日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた 寺社・風習

平安時代の謎多き聖者・空也 口から出ている六体の阿弥陀像は「南無阿弥陀仏」を表します

更新日:

 

歴史を見ていて面白い点の一つに、資料ではっきりしていることがある一方で、「確証はないけれど代々伝えられてきたこともある」というところがあると思います。
その日そのときその場所にいたのでもなければ(あるいはいても)本当のことはわかりませんが、同じ時代に生きていた人が「こうだった」と信じ語り継いできたことには、完全な真実ではないにしても、当時の価値観その他諸々を映していると見ていいのではないでしょうか。
えらく抽象的な前置きになりましたが、本日はそんな人のお話です。

天禄三年(972年)の9月11日、「市聖」(いちのひじり)と呼ばれた空也上人が亡くなりました。

昨年取り上げた(そして木像が焼失してしまった)一遍上人が尊敬していた方ですね。

一遍上人

 

逸話も少なく著書もなく、謎が多すぎる空也さん

空也から一遍上人の間だけ見ても300年ほど経っていますが、当時からその高名さと反比例するかのように謎の多い人でもありました。
若い頃に出家して間もなく旅に出たらしいので、修行中のエピソードがないのはまだわかるのですが、旅先での逸話もほとんどないのです。
某大師が「この松のところで子供にやり込められて引き返しました」的なネt……もとい、説話に富んでいるのとは対照的です。

さらに特徴的なのは著書がないこと。
多くの僧侶は文学なり和歌なり経典の解釈なり、何かしら著作を残していることが多いですが、空也にはそうしたものがありません。
また、自身の生い立ちを語ることも一切なく、存命中から「実は天皇のご落胤」だとか「さる皇族の方が身分をやつして僧侶になった」とかいろいろ言われていたようです。

多分、出家後に諸国を巡って寺院やインフラ建設に携わっていたことからそう言われるようになったんでしょうね。
いかに徳の高い人であっても、こうしたことをするためには現世のお金が必要なわけで、寄付だけであっちこっちに建築物を建てられるような金額をまかなうことは不可能でしょうから。
となると、それなりの後ろ盾がいたか、あるいは権力者の血縁者であったと推測されるのはごく自然なことです。
ちなみに天皇の落胤で僧侶とされている人物には「一休さん」こと一休宗純などがいますので、これもまたありえない話ではありません。皇室からあっちこっちの寺院へ入ってそこのトップになった人もいますしね。

ちなみに空也は”高野聖”など諸国を渡り歩く僧侶の先駆けとも言われていて、彼の後そうした遊行僧が増えていったそうです。
一遍らが尊敬したのもおそらく、それまでにあまりない修行の仕方をしていたからなのでしょう。
残念なことに、それを逆手にとって戦国時代には高野聖になりすましたスパイが横行するようになり、業を煮やした信長に千人以上ブッコロされてしまうのですが……ホント宗教が世俗に利用されるとロクでもないことが起きますね。

 

スポンサーリンク

口から出ている六体の阿弥陀像は「南無阿弥陀仏」

さて、空也に関するお話をもう一つ。
出自の謎からか徳の高さからきているのかわかりませんが、空也と称される木像には他の聖者たちとは全く違う特徴があります。
質素な服装や首から下げた鉦(手に持って鳴らす金属製の楽器)と撞木(しゅもく)を持っているところまではいいとして、口から阿弥陀像が六体吐き出されているのです。
一見罰当たりとも取れる表現ですが、これは「南無阿弥陀仏」の六文字を表しているのだそうで。
つまり「吸う息吐く息が念仏のように尊い方だった」ということなのでしょうが、これ思いついた人すげえな。
「南無阿弥陀仏」の文字をそのまま口から出してたら、マンガの吹き出しみたいになっちゃいますしねえ。もしかしたら一度そうしてみて「いやいやこれはねえだろwwww」と思ったから仏像に置き換えた……なんて話だったりするのかもしれません。
しかし、それだけ尊いと思われていた人の事跡がこれほどまでに不明というのもしっくり来ないですね。
もしかしたらどこかのタイミングで、空也の存在が不都合になった人物が記録を処分してしまったのかもしれません。
ただ単に災害や戦火で散逸・焼失してしまった可能性も大ですが、はてさて。
死海文書みたいにどこかの洞穴から見つかったりしませんかね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:今日は何の日?徒然日記 空也/Wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた, 寺社・風習
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.