日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

明治時代に誕生した森永ミルクキャラメル

更新日:

ポルトガルからやってきたあのお菓子 

日本に西洋の文物が入ってきたタイミングは、大きく分けて二つあります。

戦国時代と明治時代。戦後はいわずもがなですので除外ということで。

このうち前者の場合、ポルトガル由来のものがたくさんありまして、単語もほぼそのまま残っています。例えば”パン”はポルトガル語の"pao"が語源だとか。

というわけで、本日の主役はポルトガルからやってきたものの中でも特に愛されているあのお菓子です。

 

スポンサーリンク

発売当初は「キャラメル」だけと素っ気無く 

大正二年(1913年)のあす6月10日、森永製菓がキャラメルを”森永ミルクキャラメル”と改称しました。

キャラメルといえば、森永製菓創業時から現在に至るまで看板商品ですが、当初はそっけなく「キャラメル」とだけ書かれていたのをこの日改めたのだそうです。
その後バラ売りや缶入り・箱入りなどの変遷を経て、大正時代には現在のような山吹色の箱でほぼ固定化されたようですね。
当時の物価では高級品だったので、贈答用の缶入りなどが販売されていた時期もありました。

以前取り上げた昭和の奇人もとい天才・南方熊楠が昭和天皇に標本を献上したときの箱もこれかと思いきや、業務用の大きい箱だったそうです。
今調べ直したら、「桐箱も用意したけど開きにくかったから」という理由で、熊楠自身が標本の保管に愛用しているこの箱を選んだのだそうです。
昭和天皇がその場でお手に取った・中身を見ようとしたかはわかりませんが、多分そういうことを想定して開けやすい箱にしたんでしょうね。

天才と称される南方熊楠さんです/wikipediaより引用

天才と称される南方熊楠さんです/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

創業者森永太一郎がアメリカで製法を学ぶ

さて、ここで終わらせると森永製菓さんの手先みたいなので、もう少しキャラメルの歴史についてお話しましょう。

実は日本に当初伝わったとき、あの四角い形のキャラメルではありませんでした。
ではどんなものだったかといいますと、よく似た名前の「カラメル」。プリンの下にあったりのっかったりしている液状のアレですね。
水と砂糖を煮詰めれば作れますから、長旅をしてきた宣教師達にも手軽に作ることができたのでしょう。

現在のようなキャラメルになったのは、実は森永製菓の創業者・森永太一郎がアメリカで製菓について学び、帰国後に考えてからだそうです。つまり、現在のようなキャラメルは明治時代に生まれたということになります。

アメリカのお菓子というととんでもなく甘い上に食べ物とは思えない色をしていることがありますが、そこまで日本に持ち込まれなくて良かった……と心の底から思わざるをえません。

20世紀初頭は現在ほどの色合いではなかったかもしれませんが。

 

チキンのコーラ煮もあるぐらいだし

ところで最近、キャラメルが料理にも使えるとのことでこんな本が出ています。

そして、実際に試作・試食されているレビューがこちら。

【「森永ミルクキャラメルレシピ100」を使って豚の角煮・フレンチトーストなどの料理をいろいろ作ってみた】(GIGAZINE

本の内容も実際に食べた感じも評判は上々のようです。まあ、そもそも完全にダメだったら出版中止になってますよねHAHAHA!

チキンのコーラ煮とかオレンジジュース煮というのは聞いたことがありましたが、キャラメルもいろんなことに使えるんですねえ。中華でも蜂蜜を使ってチャーシュー仕込んだりしますから、大きなくくりでは同じことなんでしょうか。
ちょっと勇気が要りますけれど、今夜のおかずにお困りのご家庭は試してみるのもいいかもしれません。

塩キャラメル・生キャラメルや○○フラペチーノで大人にも大人気なお菓子になりましたが、これを見るとまた新たな世界が広がりそうですね。

 

 

長月 七紀・記

 

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E6%B0%B8%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%A1%E3%83%AB
http://www.morinaga.co.jp/caramel/history/
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31270
http://sweets.cake100.net/29.html





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.