日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた キリスト教

五大陸を駆け巡ったローマ教皇パウロ6世【その日、歴史が動いた】

更新日:

 

松尾芭蕉いわく「月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり」ですが、歳月と共に変わるのは人だけではなく思想も同じようです。

頑固一鉄に伝統や信仰を守り続ける人もいれば、それを踏まえた上で新しい一歩を踏み出す人もいます。
決して多数派ではありませんが、こうしたことは世界で最大級の信徒を抱えるあの宗教でも起きていました。

ローマ教皇はじめて南米に立つ

1968年(昭和四十三年)の8月22日、当時のローマ教皇パウロ6世が教皇として初めてラテン(南)アメリカ大陸を訪問しました。「パウルス」6世と表記することもありますが、とりあえずウィキペディア先生に合わせておきますね。ついでに教皇になる前は”ジョヴァンニ・モンティーニ”というお名前ですが、パウロ6世で統一します。
この人はイタリア出身ということで、まあ教皇らしい生まれ育ちと言えなくもないですが、それ以上にカトリック教会がそれまでやらなかったことをいろいろやった教皇として有名です。

パウロ6世(Wikipediaより)

スポンサーリンク

二つの大戦をくぐりぬけ63歳の若さで教皇に

教皇候補となるカトリックNo2の地位・枢機卿になったのは1958年。61歳のときでしたが、それ以前から数々の偉業で知られていました。
生まれたのが1897年ですから、この間に二つの世界大戦を体験していることになります。その中で貧しい人々や家庭の事情で困難な状況にある人への救済を試み、外交経験なども経て、当時のアメリカ大統領セオドア・ルーズベルトにも尊敬されていたそうです。
また、戦後大司教として着任したミラノでも労働者の救済を心がけ、教区内にある村や町をほぼ全て訪問し、人々を励まし続けました。

こうして絶大な人気と実績を持つパウロ6世でしたので、1958年に当時の教皇ピウス12世が亡くなると、枢機卿ではなかったにもかかわらず即座に候補者として取りざたされるようになります。
流石に一足飛びに教皇になることはできませんでしたが、ピウス12世の後の教皇・ヨハネス23世が1963年に亡くなったときには満場一致でその座に就きました。
ときにパウロ6世63歳。教皇としては若い年齢でカトリックを率いる立場になっています。

スポンサーリンク

精力的に世界中を飛び回る「旅する教皇」

この若さを生かしてか、パウロ6世はとにかくアグレッシブに活動しました。
飛行機やヘリコプターで各国を巡り、冒頭に挙げたラテンアメリカや中東へも訪問し、異宗派である英国国教会や各正教のお偉いさんとも会合し、さらにはエルサレムにまで行っています。
それまで同じキリスト教を信じていながら、宗派や人種などの理由で存在していた壁を飛び越えたのです。恐らく、この人ほど差別的な視点のない教皇はいなかったでしょう。

パウロ6世(Wikipediaより)

距離的には飛行機で数時間とはいえ、文字通り世界を飛び回ったパウロ6世には「旅する教皇」というキャッチフレーズもつけられました。
これは後に「空飛ぶ聖座」と呼ばれたヨハネ・パウロ2世が記録を塗り替えますが、それでもパウロ6世の偉業と姿勢は揺らぎません。

パウロ6世が訪問した国々(Wikipediaより)

訪問先では神が云々と言うよりも「世界平和」を主軸とした演説を行い、国際連盟の存在意義や各国の協力によって平和が保たれるという主張をしています。
また、他の宗教を排斥するのではなく相互理解を促したり、無神論者の考え方を研究するなど、まさに公平な視点を持った人でした。これぞ正しき聖職者の姿という感じですね。
ワタクシ特に信仰はありませんけども、こういう方だったら信頼も尊敬もされるだろうなと思います。
カトリック教会というといかにもお堅いイメージがありますが、パウロ6世以降少しずつ内部の制度が変わったり、世俗の変化に応じてコメントを出したりと、必ずしも一辺倒というわけではないようです。

その後も変化する教皇スタイル

例えば、パウロ6世の後に就任したヨハネ・パウロ1世は豪奢だった戴冠式を簡素な就任式へ変え、これは現在まで続いています。
上記のヨハネ・パウロ1世は100カ国以上という脅威の外交スケールを誇りました。少しでも訪問先の言語を学んで演説をしたことでも知られています。来日時には日本語にも挑戦していました。

その次のベネディクト16世は、950年ぶりのドイツ人教皇・史上最高齢での教皇就任・600年ぶりの生前退位という三冠?を達成しています。退位の理由はナニかと戦ってフォースを使い果たしたとかネットでいわれていますがそんなバカなまさか。
そして現在は初のアメリカ大陸出身である教皇フランシスコがその責を担っています。また、”名誉教皇”となったベネディクト16世と史上初めて「元教皇・教皇の会食」を実行しました。

こうしてみると、ここ半世紀の間にかなりの変化をしているんですね。
ここまで変わると中の人もいろいろ大変かとは思いますが、今まで明るみに出てこなかった問題が出てきたりなど、良い方向に向かっているのではないでしょうか。
これまでの歴史からすると随分丸くなったものです。できればこのままパウロ6世の説いた通り、世界平和を祈って貢献する団体であってほしいですね。
キリスト教徒の多い国が倣うとは限りませんけどゲフンゲフン。

スポンサーリンク

長月 七紀・記

 

参考:
http://ja.wikipedia.org/wiki/パウロ6世





わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 史実の真田幸村とは?


3位 長篠の戦い 注目すべきは…


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, キリスト教
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.