日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 女性

8月26日世界の母「マザー・テレサ」誕生

更新日:

「公共の場では話題にしないほうが良い」とされるものといえば、政治と宗教。
しかし歴史をはじめとした社会科系統の話をするとき、この二つに触れないというのはほぼ不可能です。

政治については大昔のことであれば問題ないことが多いですが、宗教となるといざこざが起きやすいですからね。
ですが、同じ宗教絡みでも信仰する神の別を超えて尊敬されている人物に関してはこの限りではありません。
本日はそうした”聖人”の一人についてお話しましょう。

平成まで生きた聖人

1910年(明治四十三年)の8月26日、マザー・テレサが誕生しました。
1997年(平成九年)までご存命でしたし、この方の献身的な功績についてはご記憶の方も多そうですね。
主にインドで活動していたことが有名ですが、そこに行き着くまでにはどのような経緯があったのでしょうか。

スポンサーリンク

マゲドニア出身で本名はアグネス

実は、マザー・テレサというのは本名ではありません。
「マザー」は修道女(シスター)の中でも修道院長などで指導をする立場の敬称で、テレサというのは洗礼名です。
元のお名前はアグネス・ゴンジャ・ボヤジュですが、いつも通りよく知られている”マザー・テレサ”で統一しますね。
生まれた場所は現在のマケドニアの首都・スコピエ。当時ここはオスマン帝国の領地でしたが、アレクサンドロス大王と並ぶマケドニアの有名人と見ることもできます。

マケドニアにあるマザー・テレサの記念館(Wikipediaより)

血筋的にはマケドニア人ではなく、アルバニア人のお母さんと少数民族・アルーマニア人のお父さんがいますので、日本的な言い方にするとこの二つの民族のハーフということになりますかね。

母方の民族ではイスラム教、地元マケドニアでは正教徒が多かったのですが、マザー・テレサの家はそのいずれでもなくカトリック教徒だったそうです。
小さい頃の詳しい記録や口述はほとんどないようですが、聡明で献身的な姿勢は幼少期には身についていたようで、12歳の時には「インドで人々のために働きたい」と決意を固めていたとか。

そして数年後、その望みを叶えるため故郷を離れてアイルランドへ渡りました。ここでロレト修道女会という組織に所属し、諸々を学んだ後実際にインドへ旅立ちます。
「テレサ」という名前を使い始めたのはこの頃です。

スポンサーリンク

アイルランドで修道女になりインドへ

まずはコルカタという町の学校で地理の授業を担当しました。当時のインドはイギリスの植民地で、コルカタはその中心地として栄えており、ある程度西洋人が活動しやすいところだったからだと思われます。
また、マザー・テレサは昔から地理という科目が好きで、ユニークな表現を使ったため学生達にも人気だったそうです。異国の地で学生に人気があったという点では、小泉八雲(過去記事:ニッポン大好き!明治の外国人作家・小泉八雲が怪談を書くまで【その日、歴史が動いた】)あたりと似ていますね。
マザー・テレサの赴任先は俗に言うお嬢様学校だったのですけども、その町にも貧しい人々はいたので、常に「彼らのために何かしたい」という気持ちはあったようです。

第二次大戦の翌年、神の啓示を受け 俗世へ

そして第二次世界大戦が終わった翌年(1946年)のこと。
汽車に乗っていた彼女に、神様がささやきます。「お前の望む通り、身一つで最も貧しい人のために働きなさい」と。いわゆる”天の啓示”ですね。
どうせなら神様もこういう平和なことだけ言ってくれればいいのに、と思うのはワタクシだけではないでしょう。罰当たりサーセン。

マザー・テレサは早速教会にその旨を申し出ますが、バチカンのお偉いさんはなかなか許可を出してくれませんでした。
カトリックは教皇をトップとしたヒエラルキーのある組織ですから、いくら神様のお告げがあったとしてもそうカンタンに「おk」と言うわけにはいかないのです。
お願いの中に「教会の外で暮らすことをお許しください」という点も含まれていたのが多分最大のネックだったと思われます。修道女は清貧な生活のため一つところ(=修道院)で暮らすのが原則ですから、例外を認めてしまうと他への影響が大きすぎると考えたのでしょう。
しかし、ときの教皇ピウス12世は比較的マザー・テレサと似た考えを持っていたので、彼女の願いを聞き届けてくれました。ここで頑としてはねつけていたら、マザー・テレサの偉業は成されなかったのかもしれません。教皇GJ。

