日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ネギとカラシで最高です/wikipediaより引用

スポンサーリンク

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

納豆の歴史だけに豆知識なんつって・・・すいません

更新日:

 

多分どこの国でも同じだと思うのですが、国民的な食べ物でも人によって好き嫌いはありますよね。きのこ・たけのこ戦争とか、お好み焼き定食はアリかナシか論争みたいな。

7月10日は納豆の日ということで、今回は日本独自の食品の中でも割と好みの分かれやすいコレのお話をさせていただきます。納豆だけに豆知識なんつって……すいません。

納豆は冬の季語 一度冷やさねば作れない 

納豆の日は夏であるのに、俳句の季語としては冬のものだったりします。これは制定の理由がなっ(7)とう(10)の語呂合わせだからだそうで、ふぐの日も2(ふ)9(く)で2月9日でしたし、こういうの多いですよね。

冬の季語になった理由は、納豆を作る過程からきているようです。

というのも納豆を作る工程で一度冷やさねばならないのですが、昔は人工的に低温環境を用意することが難しかったので、自然と冬に作るものとなり、冬の季語になったという実に単純な理由でした。
「納豆時(=冬)に医者要らず」なんて言葉もありますし、栄養的にも特に冬食べるといいんですかね。時間的には夜がいいそうですが。

基本的には健康にいいものなのですが、最近は闘病中の場合ドクターストップがかかってしまうこともあるようです。ワルファリンなど一部の薬と、納豆にたくさん含まれているビタミンK2との相性が悪いのだそうで。

ワタクシの父もいくつか病気をやってまして、「もう納豆食べちゃダメなんだよ(´・ω・`)」と残念そうにしておりました。好きなもの食べられないって辛いですよね……。
皆様もお気をつけください。

スポンサーリンク

『養生訓』の貝原益軒は毛嫌いしていたようで

さて、納豆に関する最古の記録は平安時代のものです。が、今のような糸を引く納豆ではなく、塩と麹で発酵させた「塩辛納豆」だったようです。

中国で調味料として使われていたもので、仏教と共に日本へ伝わりました。今でもお寺で作られている「大徳寺納豆」などはこのタイプです。あんこと合わせて和菓子に使われているそうですので、いい感じに塩気を与えてくれるんでしょうね。

糸引き納豆ができた経緯ははっきりしておらず、一般化していたと思われるのは室町時代あたりからです。そして江戸時代には物の本や文化人の間でも、納豆に対する評価が表れ始めます。

例えば「こうすれば長生きできるよ!」という方法をいろいろ書き記した”養生訓”という本で有名な貝原益軒は、「塩辛納豆はともかく、糸引き納豆なんて臭いし大嫌い。食べ物じゃない。あんなゲテモノ食べる奴の気が知れない」(超訳)と言っています。そこまで言わなくてもいいんじゃないですか先生。

貝原益軒/wikipediaより引用

福岡市の貝原益軒像/wikipediaより引用

江戸時代には塩辛納豆=上流階級のもの、糸引き納豆=庶民のものという価値観が定着していたので、武家出身の益軒には受け入れられないものだったのかもしれませんが。

一方、松尾芭蕉は泊まった先で納豆汁を作る音を聞いて「納豆切る 音しばし待て 鉢叩き」という句を詠んでおり、少なくとも嫌いではなかっただろうことがわかります。

このように何百年も前から評価が真っ二つに分かれているものなので、現代でも好き嫌いが極端なのは当然ですね。
一説には「納豆は寒いところでしか仕込めなかった」→「関東以北では日常的に食べるので好きな人が多く、関西以西では嫌いな人が多い」とか。

スポンサーリンク

納豆の『納』の字は作っていた場所を示す

ところで「納豆と豆腐は誰かが間違えて漢字が入れ替わった」という話がありますが、実は違います。
納豆の「納」は作っていた場所からきたもので、「納所」で仕込んだ豆ということで納豆という表記になりました。

一方、豆腐の「腐」は中国語で「柔らかく弾力があるもの」という意味があるそうで、原義は「柔らかい豆製品」なのだとか。

同じ漢字圏でも、日本語と中国語だと結構意味が違うこと多いですもんね。中国語で「手紙」って書くとトイレットペーパーだったりとか。確かに手にとって使う紙ではありますけども、日本語的な意味で”手紙で拭く”って言ったら「お前差出人に何の恨みがあるの?」とツッコまざるをえません。

最近では日本食ブームの影響か、海外の方でも納豆おkな人が増えているそうなので、そのうち全くニオイが気にならないものも開発されるかもしれませんね。

元は大豆ですから、マグロみたいに乱獲どうこうも言われないでしょうし。そもそも今スーパーで売ってる納豆の半分くらいはアメリカかカナダ産の大豆使ってますしモゴモゴ

長月 七紀・記

参考

スポンサーリンク

納豆/wikipedia 納豆研究会 納豆学会

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.