歴史戦国ジャンルでアクセス日本一!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

植村直己がマッキンリー登頂 朴訥な人柄ながら世界トップクラスの冒険家

更新日:

 

”冒険”というとゲームや小説の世界をイメージする人が多いかもしれませんね。
しかし、前人未踏の地などに挑む「冒険家」「探検家」という人達も実際に存在します。

高い山や踏破が困難な土地など、行くだけでも命が危ういようなところへ挑んでいくわけですが、やはりそれだけに達成感が大きいようで、いつの時代も絶えない職業でもあります。

そんなわけで、今回は日本にいた偉大な冒険家の一人をご紹介しましょう。

 

世界初!五大陸の最高峰に登頂成功 

昭和四十五年(1970年)の8月30日、冒険家の植村直己さんがマッキンリー山の登頂に成功しました。
これにより彼は、世界初の五大陸最高峰を踏破するという偉業を成し遂げています。

ついでですので他の山の名前と、それぞれどこにあるのかを書いておきますね。

(   )の中は植村さんが踏破した年月日です。

・ヨーロッパ - モンブラン(1966年7月25日)
・アフリカ - キリマンジャロ(1966年10月25日)
・南アメリカ - アコンカグア(1966年2月5日)
・アジア - エベレスト登頂(1970年5月11日)
・北アメリカ - マッキンリー(1970年8月30日)

列記してみるとなかなかのハードスケジュールですね。

この前からいろいろな山に登っているので技術は身についていたでしょうけども、登山には標高だけでなく、当日の天候や地形等によって難易度が大きく左右されるため、挑み始めて4年程度で全て制覇したというのはやはり偉業という他ありません。

キリマンジャロなどは一般の人でも10日くらいかければ登れるらしいのですが、全てがそういうわけではないですし。

 

スポンサーリンク

身も心も現地に溶けこんでから 

さて、植村さんの冒険にはいくつか特徴があります。

一つは、単独もしくはごく少人数での達成を基本としたこと。大規模なチームを組んで冒険に挑んだことはほとんどありません。

もう一つは「現地に溶け込んでから目標達成を目指す」ということでした。

冒険家や登山家は体を現地の気候に慣らしてから踏破に挑戦していくものなのですが、植村さんは気候だけでなく、現地の習慣にも溶け込んでから冒険を始めていたのです。

例えば、犬ぞりでの単独北極点踏破を目指したときには、現地に近いグリーンランドで半年近く犬ぞりの訓練と現地の生活を平行して行っていました。
どのくらい溶け込んでいたかというと、現地でも好みの分かれる伝統料理が大好物だったとか。キビヤックというちょっと特殊な発酵食品なのですが、ここで調理法と食べ方を事細かに書いてしまうと多分半数くらいの方が気分を悪くされそうなのでやめておきます。ご興味のある方は詳細はウィキペディア先生へお尋ねください。

ちなみにヤバさの一端をお伝えするために書きますと、世界の臭い食べ物ランキングの4位、焼きたてのくさやより臭いそうです。( д ) ゚ ゚

 

日本から持ち込んだ道具で命を救われることも 

しかし、何もかも現地の方法でやったわけではなく、独自にアレンジしたり日本から持ち込んだ道具を使うこともありました。

クレバスと呼ばれる裂け目に落ちたときでも這い上がれるように竹竿をストッパー代わりにし、そして実際に助かった経験もあり(最後はクレバスに落ちて亡くなったとされておりますが)、犬ぞりに強化プラスチックを組み込んで強度と軽さを上げたり、合理的な工夫を加えています。

長野県の農家生まれだったので、自然に向き合うセンスがあったというか、現地の環境にどの道具ややり方が合うのか?といったことを考えるのは得意だったのでしょうね。

意外かもしれませんが、性格的には繊細で用心深い人でもあったそうです。だからこそ上記以外にも世界初の偉業を成し遂げることができたハズです。

また、饒舌ではないもののご自身の体験を語るのはお上手だったそうで、講演会では多くの人が感激したとか。

こういう厳しい環境へ行く方はスーパーマンのような完全無欠の存在と思ってしまいがちですけども、こんなにすごい方でも不得意なことやいろいろ工夫をして成功していったんだと思うと、ちょっとした指標になるかもしれませんね。

【編集部・注】植村直己さんは多数の著書も出しており、いずれもご本人の人柄がよく現れた良書だと思われますので、よろしければどうぞー。

 

長月 七紀・記

 




スポンサーリンク


参考:植村直己/Wikipedia




注目 西郷が沖永良部島で
出会った川口雪篷とは


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.