日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

ギネスから消えた長寿NO1泉重千代さん 名前を聞いてピンと来れば、アナタは◯◯年代!

更新日:

誰でも小さい頃「お年寄りは大切にしましょう」と言われましたよね。

どちらかというとただ単に「年を重ねた人はエラいから大事にしないといけませんよ」ではなくて、「歳を取ると体力その他が落ちていろいろやりづらくなるから、困っていたら手助けしましょうね」という意味だと思うのですが、最近のご老人はまだまだ元気な方も多くてどういうことだってばよ。

まあ「年寄りを大切にせんかい!」という気概があるくらいが良いのかもしれませんが。
昨今は”優先席に座っている怪我人や妊婦さんを退けようとする”ようなクレイジーな人もたまにいますしねえ。「そんだけ図々しいこと言える頭と口があるんなら座らなくても大丈夫だよ^^」と言いたくなりますけどもゲフンゲフン。
まあそれはさておき、本日は寿命という人間の限界に挑戦した人々のお話です。

ギネスから消えちゃった世界記録保持者

慶応元年(1865年)6月29日は、かつて男性の世界最高齢記録保持者だった泉重千代さんが誕生したとされている日です。
当時は戸籍制度が今ほどしっかりしていなかったので、現在はこの日の可能性は低いとも言われているそうですが、まあとりあえず今日ということで。

かつてはギネスブックに「世界最高齢の人物」として記載されていたのですが、死後諸々の調査で「うさんくさくね?」という理由で削除されています。兄の戸籍と混同された可能性があるとのことで本人には悪気はなかったでしょうけども、残念なことです。

ちなみに重千代さんが亡くなったのは昭和61年(1986年)2月21日でした。まだ30年も経ってないんですね。
歯はなくなっていたものの普通に食事をし、耳もしっかり聞こえていたとのことで、長寿にあやかろうと訪問客が絶えなかったそうです。白内障を患ったことがあるので、視力はかなり低くなってしまっていたようですが。
1865年生まれだとすると、亡くなったときには120歳。還暦が60歳ですから、まるまる二巡したことになります。これを大還暦というのですが、まあテストには出なそうですね。(上記の兄の戸籍混同説によれば重千代さんは105歳で亡くなったことになるんだとか)

スポンサーリンク

110歳以上生きるとスーパーサイヤ人ならぬスーパーセンテナリアンに変身

大還暦の一歩手前、110歳以上生きた方のことはスーパーセンテナリアンといいまして、重千代さんは105歳だったとされているのでこちらには含まれていません。
が、今もスーパーセンテナリアンの男性世界記録保持者は日本人です。
木村次郎右衛門(じろえもん)という人で、明治三十年(1897年)生まれで平成25年(2013年)に亡くなりました。

女性の最高齢記録者はジャンヌ・カルマンというフランスの方です。確かな記録がある中では史上唯一の大還暦を達成した人でもあります。亡くなったときは122歳でした。
さすがにこの記録はまだまだ抜かれそうにありませんが、現在存命中の人物(男女含む)で最高齢なのはこれまた日本人です。大川ミサヲさんという方で、現在116歳になられました。
日本人女性の最高記録が116歳と175日ですので、おそらく更新されるでしょう。
明治時代が102年前までであることを考えれば当然の話ではあるのですが、あと十年くらいするとほぼ確実に明治生まれの方がいなくなってしまわれるんですね……。
ワタクシが子供の頃はそこかしこに明治生まれのじーちゃんばーちゃんがいて「あの人は明治気質だからねえ」なんて話をたびたび聞いていましたけれども、時の流れは早いものです。

スポンサーリンク

末期ガン告白のドクター中松は140歳説をとなえるが限界は?

ちなみに生物学的に人間の寿命を考察した場合、120歳あたりが限界だそうで。
生き続けるということは全身の細胞が分裂し続けることとほぼ同義らしいですが、分裂できる回数に限界があるからとのことです。これをヘイフリック限界といいます。
ヘイフリック限界を迎えた細胞は分裂できない=新陳代謝ができないことになるため、老化が進みいずれ生物としての寿命を迎えるという仕組みだとか。
生物の専門家じゃないので細かい点が間違ってるかもしれませんスミマセン。

スポンサーリンク

この回数を意図的に増やすことが寿命延長に繋がるわけですが、その方法はまだ確立されていません。
「低カロリーな食事で寿命が延びる」とか「高地の人々に長命者が多い」ということからいろいろな面で研究されているようですけども。日本でも平均寿命が特に長いのは長野県らしいですし、この辺からいずれ解明されていくのでしょうか。
でも、120年生きるのが当たり前な世界になったらそれはそれでコワい気もします。全員がずっと健康に働けるわけでもないでしょうし、日本の場合今ですら雇用やら年金やらでえらいことになってますし。ますます少子化が進みそうな気も……。
まあ、移民政策よりは長命もしくは健康政策・研究のために税金が使われるほうがまだマシだと思いますけどねHAHAHAHAHA!
長月 七紀・記
参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/泉重千代
http://ja.wikipedia.org/wiki/スーパーセンテナリアン





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.