インドの民族服を着てスラム街で授業

民族服サリーを着た修道女(Wikipediaより)

許可が下りるとマザー・テレサはまずインドの民族衣装・サリーを身につけ、コルカタのスラム街へ入っていきました。
まずは諸般の事情で学校に行けない子供たちへ無料で授業を行います。そしてかつての教え子だったお嬢さんたちがこれを聞きつけ協力し始めると、彼女達を伝ってか地元の名士や教会から寄付が集まってきました。これは良いコネですね。

瞬く間にマザー・テレサの評判は広まり、1950年には「飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、誰からも世話されない人のために働く」ことを使命として掲げた”神の愛の宣教者会”という修道女会を設立しました。
これは現在も存続しており、133の国及び地域で4500人もの修道女が献身的に働いています。
後には男性(修道士)の協力者も集まり、別の組織としてやはり人々のために尽くしています。
同会が行っているのは使命に掲げている通り、不運にも恵まれない境遇にある人々への福祉事業です。
貧しい家の子供たちのための学校と施設、及び貧困や病気によって死にゆく人々が穏やかに最後を迎えるためのホスピスを作り、そうした人々のためにお世話をしています。後者は「死を待つ人々の家」として有名ですね。

インドコルカタのマザー・テレサ本部(Wikipediaより)

カトリックへの改宗を求めず

カトリック系の施設ということで、当初は「カトリックに無理やり改宗させられるんじゃないか」と疑われたこともあったようです。
しかしマザー・テレサはもちろん、その下で働く修道女たちも個々人の信じる宗教を尊重したため、この疑いは徐々に晴れていきます。
もし亡くなる人がいれば、その信仰にしたがって葬式その他も行っており、「論より証拠」で人々の信頼を集めました。

彼女たちの努力は早くも10年程度で実を結び、神の愛の宣教者会はインド全域で活動するようになります。
また、インド国外での活動も許可が下り、同じく不遇な人々のために各国へ活動拠点を作って徐々に協力者も増えていきました。
1970年代からはこうした活動を称え、マザー・テレサに各国の名誉賞や勲章、大学の名誉学位等が与えられています。その中にはもちろんノーベル平和賞も含まれていました。
献身的活動でノーベル平和賞を受賞した人には、他に”赤十字の父”アンリ・デュナンやオルガニスト兼学者だったアルベルト・シュバイツァーなどがいますが、やはりマザー・テレサのイメージが強いという人が多そうですね。

世界のためにできること「家に帰って家族を愛してください」

(Wikipediaより)

ノーベル平和賞受賞の際も「晩餐会のための費用で、貧しい人々の救済をお願いします」「この賞金はいくつパンが買える金額なのでしょう」など、あくまで自分ではなく他者のためにお金を使うべきと考えていた発言をしたと記録されています。
また、受賞時のインタビューで「世界平和のために、まず何をしたらいいのでしょうか」と聞かれたときには「家に帰って家族を愛してあげてください」と答えたとか。
物理的に離れていても思いやることはできますが、やはり一緒にいてこそ伝わるものがあると考えていたのでしょうね。常に恵まれない人々に寄り添って活動していた彼女が言うことですから、実に説得力があります。
それに、兄弟あるいは夫婦や親戚の間といった小さな範囲で争いが起きると、より大きな地域や国での争いに発展しかねません。特に富裕層や政治家周辺が絡んだ場合どうなるか、といった例は枚挙に暇がないですよね。
これは私見ですが、そういうことを言いたかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

現在でも”神の愛の宣教者会”では「マザーと呼ぶにふさわしい人はテレサだけ」という姿勢を貫いており、現在の代表者はマザーではなく一般的な修道女を示す「シスター」を名乗り続けています。
同会の活動だけでも素晴らしいことですが、この点においてもマザー・テレサがどれだけ尊敬されているかがわかりますね。
これからの宗教は争いではなく、こういう方向で話題になっていくといいのですが。
長月 七紀・記
参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/マザー・テレサ





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 女性

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.