日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

舞台となったとされる飛鳥板葺宮跡

スポンサーリンク

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

大化の改新でもあり乙巳の変でもあり……蘇我入鹿を斬首の645年

更新日:

 

歴史というか社会科全般=暗記命!な教え方をされることが多いですが、中には微妙に温情がかけられて省略されているものもあります。
あるいは先生によって「教科書のここからここはやらないから^^」と言われることもあったりして。ワタクシめも高校のときに覚えがございますので、多分他にもそういう経験のある方がいらっしゃるのではないかと。

どうせなら単語や範囲を減らすより教え方の工夫をしていただきたいものですが……っと、また歴史の先生の悪口になってしまったのでさっさと本題に行きましょう。

 

乙巳の変と大化の改新は微妙に違う 

大化元年(645年)の6月12日、乙巳の変が起きました。
「何それ?」という方と「大化の改新だろpgr」な反応をされた方に分かれそうですが、どっちもある意味では正しいですね。

何でかというと、”乙巳の変”はただ単に蘇我入鹿という当時のエライ人の首が飛んだことだけを指すからです。「変」=クーデターですしね。

『多武峰縁起絵巻』で見事すっ飛んでるのが入鹿の首です。

『多武峰縁起絵巻』/wikipediaより引用

あんまり気持ちのいいものじゃないので、拡大してみるのはやめたほうがいいかもしれません。見慣れると笑えてくる顔なんですけどゲフンゲフンくわばらくわばら。

で、何でその愉快な顔の人が物理的に首を飛ばされてしまったのかというと、自業自得としか言いようのない経緯がありました。

 

スポンサーリンク

聖徳太子の息子を殺し民衆をこき使う

この時代は聖徳太子が世を去った後、皇位継承者についてもめていた頃です。

そこで蘇我氏は先々代の天皇(推古天皇)の親戚だというのでデカい顔をし続けた上、自分達にとって都合のいい皇族を天皇にするため、聖徳太子の息子を殺してしまっておりました。

これだけでもうブッコロされる予感プンプンですが、それまでにも自分の家の墓を建てるために民衆をこき使っており、関係各所から恨みを買いまくっていたのです。
もはやテンプレ展開ですが、何でこういう人達って恨まれてることがわからないんですかね。

舞台となったとされる飛鳥板葺宮跡

 

スポンサーリンク

業を煮やした中大兄皇子自ら・・・

これを見過ごせなかったのが中大兄皇子。当時の天皇(女帝)皇極天皇の息子です。
彼は仲の良かった藤原鎌足(この時点だと”鎌子”ですが面倒なので最初からこっちで)と「そろそろ蘇我氏シメるべ」と相談し、一計を講じました。

そこへタイミングよく、「朝鮮の国々から使者が来るよん」という知らせが来ます。

この使者達を迎えるときには、朝廷で儀式をすることになっていました。遠路はるばる来た外交官達ですから、当然エライ人は皆出席します。皇極天皇はもちろん、入鹿もです。
イメージ的には、今でいう首脳会談と皇居へのご挨拶がいっしょくたになったようなもんですね。

中大兄皇子と鎌足はこれを利用し手分けして物陰に潜み、入鹿が隙を見せるのを待ちました。
このとき本当は別の人物が入鹿を刺すはずだったのですが、怯えてうまく動けず、業を煮やした中大兄皇子が自ら手を下したといわれています。

冒頭であれだけ首が飛んだ話をしたのでナンですけども、実際には足に斬りつけた後改めて刺したそうなので、首を斬られたかどうかはわかりません。

そもそもアレも江戸時代に描かれた絵なので「※イメージです」ってことですかね。

とはいえ、父親・蝦夷の屋敷(こっちはこっちで放火されて文字通り炎上中)目がけて首が飛んでいったなんて話もあるので、首を斬られた可能性も完全には否定できなさそうです。

しかし将門といい、古代史の首は(物理的に)よく飛びますね。当時の流行表現だったんでしょうか。

 

中国の影響を受けながらも改革はジックリと日本式

まあ首の話はさておき、こうしてムカツク蘇我氏を滅ぼした中大兄皇子たちは、後々”大化の改新”と呼ばれる一連の改革を始めていくのでした。
元号を使い始めたり、身分制度を整えたりと少しずつ社会が発展するきっかけにもなっています。そんなわけで、乙巳の変を大化の改新に含めることもあるようです。

改革の内容にはまだ中国からの影響が見られるものの、そっくりそのままではなく「ウチではここをこうしてああしてそうして使おう」という感じでいろいろいじくり回しているのが日本らしいというか何というか。

「日本独自の文化が花開いた」とされるのは遣唐使を止めてから(平安時代)ですけれど、このへんを見ると既に古墳時代から兆しがあるようにも思えます。日本人の「何か見ると改造・改良したくなる」DNAは変わってないんですねえ。
その結果が魔改造……なんでしょうか(※良い子はググっちゃいけません)

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2007/06/post_ef7b.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/乙巳の変

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた
-, , , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.