日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

小田原城跡を歩こう

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 黒田家 北条家

官兵衛「生きられよ~」のぼう「もちろん」の小田原城開城

更新日:

 

もともと平民に過ぎなかった豊臣秀吉があそこまでの地位に登りつめた理由は、いろいろあります。
「人たらし」と呼ばれるほどの人心掌握術、地頭のキレ、使うべきときには惜しみなくお金を使うことなども大きいですが、中でもその器用さは戦で大きく発揮されました。
「城攻めといえば秀吉、野戦といえば家康」という評価が定着している通り、備中高松城の水攻めや鳥取城・三木城の飢え殺しなど、それまで前例のないような大規模な作戦を成功させることができたのも、器用さと頭の良さが成せるものでしょう。
今回はそんな秀吉の攻城戦の中でも、一際規模の大きいあの戦のお話です。

小田原城跡を歩こう

小田原城総構えを歩こう(小田原市のPDFパンフより)

小田原城を落とすだけでなく関東一円が戦場

天正十八年(1590年)の7月5日、秀吉以下25万もの大軍が取り囲んでいた後北条氏の本拠・小田原城が開城しました。
兵数には諸説あるのでとりあえず「大軍」だったということで。
この戦で何がスゴかというと、戦闘範囲の広さです。
関東きっての大大名を相手にするのですから、当然小田原城一つを落とせば済むというものではありません。ヘタをすると主だった将が一族や重臣の城に逃げ込んで長引くばかり。
それに小田原城は上杉謙信も武田信玄も落とせなかった上、さらに改築増築を重ねて城塞化していました。真っ向から戦っても数で押すことはできたでしょうが、兵糧をはじめとした物資、ひいては費用がどれだけかかるかと考えれば得策ではないですよね。
となると、小田原方につく周辺地域の城を全て落とし、孤立無援にすることによって小田原城内部に厭戦気分を漂わせ、降伏を促すというのが上策ということになります。

そこで秀吉は小田原への道中にあった山中城を落とし、本命を囲んだ上でさらに周辺の城(支城)を攻めました。
流石に秀吉があっちこっちに行くわけには行かないので、石田三成など信頼できる部下や、既に秀吉についた大名たちにそれぞれ任せます。

八王子城や韮山城など徹底抗戦した城もあれば、ほとんど抵抗もせず城を明け渡したところも。こういうときに守将の人柄が出ますよね。
秀吉が配下を総動員した戦なだけあって、実はこの局地戦もなかなか豪華なメンバーだったりします。
例えばのぼうの城で有名な忍城(おしじょう、埼玉県行田市)では石田三成・大谷吉継に加え、真田昌幸と信繁(幸村)が攻め手になっていたりとか。

また、八王子城(東京都八王子市)では上杉景勝・直江兼続・前田利家などが攻め込みましたが、主である北条氏照は小田原へ行っており、この城にはわずかな将兵が残るのみでした。つまりほとんど女子供と老人で、まともに戦える状態ではなかったそうです。
そのため戦えない者は皆自刃、あるいは裏手の川に身を投げたといわれており、今でもその恨み嘆きが亡霊となって現れるとかないとか。

八王子城跡(八王子市HPより)

守将の切腹、もしくは降伏と引き換えに非戦闘員の助命嘆願くらいはしたと思うのですけれども、聞き入れてもらえなかったのでしょうね。城主の正室や周辺の女性が女好きの秀吉に侍らされるかもしれない、と思って潔く死ぬほうを選んだのかもしれませんが。
大河ドラマ「天地人」でも扱っていてよさそうなものですが、どうでしたっけ。

スポンサーリンク

秀吉外交は伊達政宗の東北にまで伸びる

さらに秀吉は、戦だけでなく外交についても手を打ちました。
後北条氏以外の関東・東北の大名へ「ワシ今度北条をやっつけるんだけど、来ない家は一緒に片付けちゃうからヨロシク^^」(超訳)という手紙を送ったのです。
小田原城と後北条氏に比べれば、その他の大名など物量・兵数で勝てないことは明白。
そのため、彼らはこぞって秀吉へ「反応が遅くてすみません何せ田舎なので申し訳ないお許しくださいませm(_ _)m」(超訳)という態度を示しました。
ここで一度ガン無視しようとしていたのが戦国一ネタに困らない男・伊達政宗ですが、その話はちょうど一月前にしていますので省略しますね。(過去記事:6月5日はボクらの伊達政宗の2大イベントがあった特別な日【その日、歴史が動いた】
こうして戦と外交両面から攻められ、しかも多くの支城を失った小田原城はまさに裸同然の状態になりました。
そもそも戦の始まる前から内部分裂に近いgdgd状態だった上、八王子城の惨劇が知らされると、後北条一族も戦意を失くします。
ここで黒田官兵衛の活躍ポイントがあるのですが、今年の大河でやりそうな話なので伏せておきましょう。
その後アレコレの交渉によって、小田原城は7月5日に開城を選んだというわけです。

「国 滅びてはまたと還らず  死人はまたと生くべからず。方々、命を粗末になさるな!  生きられよ!!」と大河の初回に言っていた官兵衛さん(絵・霜月けい)

「国 滅びてはまたと還らず  死人はまたと生くべからず。方々、命を粗末になさるな!  生きられよ!!」と大河の初回に言っていた官兵衛さん(絵・霜月けい)

小田原周辺での戦闘は大したものではありませんでしたが、RPGでいえば北条一族はボス戦みたいなものですから、開城したからといってそのまま生かしておくわけにはいきません。
前の当主・氏政と八王子城主・氏照は切腹。当時の当主だった氏直は徳川家康の婿だったこと、自ら切腹を申し出て城兵の助命を嘆願したので高野山行きで済みました。
秀吉の意図がよくわかりませんが、主戦派と言われていた二人だけを切腹させ、降伏した者を許すことで温情を示そうとしていたのかもしれません。ヘタに一族皆殺しとかやっちゃうと、ほとんどの場合どこかから落胤を担ぎ上げたり、旧臣が団結したりしてまた戦になることが多いですからね。
ついでに言うと、氏直はその後赦免されましたが30歳で亡くなっています。きな臭いなあ。
こうして国内でも稀に見る大きな城を落としたことで、秀吉の天下統一はほぼ完成したのでした。

長月七紀・記

【関連記事】北条氏政はなぜ強気で秀吉に抵抗し続けたのか? 絶対の自信を持っていた小田原城はどんだけ強い?

お城野郎小田原征伐20160612-2

 

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/小田原征伐





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 黒田家, 北条家
-, , , , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.