歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

徳川家慶/Wikipediaより引用

江戸時代 その日、歴史が動いた

12代将軍・徳川家慶 ペリー来航の激動期に空気のような存在なのはなぜ

更新日:

今まで生きてきた中で、最も影響を受けた人は誰でしょうか。

環境や世代によって大きく変わってくるかとは思いますが、やはり「親兄弟」と答える人が多そうですね。
ほとんどの場合、配偶者を除けば最も長く生活を共にするわけですから、当たり前といえば当たり前ではあります。

しかし、あまり接点があったとはいい難い立場や身分の人でも、血縁者から善悪両面において多大な影響を受けることはよくありました。
今回はどちらかというと、悪い意味での影響が続いてしまったある一家のお話です。

嘉永六年(1853年)の6月22日、江戸幕府十二代将軍・徳川家慶(いえよし)が亡くなりました。

教科書だと見事にすっ飛ばされる将軍の一人ですので、恐らく「誰?」と思われる方が多いでしょうね。治世中にはペリーが黒船で殴りこんできたり、天保の改革が行われたり「蛮社の獄」で学者さんたちが牢屋行きになったりとイベント盛りだくさんなのですが、いかんせん本人の影が薄すぎてゲフンゲフン。

 

江戸時代の「院政」の犠牲者

しかし、これは父親である十一代将軍・家斉(いえなり)とさらにその父・一橋治済(はるさだ、家慶からするとジーチャン)からの悪習が原因とも言えそうです。

なんでかというと、治済は家斉の、家斉は家慶の実権を奪っていたからです。院政や大御所政治のようなものですが、この頃になると平均寿命が延びてきていたため、その期間もハンパなく長くなっていました。

例えば家斉は五十年間将軍職に就いていましたが、そのうち四十年は治済が取り仕切っていたため、自分の意思で仕事をやれたのはたった十年程度だったのです。これじゃ自分の子供に将軍を譲っても、そうカンタンに引き下がろうとは思えないですよね。
そのため、家慶もまた最初の四年ほどは父親の言いなりになるしかなく、それをあげつらわれて「そうせい様」なんて言われてしまっていました。

どうでもいい話ですが、江戸時代の人って将軍にあだ名つけるの好きですよね。四代家綱も「左様せい様」とか言われてましたし、十代家重は病気のためトイレが近かったので「小便公方」なんて不名誉な呼び方をされています。

江戸時代ってけっこう刑罰がうるさい(そしてややこしい)んですけど、不敬罪とかなかったんでしょうか。

 

スポンサーリンク

ペリー来航で騒いでいるさなかに死亡

ちなみにこのどう考えても後任者のためにならない「院政」風の悪習は、家慶の代で終わりました。
といっても家慶が「やめよう!」と言い出したわけではなく、隠居する前に突然亡くなってしまったからでしたが。

ちなみにこの頃は上記の通りペリーが「開国シナサーイ!アメリカコワイデスヨー!」と言って来たあたりで、開国するかしないかのまさに歴史が動く瞬間だったのですが、いくら「そうせい様」とはいえトップがいなくなってはそれどころではありません。
なにせペリーが来てから三週間後というタイミングでの突然の死ですから、幕閣の中には「あの野郎仕事増やしやがって(#^ω^)」と言いたくなった人もいたことでしょう。

次の十三代将軍は篤姫の夫・家定。大河では堺雅人さんが熱演してらっしゃいましたね。

徳川家定/wikipediaより引用

これでやっと将軍親政再開かと思いきや、家定は家定で生まれつき病弱だったため、やはり積極的に政治を行おうとはしませんでした。将軍職についてから病状が悪化したともいわれていますので、やる気があってもできなかったのかもしれませんが。

さらにその次・十四代家茂も若くして亡くなり、十五代慶喜は皆さんご存知の通りキレ者ではありましたがいかんせん部下を使いこなせずに鳥羽伏見の戦いでキレてしまって、江戸幕府は終焉を迎えてしまいます。

こうしてみると、江戸幕府滅亡の遠因は一橋治済~家慶までの悪習(口出し=老害)とみることもできそうですね。
現代でも同じことですけども、自分が若い頃にやられてイヤな思いをしたことを、下の世代にやり返すのはいかがなもんでしょう。溜飲が下がったとしても負の循環にしかならない気がするんですが。というか仕返しは恨みのある相手にしないと意味なくね?

何はともあれ、ストレス解消はもっと明るく健全な方法でやりたいものです。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/徳川家慶

 




注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?



-江戸時代, その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.