日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

徳川家康/絵・富永商太

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 徳川家

神君伊賀越えとは? 本能寺の変が勃発し、徳川家康、命からがら三河へ逃げ帰る

更新日:

天正十年(1582年)の6月4日、本能寺の変により堺から逃げてきた徳川家康が、伊賀の険しい山々を越えました。

いわゆる”神君伊賀越え”です。
豊臣秀吉の”中国大返し”と比べると話題になる頻度は低いかな?という気がしますので、本能寺の変が起きる直前、家康が何をしていたのかというところからお話しましょう。

 

武田家を滅ぼしてタヌキオヤジ ウハウハ

この年の三月、信長は武田家を滅ぼしました。
これには家康の調略など徳川家の協力が不可欠であり、信長は大いに感謝していました。奥さんと長男を自害させたのに(少なくとも表向きは)恨まず加勢してくれたんですから、そりゃありがたいですよね。
そのため信長は、駿河国(現・静岡県)をまるごと家康に進呈しています。

この大盤振る舞いに対する返礼として、家康は駿府一体に私財を投じて大工事を行い、新しく作った宿で信長をもてなしました。

長年の塩分過多な食生活で短気になってたっぽい信長も大喜び。元々「戦国で唯一、双方共に裏切らなかった同盟」でもある両者ですし、幼い頃から顔を見知っていた(といわれている)ので、お互い昔の不遇を思えば感激も一入だったでしょう。ええ話や。

 

スポンサーリンク

宴会には宴会で返す それができる男の流儀(と落とし穴)

この宴会がそもそも返礼ですので、ここでおしまいにしても良かったのですが、信長はさらに「(家康に)あんだけやってもらっといてハイ終わりはちょっとな。今度ウチに来いよ。ついでに京・大坂も見物してったらいいじゃん」(超訳)ということで、さらに安土城へ招いています。
この辺の気の使いようは一般的なイメージの信長らしくないというか、それだけ家康と徳川家を重要視していた証左ですかね。

さすがに家康としても「いやいや結構」と断るのは心証を悪くしかねませんし、受けて安土に向かいます。家臣たちは「返礼の返礼とか怪しくね?殿が危ないんじゃね?うおおおおおお殿をお守りするのだああああああ!!」(※イメージです)ということで緊張しまくっていたようですが。

このときのお供は人数は少ないとはいえ、本多忠勝など後々徳川四天王と呼ばれる人々を含めた、いわば精鋭中の精鋭でした。後のことを思えばこれが良かったんですけども、物々しいにも程があるやろ。

東の最強武将・本多忠勝さんです/Wikipediaより引用

そして安土城では信長自ら給仕やお酌をするなど、「ウェルカム家康とその家臣たち!!」な大歓迎を受け、能見物などで数日過ごした後京都へ向かいました。
家康はあまり演劇に興味がなかったようなので「ありがた迷惑だったんじゃね?」と見る人もいますが、まあそこはお付き合いですから。
ちなみに家康安土滞在中の接待役が明智光秀で、家康がまだ滞在中なのに「サルの援軍に行け」と言われてブチ切れ、本能寺の変に至った説もありますね。
ホントありとあらゆるところから仮説が出てきますなあ。

 

スポンサーリンク

堺でお買い物中に本能寺の変!

家康は予定通り京都を見物し、5月30日からは堺見物をしていました。
とはいえ国の主ですから、ただ見ていただけではなく「これからウチの城や街をどう作り栄えさせていくか?」というようなことを考えていたんでしょうね。
しかし、この堺滞在中に本能寺の変が起こったため、家康のシム○ティ構想は途中で打ち切らざるをえなくなってしまいました。
京都から堺は、当時の交通事情でも一両日程度。ということは、もし光秀が「信長に味方した奴全部ブッコロ!」なんてことを言い出せば、真っ先にやられるのはほぼ丸裸状態の家康です。

さらに「今のうちに武士っぽい奴の首を持っていけば、光秀サマが取り立ててくれるかも!?」なんて皮算用をする農民その他による落ち武者狩りに遭う危険もありました。
八方塞がりになった家康、一時は「ワシも死ぬ!!」と大騒ぎだったともいわれていますね。そりゃなあ。

家康「ち、ちょっとお腹がいたくなってきた」(アニィたかはし絵)

家康「ち、ちょっとお腹がいたくなってきた」(アニィたかはし絵)

しかし「信長死す」の報を届けてきた商人・茶屋清延(四郎次郎)は「私もお供しますので、一刻も早くお逃げください。金を出せば通してくれるところもあるはずです」と逃亡を勧めました。少人数だからこそ、かえって目立たず逃げやすいと思ったのでしょう。
さすが商人、目端が利くというかなんというか。

 

中国大返しよりすごいかも 新名神経由でも200キロ超

とはいえ、まともな道を通ったのでは「どうぞ怪しんでください」と言っているも同然。主要な街道は既に明智方に封鎖されているだろうと踏んで、裏道どころか獣ですら通るかどうか怪しいようなルートを選んだとされています。

とはいえまさに決死の逃亡劇ですから、はっきりした道筋はわかっていません。その割にググる先生にお訪ねするとググるマップにマーカーつきででてくるんですが、多分ファンの方が作ったんでしょうね。ありがたく使わせていただきます。

より大きな地図で 神君伊賀越え を表示

この地図をさらに航空写真で見てみると、まさに道なき道を行くといった感じで「よく数日で踏破したな」といわざるをえません。
現代ですらほとんどの場所が緑一色=山の中ですから、当時はどうだったかなんて想像もつかないほどです。

ちなみに新名神高速経由での堺~岡崎間が218kmだそうです。伊賀越えのルートもほぼ同等の距離と考えると……あれ、中国大返しよりすごくね?

はっきりしたルートがわからない=詳しい日程も不明なので、これはあくまで一説を元にした仮説ではあるのですが、それにしたって早すぎますよねえ。山道だったことはほぼ間違いないでしょうし。
この辺が家康黒幕説の根拠だったりするんですかね。共謀説もありますけども。
まさに謎が謎を呼ぶ本能寺関連、ほんとにタイムマシンができるまで真相がわからなそうですね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/伊賀越え
http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2007/06/post_c5e6.html

 





1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 最上義光 名将の証明


4位 ホントは熱い!徳川家康


5位 意外と優しい!? 織田信長さん


6位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


7位 毛利元就の中国制覇物語


8位 伊達政宗さんは史実も最高!


9位 最期は切ない豊臣秀吉


10位 史実の井伊直虎とは?

 

-その日、歴史が動いた, 徳川家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.