日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ちょっと変わった絵柄ですなぁ/wikipediaより引用

スポンサーリンク

イギリス その日、歴史が動いた

オレのスタンドは獅子心王! リチャード1世が9月8日に誕生す

更新日:

 

最近物騒な人のネタが続きますが、本日も懲りずに暴れん坊のお話です。

1157年(日本では保元二年=保元の乱があった翌年)の9月8日、後にその勇敢さから”獅子心王”とあだ名されるリチャード1世が誕生しました。イングランドの王様です。

彼を含めた四人兄弟の人生は、父王ヘンリー2世との争いから始まります。
当時のイングランドはフランスの西半分との連合王国であるアンジュー王国を作っていたのですが、これを相続させる際四兄弟へテキトーに割り振ったため、争いが絶えなくなってしまったのです。

しかも末っ子のジョンがわずか2歳のときにこの配分を決めたため、「アイツにはまだ領地はやれないけど、その代わりひいきしてやろう」というアホにも程がある扱いをしてしまいます。

リチャード一世1

リチャード一世の肖像画/wikipediaより引用

 

あろうことかフランス王に味方(・ω<)

さらにリチャード1世のすぐ上のお兄さんで王太子だったヘンリーが亡くなると、その座に繰り上がる代わりに「お前にやった領地はジョンに渡しなさい」と言ってしまったのでリチャード1世は当然激おこになりました。

お兄さんが王太子とは名ばかりの状態だったことを知っていたリチャード1世は、「その手はくわねえぞクソ親父!!」と遅すぎる反抗期を炸裂! 誰だって名前だけの王様になんてなりたくないでしょうから、もっともな話ではありますが・・・。だから相続問題は慎重に扱えと・・・。

そしてあろうことか、父に反感を持つあまり、ときのフランス王・フィリップ2世に味方してしまうのです。
仮にも王太子が異国の王についたという前代未聞の事態でしたが、内乱にまでは至らなかったので、ヘンリー2世が亡くなるとリチャード1世は一応スムーズに王位へつくことができました。

ウェストミンスター宮殿には銅像も立っているが・・・/wikipediaより引用

ウェストミンスター宮殿には銅像も立っているが・・・/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

エルサレムを奪回するぞ!奪回するぞ、奪回す・・・ 

しかしこの「身内相手ですら穏便に話し合いができない」というデカすぎる欠点は後も尾を引いていくことになります。

彼は第三回十字軍の中心人物でもあり、フランスや神聖ローマ帝国と共に聖地エルサレム奪回へ取り組んでいく……はずだったのですが、各国との領土問題を十字軍中にも引きずり、結局協調することができなかったのです。

資金集めの段階では「ロンドンを売っても構わん!」と言っていたほどやる気満々だったのですが、アンタ聖地と領地とどっちが大事なんだ。
お金ができてからはすぐ大陸に渡っていて、その後もほとんどイングランドにはいなかったので、やる気があったことは間違いないんですけども。

ちなみにこの最中に結婚してます。奥さんとその妹も十字軍と一緒に連れまわしていて、彼女達は一度捕まってしまったこともあるのですが、「ウチのに何してくれてんだてめえ!!!」とブチ切れて戦って取り返したとか。アンタは少年漫画の主人公か。
しかも最初はフィリップ2世のお姉さんと婚約してたのに、それを破棄してフランスと敵対していた国(ナバラ王国=現在のスペイン北東部)から迎えた奥さんだったので、フランスとの仲も険悪になりました。あーあ。

 

スポンサーリンク

2700人の捕虜を全員処刑 

それでも十字軍は進み、アッコン(現・イスラエル北部)を陥落させて着々と聖地へ近付いていきます。
ここで当時のイスラム王国・アイユーブ朝へ「これこれの条件を飲めば停戦してやってもいいけどどうする? あ、言っとくけどこっちには2700人くらい人質がいるんでそこんとこよろしく」(超訳)という通達を出します。

が、その程度で事が収まるわけもなく、アイユーブ朝の要人との会合もすっぽかされてプッツン切れてしまったリチャード1世は、なんと捕虜を皆殺しにしてしまいました。
この手の話ではお決まりですが、老若男女お構いなしだったそうで……そのためアッコン周辺ではその後しばらく言うことを聞かない子供への脅し文句として「リチャードが来るぞ!」と言うのが定着したとか。って、「なまはげ」かいな!

ですが、それから一年以上戦ってもエルサレムを落とすことはできず、「非武装のキリスト教巡礼者を今後通してくれれば、今回は引き上げてやろう」「おk」(意訳)という休戦協定が結ばれ、第三回十字軍は比較的マシな終わり方をします。

この次の第四回がアレすぎるので、その分まともに見えるだけかもしれませんが。

 

獅子心王のスタンド発動! 幽閉から救出される

こうしてビミョーな気持ちで帰国の途についたリチャード1世、ここで今までのしっぺ返しをくらいます。
神聖ローマ皇帝・ハインリヒ6世とフランス王・フィリップ2世、さらには弟のジョンがリチャード1世の廃位を狙って結託し、彼を捕らえようと画策していたのです。

母親のアリエノールが「アンタ夜道に気をつけなさい!」と知らせてくれたので、変装したりいろいろ工夫はしたのですが、結局バレて幽閉されてしまいました。
ジョンは「やったーこれで俺が王様だ!」とホクホクしますが、イングランドの貴族が揃って審議拒否&多額の身代金を払ってリチャード1世を救い出したため、この計画は結局ポシャります。
乱暴者ではあっても、リチャード1世のほうが部下や民衆からの信頼は厚かったんですね。”獅子心王”というのも、そのあたりの人々がつけたのでしょう。

しかしこのときフィリップ2世からジョンへの手紙には「気をつけろ、悪魔が解き放たれた」と書かれていたそうで、やっぱり散々な扱いです。
味方からはこんな扱いなのに、十字軍中にイスラム側の人が「キリスト教徒最高の騎士」という好意的な評価をしてくれてたってのがもうね。

ちょっと変わった絵柄ですなぁ/wikipediaより引用

ちょっと変わった絵柄ですなぁ/wikipediaより引用

 

王位をゲットした弟は結局領地を大量に失う 

当然イングランドに帰ってきたリチャード1世は弟にビキビキ(#^ω^)。

一度はあわや内乱かというところまで悪化しますが、やがて和解が成立しました。

しかし数年後、リチャード1世がフィリップ2世とケリをつけるため再び渡海し、矢傷が元になって亡くなると、結局王位はジョンのものになってしまいます。

このジョン王が後々いろいろやらかしてイングランドは大陸での領地を大幅に失い、それを取り返すためにフランスと度重なる戦争をし、やがて百年戦争が起き……というように続いていくのですが、その辺はまたいずれ。

 

長月 七紀・記

 

スポンサーリンク

参考:リチャード1世_(イングランド王/Wikipedia

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-イギリス, その日、歴史が動いた
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.