日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた ロシア

嗚呼、美しきサンクトペテルブルク~世界最悪の戦場がロシアきっての観光都市に

更新日:

 

どこの国でも、大きな都市には歴史があります。
ずっと首都であり続けたところ、保養地として富裕層を中心に愛されてきたところ、芸術や学問あるいは商業の町としてさまざまな人が集まったところなど、特定のカラーを保っている都市は今も観光客で賑わっていますよね。

今回はその一つ、数百年間の歴史の中で三つの役割を担ったある都市のお話です。

サンクトペテルブルク/Wikipediaより引用

サンクトペテルブルク/Wikipediaより引用

1991年(平成十三年)の9月6日、ソ連崩壊に伴ってレニングラードが旧称サンクトペテルブルクに再度改名しました。
ややこしい言い方になってしまいましたが、元々サンクトペテルブルクという名前だったのを、ソ連時代にレニングラードに変えていたので、ソ連崩壊後は戻したということです。

……やっぱりややこしいな(´・ω・`)

名前の意味としては、サンクトペテルブルク=「聖ペテロ(キリストの一番弟子で初代ローマ教皇)の町」で、レニングラードは「レーニンの町」です。モスクワに展示されてるあの人ですね。
”ブルク”(ドイツ語)も”グラード”(ロシア語)も都市を意味する言葉で、ドイツの影響を嫌う場合は「ペトログラード」と呼ぶ場合もあるようです。

※TOP画像は「血の上の救世主教会」

 

交通の要所だったため沼地を造成し・・・

この町は当初、ロシア帝国の首都として18世紀に建設されました。
ときの皇帝はピョートル大帝。2メートルの長身、自らヨーロッパ中心部を巡って新しい技術を学びに行くフットワークの軽さなど、いろいろな意味でスケールのデカイ人物です。

この人が当時一面沼地だった場所に大量の人と資材を投入し、作らせたのがサンクトペテルブルクの始まりでした。

なんでそんな工事のしにくいところを選んだのかというと、ここがネヴァ川という大河の河口にあたり、外海にも内陸にも交通の便が良かったからです。……でも、通過するのとそこに住むのとじゃ便利の基準が違うと思うんですけどゲフンゲフン。

ちなみに、”ピョートル”というのはペトロのロシア語形ですので、聖人の名にかこつけて「聖なる俺様の町!!」と名付けたことにもなります。この人あんまり信仰心強くなかったみたいですし。

元が湿地ですから当然作業は難航しましたが、完成後は貴族・商人・職人が(強制)移住したので、少しずつ人口も増え、首都らしくなっていきます。
そしてロシア帝国が存続している間は、ずっと首都でありつづけました。現在サンクトペテルブルクの観光名所になっている建物の多くは、このロシア帝国時代に作られたものです。

 

スポンサーリンク

地球上最大規模の戦死者

しかしロシア帝国が革命によって斃されると、レニングラードへの改名と共に役割を大きく変えました。海、ひいてはヨーロッパに近すぎて、対外戦争をしたとき真っ先に戦場になると考えられたからです。

その予想は不幸にも見事に命中し、第二次世界大戦ではフィンランドとドイツによって900日(=三年弱)にも渡って包囲された「レニングラード包囲戦」の舞台となってしまいました。
正確な犠牲者の数はわかっていませんが、一説によると100万人以上の”市民”が亡くなったといわれています。これ以外に軍人の死傷者もいますから、合計したらどれほどの人数になるのか見当もつきません。

おそらく、地球上の一ヶ所における戦闘では一・二を争う被害です。ちなみにもう一つも同じくソ連の「スターリングラード攻防戦」だったりします。大陸国同士=人口も兵数も多い=激戦に伴って死傷者が増える、ということなのでしょうけども、外から見ると恐ろしすぎて想像もできません。

当然のことながら、生き残った人々は暗澹(あんたん)な気持ちで都市の復興を進めることになりますが、これだけの被害を出しながらも耐え抜いたことに対し、徐々に誇りが上回るようになっていきます。

歴史上苦戦を強いられた都市になぞらえて「トロイも陥ち、ローマも陥ちたが、レニングラードは陥ちなかった」という文句もあるようです。戦後、その偉業を称えてスターリンから「英雄都市」という称号が与えられましたが、人々にとってどれだけの価値があったものか……。

 

スポンサーリンク

世界遺産も多く ロシアきっての観光都市に

それでも歴史と誇りあるこの町を、人々は根気よく復興させました。
モスクワに次ぐ第二の都市として、政治的な意味が大きかったのもあるでしょうけども。

そしてソ連崩壊に伴い、忌まわしい包囲戦の記憶を遠ざけるように旧称に復帰し、今ではロシアきっての観光都市になりました。世界遺産に認定された建築物も多く、さらにその縁で各国のさまざまな文化都市と姉妹都市になっています。

最近ではモスクワから憲法裁判所が移転したり、各種国際会議の会場に選ばれたりと、再び政治的な役割も大きくなっているようです。

なにせ世界最強の大統領がここの出身ですし、尊敬しているのもピョートル大帝とエカチェリーナ2世だそうですから、そりゃサンクトペテルブルクを大事にするわけで。

歴史の話というと、人物や事件を中心に語られることが多いですが、こうして都市に着目してみるのも面白いですね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:サンクトペテルブルク/Wikipedia やっぴらんど

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, ロシア

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.