。
プロイセンを含め、ドイツ一帯は基本的に冷涼な気候のため農業で国を富ませることは難しく、工業で生きていくためには安定して石炭を手に入れる必要があります。
そしてシュレジェン地方は超大規模な炭田が発見されていたため、あっちこっちの国で取り合いになっており、フリードリヒ2世の食指が伸びたというわけです。
オーストリア継承戦争は「女の皇帝なんて認めねーよ!」というイチャモンが直接のきっかけですが、ここを考えると遅かれ早かれシュレジェン地方を巡って大きな戦争になっていたでしょうね。

ちなみに、マリア・テレジアとフリードリヒ2世はかつて結婚しそうになったことがあります。

もちろん政略結婚で、結局お流れになったため上記の戦争が起きたのですが。
現代に置き換えると「高校時代にちょっといい雰囲気だった男女が、成人・就職後同業ライバルになってシェアを争う」みたいな感じですかね。無理があるか。

少女時代のマリアテレジア嬢(Wikipediaより)

スポンサーリンク

ドイツの食文化の起源(あんまりすげーって思わない日本人)

もう一つは、フリードリヒ2世の時代に今のドイツとほぼ同じ食文化が根付いたこと。
当時”新大陸”と呼ばれていたアメリカ大陸から渡ってきたばかりのじゃがいもとコーヒーが、彼の治世下で広まったのです。
特にじゃがいもはドイツの気候でもよく育つ作物であるということで、自ら毎日食べて模範となったそうです。最初のうちは「ゴツくてキモイ」「ほっとくと緑色になるとか悪魔の食べ物なんじゃないの?」と不評だったらしいですが、「王様が食べてるならイイものに違いない」ということで少しずつ広まりました。

ドイツ料理(Wikipediaより)

その結果市民の食糧事情が良くなり、じゃがいもはドイツの食生活に深く根付いていくことになるのです。
これに感謝してか、今でもフリードリヒ2世のお墓にはしょっちゅうじゃがいもが供えられているそうで。お墓に食べ物をお供えするって日本以外だと珍しいんじゃないでしょうか。

コーヒーのほうは最初から人気だったようで、あまりに需要が高まりすぎて貿易赤字を招き、さらにビール業者がダメージを受けたほどだったそうです。ドイツ人からビールを取ったら一体何が残るんだ。
これに対しフリードリヒ2世はコーヒーの関税を高くして対応したのですが、それでも市民達はアレコレ炒ったりして代用コーヒーをいろいろ考えていたそうですから、ホントに皆好きだったんでしょうね。まさか一国丸ごとカフェイン中毒だったなんてことは……まさか。

スポンサーリンク

部下のひざ枕で寝たことがある→BL界注目か

その他、「兵卒が怪我をしているのを見てハンカチをあげた」とか「部下の膝枕で寝たことがある」といったように、身分の上下にあまりこだわらないことからも市民からの絶大な人気を得ていました。

しかし、それはあくまで男性相手の話で、女性については自らの妻でさえも徹底的に冷遇・蔑視していたようです。
母親から虐待されたというわけでもなく、むしろ父王からボッコボコにされてたらしいのでどこからこの考えが出てきたのかサッパリです。お姉さんとは仲良かったらしいですし。
まあ、当時の社会的・宗教的観念として「女性は男性より劣った存在である」という価値観の人は珍しくなかったでしょうけどね。腕力・軍事力・政治力があってナンボの時代ですから。
これらをまとめると優しいのか優しくないのかよくわかりませんが、王様として有能な人物であったことは間違いなさそうです。

長月七紀・記

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/フリードリヒ2世

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, ドイツ
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.