日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた アメリカ

黒人奴隷が初めて起こした反乱は1831年(日本は江戸時代) その名はナット・ターナー

更新日:

 

突然ですが、「俺と同じ名字を名乗ってくれ」という台詞から、どんなシチュエーションを想像するでしょうか。
多分”男性が女性に対してプロポーズをするところ”と答える方が多いと思うのですが、かつてこの台詞が全く違う意味を持っていた時代があります。
人権史上の暗黒時代、奴隷制がごく当然とされていた頃のことです。
同じ人間なのに人権を与えず、それでいて人間としての仕事をさせたり、人間同士でしか(基本的に)できないはずの性的行為を強要していたなどなどのダブルスタンダードにも程があるのが”常識”だった間、彼らの名字は本人の素性を明らかにするものではなく、”持ち主”が誰かを示すためのものでした。
しかし”持ち主”がどう考えていようと彼らも人間ですから、不当な扱いを受け続ければ当然反感は積もり積もって大気圏に突入してもおかしくないレベルに到達します。

そして1831年(日本では文政十三年)の8月21日、ついにアメリカの黒人奴隷の一人、ナット・ターナーが叛乱を起こしました。この「ターナー」も”持ち主”の名字です。

ナットは奴隷達の中でも優れた頭脳を持っていたようで、読み書きを学ぶ機会を得て、やがて聖書を読みこなして仲間達へ説教をするようになります。

なぜ奴隷の身分で文字を学ぶチャンスがあったのかはすいませんわかりませんでした。彼が暮らしていたバージニア州では白人よりも黒人が多く住んでいたので、多少他のところよりは理解が進んでいたのかもしれません。
エセルレッド・T・ブラントリーという白人相手に口論をし、説き伏せたこともあるそうですから、ホントに頭の良い人だったのでしょう。

神の啓示を受けて立ち上がる

そこまでは良かったのですが、ナットはその後「神の啓示」を受けたとして少しずつアヤシイ方向に進み始めてしまいます。
そして1831年に度々起きた日食を「神が白人に対し蜂起せよと言っている!」と解釈し、仲間と共に反乱を起こしたのでした。

それまでの経緯が経緯ですから、黒人たちがまとまって白人に対抗しようとするのは至極当然なのですが、まとまった後にやったことが非常にマズイ。
政治家に訴えるとか権利を主張してデモをしたとかではなくて、いきなり手当たり次第に白人をブッコロし始めてしまったのです。
老若男女誰彼構わずコロしまくるその様は、被害者と加害者が入れ替わっただけで、とても「神の啓示」でやっていいことではありません。
その神様も聖書の中で人間コロしまくってますけどゲフンゴホン。

捕まったナット(Wikipediaより)

そしてこれまた当然のことながら、この反乱は鎮圧されます。ナットは二ヶ月ほど逃亡し続けましたが、あえねく捕まり絞首刑になってしまいました。
遺体も散々な目に遭っていますが、R18Gレベルなので詳細は割愛します。知りたい方はウィキペディア先生へお尋ねください。
さらにこの余波を受けて無関係の黒人が暴行の上殺害されてしまい、ナットの願った同胞の解放は、南北戦争で北軍が勝つまで待たれることになりました。
それでも彼は「黒人奴隷制に対抗した英雄」として今も黒人系の人々から尊敬されているそうです。

スポンサーリンク

現代も続く差別 そして暴動

さて、ここからは余談です。
なんでこんなにひどい差別がまかり通っていたのかという理由はいろいろありますが、個人的には「黒人さんをブラックと表現するのがそもそもイメージ的にまずかった」のではないかと思います。
英語のblackは「黒」以外にも「汚れた」とか「陰気な」「不吉な」「有害な」という意味がありますし。

ワタクシの居住地周辺でもたびたび黒人さんを見かけますが、実際には非常に濃い茶色といったほうが正しい気がするんですけどねえ。ガン見しないと茶色っぽいことがわからないですけど。エスプレッソの色と言えば通じるでしょうか。

それを言いだすと白人さんだってホワイトというよりピンクっぽい肌の人が多いですし、黄色人種に至ってはオリーブっぽい色から黄土色、クリームイエローまで幅が広すぎてもはや文学レベルで表現しなくてはいけませんが。

まあ何はともあれ、道徳のどの字もなかった大昔ならともかく、現代からは「みんなちがって、みんないい」と考えていたいものです。

長月七紀・記

 

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/ナット・ターナー
http://sessendo.blogspot.jp/2011/11/blog-post_17.html
http://okwave.jp/qa/q997815.html





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, アメリカ
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.